スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビpress2017   >   【お知らせ】イソザキ編集長「世界睡眠会議」で「おやすみ絵本第7回」が公開中!

絵本ナビpress2017

【お知らせ】イソザキ編集長「世界睡眠会議」で「おやすみ絵本第7回」が公開中!

絵本ナビ編集長イソザキが、毎回、おやすみ絵本と題して、寝る前の読み聞かせのひと時にピッタリのおススメの絵本をご紹介している「世界睡眠会議」。第7回目の連載が公開されましたので、お知らせいたします。

 

「人は誰でも眠る、睡眠をもっと楽しむことで睡眠の大きな可能性が目覚める」

世の中に「睡マー」の輪を広げようと睡眠をいろいろな角度から考え、楽しんでいるプロジェクトが「世界睡眠会議」です。その他にも「睡眠」にまつわる楽しいインタビューや特集、快眠のためのお話しなど興味深いコンテンツが掲載中なので、是非ご覧くださいね。

公式HP「眠るって、ぐぅ! 世界睡眠会議」から

今回のおやすみ絵本は表紙を見るだけで、もう眠気をさそう・・・おねむにおススメの1冊

今回、編集長が選んだ絵本は、文渓堂の『あくび』。

なぜ、この絵本を選んだのかは、「世界睡眠会議」のコラムをご覧くださいね!コラムページでは、バックナンバーもあわせてお楽しみに!

あくび

 

読んでいるとあくびがしたくなる。 
絵は、近々読みたいと思っている「くろねずみ小太郎旅日記」の飯野和好氏。独特の味がありますね。彼の絵は。
内容はアフリカのサファリかな?の、かばがあくびして、それが移ったきりんがあくびして・・・。って、どんどんあくびが移っていって、そのテレビを見ていたパパに移って、ママに移って、ぼくにも移って「おやすみなさ。グー」ってお話。
パパのあくびのシーンが一番面白い顔!それが、ページいっぱいに描いてあるから、読み聞かせていると絶対、こっちも移ります。
(てんぐざるさん 30代・埼玉県久喜市  7歳、2歳)

絵本ナビではたくさんのおやすみの絵本をご紹介していますので、参考にしてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載