スタイルトップ  >  絵本ナビ便り   >   【絵本ナビnews2016】 8月   >   【news】『E.T.』のスピルバーグとディズニーが贈る、この秋最高傑作の感動ファンタジー!
【絵本ナビnews2016】 8月

【news】『E.T.』のスピルバーグとディズニーが贈る、この秋最高傑作の感動ファンタジー!

絵本ナビ便り 2016.09.02 連載
絵本ナビ編集部

知らなかった夢の世界がそこにある!スピルバーグのファンタジー復活超大作!!


ディズニー×スティーブン・スピルバーグ監督が贈るファンタジー超大作映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』が、2016年9月17日(土)から全国ロードショーとなります。

 

映画『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』の原作となったのが、イギリスの児童文学作家ロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』です。『チョコレート工場の秘密』『マチルダは小さな大天才』など、数々の名作で知られるダールは、世界中の子どもたちはもちろん、大人もファンの多く、今年でなんと生誕100周年を迎えます。そんな記念すべき年に、著者である彼自身の一番のお気に入りの作品『オ・ヤサシ巨人BFG』が映画になりました。少女と“やさしい”巨人の、奇妙な友情と冒険を描いた本作の映画化にあたりメガホンをとったのは、『E.T.』や『ジュラシック・パーク』などで知られる“巨匠”スティーブン・スピルバーグ!今回はなんとディズニーとタッグを組み、圧倒的な世界観と映像美で懐かしくも新しいファンタジー超大作を生み出しました。

☆【5名様】映画公開記念特別プレゼント!☆


映画公開を記念して、オリジナル商品「ドリーム・ジャー」を絵本ナビユーザーの方、5名様に特別にプレゼントいたします!
下記のボタンからふるってご応募くださいね!!

https://questant.jp/q/7XHM1T27

スピルバーグも読み聞かせした、原作の『オ・ヤサシ巨人BFG』とは?


スピルバーグ監督もダールのファンで、かつては『オ・ヤサシ巨人BFG』を自身の子どもたちに読み聞かせたこともあったのだとか。そんな彼が監督を務めるなんて、なんだかとても運命的なものを感じずにはいられないですね。
大人が読んでも面白い児童書です!映画の公開にあわせて原作も是非読んでみてください。素敵な作品です。


原作に忠実ながらも、映画ならではの美しいみどころもたっぷり!!


スピルバーグの手で映画化された本作のタイトルは、『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』。
ロンドンの児童養護施設で暮らす10歳のソフィーは、ある晩突然窓から“巨大な手”につかまれて、「巨人の国」へ連れ去られてしまいます。彼女を連れ帰ったのは、身長7メートルの小柄な巨人BFG。「巨人の国」にいる肉食の巨人たちとは違い、まずそうな「おばけキュウリ」を主食とする菜食主義者です。口を開けば「キリン」を「キーリン」、「ワニ」を「ワーニ」と “言い間違い”を連発したり、豪快なオナラを放って大喜びしたりと、まるで子どものような一面を持ち合わせた、不思議な巨人だったのです。

インパクト抜群なコミカルなシーンは、原作にも多く登場しますが、特に「オナラ」のくだりは、映画化によってその迫力と楽しさが大幅アップ!心の底から楽しそうなBFGの姿に、ついつられて笑顔になってしまうはず。そんなどこか憎めないBFGには、スペシャルな特技があります。それは、夢を作りだすこと。「夢の国」でキラキラ光る“夢の素”を捕まえて、それらを調合して素敵な夢を作ることができるのです。出来上がった夢は、夢吹きラッパで眠っている子どもたちに吹き込み、彼らに見せてあげることができます。BFGは、夜な夜な夢を届ける「夢の配達人」でもあったのです!
色とりどりの“夢の素”が飛び回る「夢の国」は、映画では“ファンタジー超大作”の名にふさわしい幻想的なシーンとなって登場。世界観を盛り上げる、思わず見とれてしまう映像美はとにかく圧巻です!

児童養護施設でひとりぼっちだったソフィーと、ほかの巨人になじめず孤独に生きてきたBFG、どこか似た者同士のふたりは、次第に絆を深めていきます。小さなソフィーを大事そうに守り、常にそばでやさしく見守るBFG。そして旺盛な好奇心と大胆なアイデアで、世界に脅威を与える「BFGより巨大な巨人たち」をやっつけようとするソフィー。やがてふたりは、イギリスの女王様をも巻き込んだ早大なプランを実行していきます。果たしてふたりは世界の運命を変えることができるのか?そしてBFGとソフィー、ふたりの行く末は!?

(c)2016 Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved. 


 姿かたちは違うけれど、お互いを大切に思いかけがえのない存在となるふたり。ダールの生み出した名コンビが、スピルバーグ×ディズニーの手によって、見る者の心を揺さぶる、映画史にも残る最高に素敵なふたりになって新たに登場しています!原作ファンはもちろんのこと、お子さんの「初めての実写映画」にもぴったりかもしれません。
是非、この感動をご家族で一緒に映画館で体験してくださいね。

 

【映画情報】『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』

http://www.ehonnavi.net/style/173/img/58.jpg

9月17日(土)全国ロードショー!
http://www.disney.co.jp/movie/bfg.html

 

<STORY>
ロンドンに住む好奇心旺盛な少女ソフィーが出会ったのは、子供たちに夜ごと「夢」を届ける巨人BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント。ひとりぼっちのソフィーと、巨人にしては優しすぎるBFGの間には次第に「奇妙な友情」が生まれていく。やがて、小さなソフィーの勇気は大きなBFGを動かし、イギリス最大の危機を救うことに…! 『E.T.』のスティーブン・スピルバーグ監督とディズニーが贈る感動のファンタジー・アドベンチャー。

 

監督:スティーブン・スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムス 原作:ロアルド・ダール「オ・ヤサシ巨人BFG」(評論社)
出演:マーク・ライランス/ルビー・バーンヒル/レベッカ・ホール/ペネロープ・ウィルトン/ジェマイン・クレメント
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください