スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビpress2018   >   【お知らせ】イソザキ編集長、朝日新聞 連載「効く絵本 たぬき書房」「猫の愛らしさ どっぷり」が掲載 
絵本ナビpress2018

【お知らせ】イソザキ編集長、朝日新聞 連載「効く絵本 たぬき書房」「猫の愛らしさ どっぷり」が掲載 

「猫の愛らしさ どっぷり」お題に選んだ絵本は『まいごになった ねこのタビー』

絵本ナビ編集長イソザキが、投稿されたお悩みに、毎回「効く」絵本を紹介している朝日新聞の連載企画「効く絵本 たぬき書房」。今回のお題は、「猫の愛らしさ どっぷり」です。寄せられた「こんな時におすすめの絵本は?」は、63歳の女性の方から。その答えにイソザキ編集長が選んだ絵本とは?

イソザキ編集長が登場する朝日新聞の連載「効く絵本 たぬき書房」

Q.介護が必要な91歳の母は今、2匹の飼い猫に夢中です。猫の愛らしさにいつも一緒に浸れる絵本はありませんか(千葉県・63歳・パート女性)

まいごになったねこのタビー

ねこのタビーは、ちいさいころから、ふわふわスリッパのおばあさんの家にすんでいます。ところが、おばあさんは娘一家と都会でくらすことになりました。引っ越しの日はあわただしくて、トラックはタビーを残して出発してしまったのです。タビーはけんめいに追いかけますが、トラックに追いつくことはできません。おまけに、自分がいま、どこにいるのかもわからない…。どうしたらいいのでしょう? タブロー画家として活躍する著者の絵本デビュー作。

紹介された『まいごになった ねこのタビー』はどんな絵本なのでしょうか。

キーワードは、「ときめき」。

気になる内容は、新聞もしくは、デジタル版でご確認くださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください