スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】本屋大賞「翻訳小説部門」を受賞したオランダ人作家による『リスのたんじょうび』発売
絵本ナビニュース2018

【news】本屋大賞「翻訳小説部門」を受賞したオランダ人作家による『リスのたんじょうび』発売

大切なともだちとすごす豊かな時間に満ちた9つのちいさな物語

2017年に『ハリネズミの願い』(新潮社)で本屋大賞「翻訳小説部門」を受賞したオランダの作家、トーン・テレヘンの未邦訳作品『リスのたんじょうび』が発売されました!

 

1995年に絵本としてオランダで初めて出版されたこの作品に、「パーティー」をテーマとした8編を追加し、2012年に出版された『De verjaardag van de eekhoorn en andere dieren(リスのたんじょうびとほかの動物たち)』を完訳した作品です。日本語版には、画家の植田 真が描き下ろしたイラストがほぼ全てのページに収録されています。

 

「リスのたんじょうび」は、わすれっぽいリスが誕生日に森じゅうの動物や虫を招待するところから始まります。

だれか招待し忘れた人がいないかというリスの心配をよそに、森のともだちはプレゼントを用意して、とびきりのおしゃれをしてリスの誕生日会にやってきます。リスの用意したケーキを食べ、ダンスをして、動物たちは誕生日のひとときを楽しく過ごします。

みんなが帰って、ひとりになったリスは「ぜんぶうまくいったのかな?」と不安になります。ケーキはみんなに行き届いたのか、いまどこかでだれかがベッドにはいって「あのパーティー、ほんとは気にいらなかったよ」と思っているのではないかと......

 

そこにアリが「たのしいパーティーだったって、もういちど、つたえたくなってね」と戻ってくるのでした。

読み終わると、心がほっとして小さな灯がともるような温かさ。大切な宝物のようなお話が収録された素敵な児童書です。

著者プロフィール

著:トーン・テレヘン
1941年生まれ。作家、詩人、医師。1984年に幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行後、動物を主人公とした物語を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。2016年に邦訳刊行された『ハリネズミの願い』(新潮社)で本屋大賞翻訳小説部門を受賞した。その他の邦訳作品に『きげんのいいリス』『おじいさんに聞いた話』(新潮社)や、絵本『小さな小さな魔女ピッキ』(徳間書店)などがある。

 

訳:野坂悦子(のざかえつこ)
1959年生まれ。翻訳家、作家。『おじいちゃん わすれないよ』(金の星社)で産経児童出版文化賞大賞を受賞。『第八森の子どもたち』(福音館書店)、『きつねのフォスとうさぎのハース』(岩波書店)、『100時間の夜』(フレーベル館)、『とんがりぼうしのオシップ』(BL出版)など、訳書は100を超える。創作作品に『ようこそロイドホテルへ』(玉川大学出版部)など。紙芝居文化の会で海外統括委員もつとめる。

 

画:植田 真(うえだまこと)
1973年生まれ。画家。『マーガレットとクリスマスのおくりもの』(あかね書房)で日本絵本賞を受賞。おもな作品に、『スケッチブック』(ゴブリン書房)、『まじょのデイジー』(のら書店)、『おやすみのあお』(佼正出版社)、『ぼくはかわです』(WAVE出版)、『えのないえほん』(作・斉藤倫、講談社)など。さし絵・装画も多く手がける。

気になるリスの絵本

ちいさなりすのエメラルド

大好きな本を読んでもらおうとするエメラルドですが、みんななかなか先に読み進んでくれません。困ったエメラルドでしたが・・・。

もりの あかちゃん

春の森で子リスたちは、おなかをすかせた小鳥の赤ちゃんに出会います。ところが、なにをあげてもいやいやをする赤ちゃんに子リスたちは大弱り…。

りすでんわ

森のりすかいぎで「でんわ」というものを知ったりすたち。
さっそくみんなで「でんわ」を作ってみました。

月のきれいな夜、
おばあちゃんにそのことを伝えたい、と考えた りすの子は――。
世界一すてきな、でんわのおはなし。
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください