スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】「学校がもっと好きになる絵本シリーズ」誕生!課題図書常連のベストセラーコンビが再結集!
絵本ナビニュース2018

【news】「学校がもっと好きになる絵本シリーズ」誕生!課題図書常連のベストセラーコンビが再結集!

元小学校教諭の大人気作家くすのき しげのりさんと個性豊かな画家が描く、心温まる絵本シリーズ

新学期、新入学にピッタリの「学校がもっと好きになる絵本シリーズ」(東洋館出版社)全3作が2018年4月に発売されています!小学校低学年から高学年まで楽しめる内容でです。絵本ナビでは、発売を記念して、くすのきしげのりさんにお話を伺っています。掲載されているインタビューをぜひご覧くださいね。

https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=404 学校は楽しいところ。「学校がもっと好きになる絵本」 くすのきしげのりさんインタビュー公開中!

教科書では教えられない大切なこと、絵本にしました。

勉強が好き。スポーツが好き。絵が好き。音楽が好き。
子どもたちは学校で、たくさんの好きなことを見つけます。

好きという気持ちから、個性的な未来が始まります。
でも、どの「好き」だって最初は「学校が好き」という気持ちから始まるのだと思うのです。

学校が嫌いだ、という子をひとりでも減らしたい。
そんな想いから「学校をもっと好きになる絵本」シリーズを刊行することにしました。

相手の気持ちになること。友だちを大切にすること。自信を持つこと。
教科書では教えられない大切な内容を、絵本として綴じました。
読んだすべての子どもたちが、月曜日を待ちわびるようになりますように。

一歩踏み出す勇気と、新しい友だちを受け入れる寛容な心を書いた絵本

いまから ともだち

学校がもっと好きになる絵本シリーズ、第1弾! 青少年読書感想文全国課題図書「メガネをかけたら(小学館)」のコンビの最新作! テーマは「友情」。 転校ばかりのはるかちゃんは、 こんないなかの学校に、本当は来たくなかった。 でも、この学校は今までとなんだか違う。 分校での出会いが、女の子を変える! -友だちのつくり方は、 教科書にも書いてない。 必要なのは、ちょっとの勇気なのかもしれない。

『いまから ともだち』(東洋館出版社)

転校ばかりのはるかちゃんは、
こんないなかの学校に、本当は来たくなかった。
でも、この学校は、今までとなんだか違う!?

 

分校での出会いが、内気だった女の子を変える!
青少年読書感想文全国課題図書「メガネをかけたら(小学館)」のコンビの最新作!

男の子と女の子のよくあるトラブルから、わかり合おうとする姿勢の大切さを説いた絵本

ぼくとマリナちゃん

学校がもっと好きになる絵本シリーズ、第2弾! 男子と 女子に 分かれ ケンカになった ユウトくんの クラス。 マリナちゃんと 一緒の クラスでは、力を合わせるの なんてムリ。 ケンカをしてしまった 2人は、 仲直りできるのでしょうか? ケンカは どれも、学びのきっかけ。 立場や 意見が ちがっても、分かりあおうとすることが 大切なのです。

『ぼくとマリナちゃん』(東洋館出版社)

男子と女子に分かれ、けんかになったユウトくんのクラス。
マリナちゃんと一緒のクラスなんかじゃ、力を合わせるのなんてむり。
けんかをしてしまった2人は、 仲直りできるのでしょうか?
けんかはどれも、学びのきっかけ。
立場や意見が違うからこそ、分かりあおうとすることが大切なのです。

ものさしから地球へ!未来へ受け継いでいくモノの大切さを書いた絵本

おさがり

学校がもっと好きになる絵本シリーズ、第3弾! おねえちゃんのおさがりを恥ずかしがる、なっちゃん。 そんななっちゃんに、先生がおさがりの思い出を話してくれます。 そして、ともくんのおうちにも おさがりをあげられる赤ちゃんが。 おさがりって、なんて素敵なんだろう。 モノを大切にする心を、大切にする絵本です。

『おさがり』(東洋館出版社)

おねえちゃんのおさがりを恥ずかしがる、なっちゃん。
そんななっちゃんに、先生がおさがりの思い出を話してくれます。
そして、ともくんのおうちにも、おさがりをあげられる赤ちゃんが。
モノを大事にすると、まわりのすべてが愛おしくなる。
おさがりって、なんて素敵なんでしょう。

「学校がもっと好きになる絵本」シリーズに込められた思い

● こどもたちへ  
主人公の悩みは、きっと、みんなの悩み。
この本の登場人物は、特別ではありません。みなさんと同じことに悩み、喜びます。自分の物語として楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

 保護者の方へ  
絵本が好きな子どもを 学校が好きな子どもに。
易しい言葉で、小学校入学前から読んでいただけます。一方で、普遍的なテーマを扱い、高学年のお子様にも気づきがあります。登場人物を自分に重ね、読んでいるうちに、学校が楽しみになる絵本シリーズです。

作者紹介 くすのき しげのりさん

http://www.kusunokishigenori.jp

1961年、徳島県生まれ。鳴門市在住。
小学校教諭、鳴門市立図書館副館長などを経て、児童文学を中心とする創作活動と講演活動を続けている。
絵本『おこだでませんように』が2009年、『メガネをかけたら』が2013年、全国青少年読書感想文コンクール課題図書に選定。(ともに小学館)。
また、『ふくびき』(小学館)、『ともだちやもんな,ぼくら』(えほんの杜)が、ようちえん絵本大賞を受賞。その他の絵本に『みずいろのマフラー』(童心社)、『ええところ』(学研)、『Lifeライフ』(瑞雲舎)など多くの作品がある。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください