スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   絵本ナビショップ店長だより   >   熊本地震チャリティ絵本イベント「絵本と音楽会in Kumamoto」開催レポート
絵本ナビショップ店長だより

熊本地震チャリティ絵本イベント「絵本と音楽会in Kumamoto」開催レポート

 

2018年1月26日、長崎書店(熊本県熊本市)で、第2回熊本地震チャリティーイベント「絵本と音楽会in Kumamoto」を開催しました。
その様子を、この記事でレポートしたいと思います。

今年も絵本イベントで熊本を盛り上げたい!再訪の決意

昨年開催した熊本地震チャリティ絵本イベント「ツペラと二ジとおむすびのぜいたくトゥナイト」で、熊本が大好きになった、おむすびひろばとニジノ絵本屋
実は昨年のイベント終了後から「来年もやりたい!」と話をしていました。
その想いを長崎書店 長崎社長が受け止めてくださり、今年も長崎書店さんの全面協力のもと実現できることになったのです。

今年の主催メンバー。右からパントマイムのお兄さん金子しんぺいくん、ニジノ絵本屋いしいあやさん、そして絵本ナビショップ店長セトグチ。

絵本と音楽会。音楽を担当してくれるゲストは…

今回は「絵本と音楽会」ということで、熊本県在住のラテンバンド「コロリダス」のリーダー しみずけんたさんにゲスト出演いただきました。
絵本が大好きなしみずさん。この日のために特別なプログラムで会場を盛り上げてくれました。詳しくは記事の後半で♪

コロリダス リーダーしみずけんたさん

「絵本と音楽会in Kumamoto」本番当日

朝一番で長崎書店さんへ。長崎社長、児童書担当の中山さんの力をお借りして、みんなで会場準備に取り掛かります。

会場準備中。金子さんが舵をとってくれています。
『しましまじま』(tupera tupera、ブロンズ新社)リハーサル中のしみずさんといしいさん
長崎書店のスタッフさんが、書店の特等席に看板を設置してくれていました!

19時になり、イベントスタート!オープニングテーマとともに登場です。

パントマイムショーやおむすびひろばのパフォーマンスに加え、この日のための特別プログラムをぎゅっと詰めました。
トークショー「あや★みみの時間ですよ!」や、しみずさん&いしいさんによる音楽付き『しましまじま』、児童書担当 中山さん&セトグチとの掛け合い『パンダ銭湯』等、今回のイベントだからこそ実現できることをお披露目しました。

オープニングソングでスタート!
おむすびひろば『おでこはめえほん1けっこんしき』(鈴木のりたけ,ブロンズ新社) インドのマハラジャがダンスを披露しているシーン
新コーナー「あや★みみの時間ですよ!」
『しましまじま』(tupera tupera、ブロンズ新社)は、しみずさんのギターといしいさんによる読みで披露しました
長崎書店の児童書担当 中山さんとセトグチによる掛け合い『パンダ銭湯』(tupera tupera、絵本館)

しみずさんのソロパフォーマンスタイムでは、4冊の絵本を読み弾き語りしてくれました。なんと、この日のために歌を作ってきてくれたのです!
どれも耳に残るメロディーで、まるで絵本の世界に入り込んだような気持ちになりました。

 

最後は熊本地震の復興応援ソングにもなっている「にじ」(作詞・新沢としひこ、作曲・中川ひろたか)を会場のみんなで歌い、無事に幕を下ろしました。

ご参加いただいた28名の皆様、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました!
 

入場料の一部は熊本地震義援金として寄付をさせていただきました。
長崎社長も一緒に、集合写真をパチリ★

「絵本と音楽会in Kumamoto」で読んだ絵本

おでこはめえほん(1) けっこんしき

はなよめさんや音楽家、粋な板前さんに宇宙人!? おめでたいけっこんしきを舞台に、みんなでたのしく大変身!

【ポイント】
特注の型で抜いたボードブック。おでこにはめて楽しむことができる絵本ができました!親子で、結婚式やイベントで......子どもはもちろん、大人も楽しむことができる1冊です。

おおきなかぶ

大きなかぶをみんなで力を合わせて抜くという単純な物語の中に、大らかさ、力強さ、ユーモアなどが満ちあふれ、ロシア民話の楽しさを味わわせてくれます。

パンダ銭湯

あなたは、パンダ専用の銭湯があるのを知っていますか。
実は...あるのです。

え~っ、まさか、そうだったのか...。
あなたの知らないパンダの世界がここにあります。

ポップな色の魔術師
tupera tuperaが描くパンダ!!

しましまじま

いま大人気創作若手ユニット
ツペラツペラ(tupera tupera)。
すぺてのページがしましまの絵本を創作しました!

木のうた

1本の大木を画面の中央にすえ、木をめぐる自然の変化をおいながら、生命への愛をうたい上げた美しい絵本です。イタリアの人気絵本作家イエラ・マリの代表作です。

ぐうぐうぐう

ぐうぐうと寝てばかりいるくじらくんがいました。ガールフレンドがきても、飛行機がぶつかっても、ぐうぐうぐう。ゆったりとした生き方が伝わります。

長崎書店について

会場を貸してくださった長崎書店は、明治22年に開業。地元で長く愛され信頼されていて、丁寧な仕事ぶりに県外からも注目されている本屋さんです。

児童書担当の中山さんは「三度の飯より絵本が好き」と自らキャッチフレーズを付けるほどの絵本好き。絵本セラピストとしても積極的に活動しています。絵本選びに迷ったら、ぜひ相談をしてみてくださいね。

場所は、熊本の代表的繁華街の一つ「上通商店街」のほぼ中央に位置しています。熊本に遊びに行った際には、ぜひお立ち寄りください♪

≪長崎書店ホームページ http://nagasakishoten.net/

瀬戸口あゆみ(絵本ナビショップ店長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください