スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビpress2018   >   【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」で『ゆっくり大きくなーれ!子どもの成長を感じる絵本』が公開中!
絵本ナビpress2018

【お知らせ】イソザキ編集長「kufura」で『ゆっくり大きくなーれ!子どもの成長を感じる絵本』が公開中!

仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント 公式HP「kufura」(クフラ)から

子どもの成長を感じる絵本

2月にご紹介しているもう一つのテーマは、『ゆっくり大きくなーれ!子どもの成長を感じる絵本』です。今回、編集長イソザキが選んだ絵本は、くもん出版の『ちいさいわたし』と童心社の『おおきくなるっていうことは』。詳しくは、「kufura」のコラムをご覧くださいね!コラムページでは、新着記事もあわせてお楽しみに!

 

仕事も家庭、どちらも大切にしながら忙しい毎日を送る女性のためのWebメディア「kufura(クフラ)」にて、絵本ナビ編集長イソザキの連載が掲載中です。こちらの連載では、月に2テーマずつ、おすすめの絵本を絵本ナビのレビューと共にご紹介しています。

ちいさい わたし

「ごあいさつしなさい」って言われるともじもじしちゃう、
ひとりでなんてねむれない、おともだちとけんかしちゃったし…。

主人公の女の子は小さいから、いろんなことが上手にできません。
でも、けんかしたままじゃいやだから、ごめんねって言いにいこう―。
女の子はおともだちのところに走ります。

小さな子にも不安がある。
「うまくできないな」「できるようになるかな」
「けんかしちゃったどうしよう…」「またおこられちゃった」。
この絵本は、そんな子どもたちに、主人公の女の子の声をかりて
「いろんなことがだんだんね。いつかはできる きっと いまは そのとちゅう」と、
やさしく語りかけます。

子どもたちは、主人公に自分を重ね合わせてお話を聞くでしょう。
子どものできないところに目がいきがちなお母さん、お父さんは、子どもと一緒に
「そうだね。今は、いろんなことができるようになる、そのとちゅうだね」と、
親子のきずなを確かめあうことができる絵本です。

著者のかさいまりさんは、小さな子どもの心のゆれを表現する絵本を、数多く作られています。
それらの絵本は小学校の道徳の副教本にも採用されるなど、
子どもたちに伝えたいお話として小学校、保育園や幼稚園などで取り上げられています。
画のおかだちあきさんは、やさしい表情の子どもの絵が評判をよんで、
近年絵本でひっぱりだこの画家さんです。

子どもへのやさしい視線。
確かな信頼に裏打ちされたお話作りの名手と、
やわらかいタッチの画家が組んだすてきな絵本。
親子で読んでほしい1冊です。

絵本ナビではたくさんのおきがえの絵本をご紹介していますので、参考にしてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください