スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2019   >   「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」阪急うめだホール(大阪)にて開催。2019年7月18日オープン
絵本ナビニュース2019

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」阪急うめだホール(大阪)にて開催。2019年7月18日オープン

「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」が、 阪急うめだ本店9階 阪急うめだホール(大阪)にて開催されます。 会期は、 2019年7月18日(木)~8月21日(水)。夏休みのお出かけ候補にいかがでしょうか。混雑が予想されますので、前売り券を早めに入手されるのをオススメします。

学ぶ!未来の遊園地とは

『学ぶ!未来の遊園地』は、 共創(共同的な創造性)のための教育的なプロジェクトであり、 実験的な場です。 これまで、 台湾、 タイ、 中国、 アメリカ、 インドネシア、 南アフリカ等の海外各地や日本各地で開催され、 常設展も日本(お台場の「森ビルデジタルアートミュージアム:エプソン チームラボボーダレス」など)、 イタリア、 ドバイにて展開中です。 子どもから大人まで楽しめる展覧会で、 2019年3月には国内・海外累計来場者数が1000万人を達成しました。 

お絵かき水族館 / Sketch Aquarium

 

お絵かき水族館とは、紙に描いた魚たちが泳ぐ水族館です。

描いた魚の絵に命が吹き込まれ、目の前の水族館で、みんなが描いた魚と共に泳ぎ出します。
泳いでいる魚は、触れることもでき、触れられた魚は、いっせいに逃げ出します。エサ袋に触ることによって、魚にエサをあげることもできます。

光のボールでオーケストラ / Light Ball Orchestra

転がすと、色も音も変化する、光のボールによるオーケストラです。

頭上のボールは他のボールと連動しているため、触れると周囲のボールに影響を与え、空間全体の色が変わります。目の前のボールは、転がすと色が変わり、音が鳴ります。

まだ かみさまが いたるところにいたころの ものがたり / Story of the Time when Gods were Everywhere

壁に映し出された象形文字(山、木、鳥など)に触れると、その文字がもつ世界が表れ、物語が生まれます。ほかの体験者が呼び出した世界と、お互いに影響を与えながら物語を創っていきます。

 

【開催概要】チームラボ 学ぶ!未来の遊園地

 

  • 会期: 2019年7月18日(木)~8月21日(水)

  • 会場: 阪急うめだ本店9階 阪急うめだホール

    (大阪市北区角田町8番7号 阪急百貨店うめだ本店9階)

  • アクセス: http://www.hankyu-dept.co.jp/umeda-hall/access.html 
  • 開館時間: 金・土曜: 10:00~21:00、 日~木曜: 10:00~20:00(最終入場は30分前)
  • 休館日:  なし
  • 料金:
    当日券:一般 1,300円、 中学生 ・高校生 1,000円、 3歳~小学生 700円
    前売券:一般 1,200 円、 中学生 ・高校生 900 円、 3歳~小学生 600 円

    ※阪急阪神お得意様カード・各種ペルソナカード・エメラルドSTACIAカードのご呈示で、 ご本人様に限り入場料から100円引き
    ※障がい者手帳ご呈示者のご本人様無料(付き添いの方1名様まで無料)
    ※小学生以下は保護者(高校生以上)の同伴が必要です。 
    ※混雑時は入場を制限する場合があります。 

     

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください