スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』発刊記念「 嵐山光三郎×平山雄一×綿矢りさ トークイベント」5/21@銀座 蔦屋書店
絵本ナビニュース2018

【news】安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』発刊記念「 嵐山光三郎×平山雄一×綿矢りさ トークイベント」5/21@銀座 蔦屋書店

安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)

俳号「水夢」、安西水丸さんの俳人としての作品集5月15日発売!

絵本ナビでは絵本作家としてご紹介してきた安西水丸さんは、イラストレーター、漫画家、エッセイスト、作家の顔もお持ちで、数多くの作品を発表されてきました。その作品はもとより、粋で洒落たライフスタイルに多くのファンが今もなお魅了されています。

 

そんな安西水丸さんが、実は「水夢」という俳号を持つ俳人だったことは意外に知られていません。

今回、安西水丸さんが生前に詠んだ俳句の中から選りすぐりの100本をセレクトし、その俳句に水丸さんご自身のイラストを組み合わせた俳句とイラストの本が出版されることになりました。タイトルは、『水丸さんのゴーシチゴ』です。

安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)
安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)

水夢の俳句とは

温かみあふれるイラストと、ユーモアに満ちた俳句が織り成すその作品世界を通して、安西水丸という稀代のアーティストの素晴らしさがじんわりと伝わってきます。

 

俳句を通して、安西水丸の軌跡にふれるという、安西水丸著作郡において、もちろん唯一無二の俳句&イラスト書籍。彼の俳句100編をイラストを重ねて味わっていくうちに、もうひとつの安西水丸像に出会えるかもしれません。

安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)

装丁は、小ぶりの正方形サイズのハードカバー。その絵本のような可愛らしいその造りは、プレゼントにも最適な仕上がりとなっています。ぜひこの機会に、安西水丸の世界に触れてください。

『水丸さんのゴーシチゴ』発行記念@銀座 蔦屋書店

安西水丸ギャラリー&ライフスタイル展
2018年5月21日(月)~ 6月15日(金)10:00 ~ 22:30


安西水丸さんの初の俳句本の刊行を記念して、本書を始め、関連書籍やグッズ、額装作品の販売、また、自身のコレクションを展示いたします。イラストレター、漫画家、エッセイスト、作家、絵本作家として、数多くの作品を発表し、その世界観はもとより、粋で洒脱な人柄、ライフスタイルまでもが多くのファンから愛された安西水丸さん。彼のクリエイションとライフスタイルを是非この機会に楽しんでください。

安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)
安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)
安西水丸『水丸さんのゴーシチゴ』(ぴあ)

オリジナルトートバッグ付 嵐山光三郎×平山雄一×綿矢りさ トークイベント

2018年5月21日(月)19:30 ~ 20:30 @銀座 蔦屋書店


『水丸さんのゴーシチゴ』の刊行を記念して、安西水丸さんとかねてより親交のある、作家嵐山光三郎さんと音楽評論家であり俳人の平山雄一さん、小説家の綿矢りささんをお招きして、安西水丸さんの人となり、クリエイティヴの世界、そして俳句と安西さんについて語ります。私たちの知ることのなかった、お仕事の事、創作活動の事、ライフスタイル、様々なエピソードを聞くことができる貴重なトークを是非お楽しみください。


<参加方法>
お申し込みはこちらから 
https://store.tsite.jp/ginza/event/architectural-design/2354-1409200505.html
イベント参加券セット:¥4,000(税込¥4,320)
セット内容:『水丸さんのゴーシチゴ』+安西水丸オリジナルトートバッグ(全3種)+イベント参加券
※安西水丸オリジナルトートバッグは、お好きな柄1種類をお選びください。
締め切り:2018年5月20日(日)午前9時まで

*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
*ECでご購入されたイベントご参加対象書籍はイベント当日のお渡しとなります。

3種類の安西水丸オリジナルトートバッグ

著者プロフィール

<安西水丸>
1942-2014年。日本大学芸術学部美術学科造形卒業。電通、ADAC(NYのデザインスタジオ)、平凡社でアートディレクターを勤めた後、フリーのイラストレーター・作家になり、雑誌「宝島」「ガロ」などに連載。79年に原田治、ペーター佐藤、秋山育と「パレットくらぶ」結成。朝日広告賞、毎日広告賞、紀文おいしいイラスト展特選、日本グラフィック展年間作家優秀賞、キネマ旬報読者賞など受賞多数。主な著書に「アマリリス」「手のひらのトークン」「エンピツ画の風景」「荒れた海辺」「青山の青空」「アトランタの案山子・アラバマのワニ」「メランコリーララバイ」「バードの妹」「4番目の美学」「メロンが食べたい」「魚心なくとも水心」「美味しいか、恋しいか」など。

安西水丸さんの絵本

がたん ごとん がたん ごとん

走る汽車にのせてもらうのは、コップとスプーン、哺乳ビン、りんごとバナナ。それからねずみやねこまでのりこみます。どれもあかちゃんになじみのものばかりです。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください