スタイルトップ  >  ライフスタイル   >   お金のプロに聞く!イマドキ保険事情   >   医療保険、入りっぱなしは損をする?!

お金のプロに聞く!イマドキ保険事情

医療保険、入りっぱなしは損をする?!

ライフスタイル 2015.04.23 連載
[PR]保険のビュッフェ×絵本ナビ

●一度入った医療保険、その後は・・・?

●新ジョーシキ!医療保険は年数ごとに見直そう

●絵本が1冊もらえる!?<無料相談>体験キャンペーン実施中!

 

育ち盛り食べ盛り3人の子どもを抱える絵本ナビ編集部タケハラが、ファイナンシャルプランナー(FP)さんへ生まれて初めての保険相談!
第一回は、子育て世代が一番気がかりな「教育費」について目からうろこのアドバイスをいただきました。
今回は、こちらも加入している方の多い「医療保険」について、FP前島香苗さんにお話をうかがいます。
一度入ったら安心だと思っていた医療保険、こちらも知らなかったら損をする!?新常識が飛び出して・・・。
体験レポート第二回も、みなさんのお役に立つこと、間違いなしです!

http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=4983

今回のアドバイザー

 

保険のビュッフェ提携ファイナンシャルプランナー 前島香苗 さん

 

前職でフリーランスの仕事をしていた頃、お金にまつわることで困っている人は少なくないということを実感しました。
お金との付き合い方を上手にすることによって、人はより幸せになれる!と思ったことをきっかけにFP資格を取得。親子カフェ等で少人数での参加型マネーセミナーを定期的におこない、子育て世代の方の夢や目標を実現するためのお手伝いをさせていただいています。
日本FP協会会員、住宅ローンアドバイザー、子育てマネーアドバイザー。2児の母。 

 趣味:美術館、温泉地巡り 
好きな絵本:「はらぺこあおむし」「うずらちゃんのかくれんぼ」

一度入った医療保険、その後は・・・?

タケハラ

前島さん、はじめまして!
今日もドキドキハラハラしそうですが、ここでしか聞けない保険のアドバイス、よろしくお願いします!

 

前島さん

よろしくお願いします!
さっそくですが、タケハラさんは、ご家族の医療保険、加入していますか?

 

タケハラ

はい、私と夫それぞれが民間の保険会社のものに、子ども達3人は共済保険に入っています。

 

前島さん

いつごろに入られた保険なんでしょう?

 

タケハラ

確か長男が生まれてすぐなので…2006年です!

 

前島さん

もしかしてずっとそのまま、ですか・・・?

 

タケハラ

はい!今のところ頑張って払い続けています!
が、なにか問題が・・・?

 

前島さん

実は私たちFPは、長く同じ医療保険に入られている方には数年おきの見直しをオススメしているんです。

 

タケハラ

えぇぇぇ!見直しって、わが家は一生保障のある医療保険に入ったので、そんな必要があるなんて思いもしませんでした・・・どうしてなんですか??

新常識!医療保険は数年ごとに見直そう

前島さん

私たちの暮らしに置き換えてみましょうか。
たとえば家は、一度丈夫に建てれば数十年と建て直す必要はありませんよね。
では家電はどうでしょう。洗濯機、エアコン、20年前のものをずっと使うのは難しいですよね?…もたないし、性能だってどんどん進化したものが登場しますから。
保険でいうと、家のような不変的なものが死亡保険。こちらはあまり見直しの必要は無いのですが、家電のように時代の流れによって変わっていくものが、医療保険やがん保険なんです。

 

タケハラ

具体的に、どんなところが変わっていくのですか?

 

前島さん

医療保険は、健康保険制度の変更や医療技術の進歩にともなって進化しています。
以前の健康保険は加入者の医療費の自己負担率が現在よりも低かったので、医療保険も20日以上の入院で初めて給付金がもらえる、というものが多かったんです。
でも今は医療の技術がどんどん高くなり、これまで長期入院が必要だった病気が5日から1週間の入院で済んだり、その日に手術して退院できる日帰り入院になる場合だってあります。
せっかくもしもの時のために支払っている医療保険、いざという時に給付がもらえないことがあるなんて…

 

タケハラ

まったく意味がないです!!

 

前島さん

また以前の医療保険は、手術対象となる病気が限定されていて給付金の条件もとても細かかったんです。保険の約款を隅々まで読んでもわからずに面倒で請求しなかった・・・なんて声も耳にしました。
最近は健康保険に連動している医療保険が増え、小さな病気でも手術対象になったので、安心して給付金をもらえるようになりました。

 

タケハラ

私、自分や家族がどんな病気になったら給付金がおりるのか…わかっていなかったです(汗)。

前島さん

そういう方、とても多いんですよ。
医療保険といえば病気・けが、入院、手術、この3つが大きな柱ですが、体のことは個人個人で心配の要因が違いますよね。
出産を控えている方なら女性疾病特約、ご親族ががんの家系と感じられるならがん保険、メタボが気になる方なら生活習慣病の保障を手厚くしたり。
不安を少しでも減らすことも保険の大事な目的なので、FPはじっくりお話を聞きながら、数年おきに見直しのお声がけをして、その時の個人の状況に合ったベストなご提案をしていきます。

 

タケハラ

常に保険の制度や医療技術の進歩にアンテナを張り巡らして、新しい保険を見つけるなんて、自分だけでは限界がありますよね。
プロに定期的にサポートしてもらえるなら、何より心強いです!

FP前島さんとのおはなしで印象的だったのは「2~3年に一度、手持ちの保険証券を開いてみる習慣をつけてほしい」ということば。
保険を選ぶのってカンタンじゃない。しかも加入した後も続々とよりベストな商品が登場しているなんて・・・そのメンテナンスは、結構大変です。
プロに相談にのってもらいながら、保険と上手に付き合っていきたいと思いました!

あなたの保険やお子様の未来のお金について、プロに相談してみませんか?

今、絵本ナビで、保険のビュッフェさんのアンケートに答えて、無料保相談を体験されると、絵本1冊がもらえるキャンペーンを実施中です!!
相談の際はFPさんが無料&都合の良い場所まで出張してくださるんだとか。
小さなお子様を抱えて外に出なくても大丈夫です。
わが家の保険・お金が気になる方はぜひこの機会に、試してみてくださいね♪

http://www.ehonnavi.net/ehon00adv.asp?no=4983

「保険のビュッフェ」

 

お金の専門家、ファイナンシャル・プランナーがお客さまご希望の場所まで出張し、複数の保険の中からピッタリの保険や、家計の節約、貯蓄プランも【無料】でアドバイスしてくれるサービスです!
保険も、料理のビュッフェと同じように気軽に自分の欲しいものを自由に選んで欲しい。 そんな想いから、保険加入や見直しを検討されている方々に保険会社や保険ショップとも違う、まったく新しい【第3の保険えらび】サービスとしてファイナンシャル・プランナーを紹介しています。
お客さま一人ひとりの状況やこだわりに合わせて、納得いく保険を選ぶ手段として、ぜひご利用ください。 また、紹介するファイナンシャル・プランナーとは、「強引な勧誘禁止」などお客様が安心してご利用頂けるよう、厳しいルールのもと提携をしております。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載