スタイルトップ  >  グッズ・ギフト   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】将棋のファーストステップとして遊べるミニゲーム「ぴょんぴょんしょうぎnew!」発売!
絵本ナビニュース2018

【news】将棋のファーストステップとして遊べるミニゲーム「ぴょんぴょんしょうぎnew!」発売!

「加藤一二三九段」ひふみん推薦!はじめての将棋にピッタリのゲーム

大人気の将棋ブーム!

小さな子どもから楽しくスタートできる将棋ゲームが株式会社幻冬舎から発売されました!

ミニゲーム「ぴょんぴょんしょうぎnew!」は、可愛い2種類のかえるの駒を使って、将棋のファーストステップとして気軽に遊べます。女流棋士 高橋和(たかはしやまと)さんが考案、加藤一二三九段"ひふみん”さんも推薦しているとのことで、今後話題になりそうです。

3×9マスの盤と2種類の駒を使って対戦する将棋ゲーム登場!


●親子で遊べるファースト将棋
「ぴょんぴょんしょうぎnew!」は、3×9マスの盤と2種類の駒を使って対戦する将棋ゲームです。幼児期から駒に触れる楽しさを体験し、本将棋につながる「駒を進める」考え方の基礎を養うことができます。親子やお友だちと遊びながら勝負の楽しさを味わうことができます。
 

●ルールはカンタン!でも奥が深い!
ルールはシンプル。自分の駒全部が相手の陣地に入った方が勝ちです。駒は、1マスずつ前方に動き、敵でも味方でも前に駒があれば一気にジャンプ!
敵の陣地に入ると将棋の「成る」と同じようにひっくりカエル!「ぴょーん」と飛び越え敵の陣地を目指そう!

使う駒は2種類のみ。「歩」の冠をかぶったカワイイかえるのイラストで、お子さまも親しみやすいデザイン。盤も駒もすべて木製。玩具安全基準合格(ST)商品で、小さなお子様でも安心して遊べます。

考案:高橋 和(たかはし やまと)
将棋棋士。1976年生まれ。神奈川県出身。小学6年生で佐伯昌優八段門下の女流育成会に入会。14歳で当時最年少の女流プロ棋士に。2005年、現役引退。2015年6月、東京・吉祥寺に将棋スペース「将棋の森」をオープン。子どもや女性のための将棋教室を主宰している。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください