スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2019   >   「みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展」上野の森美術館で開催
絵本ナビニュース2019

「みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展」上野の森美術館で開催

主に児童書を扱っている出版社「金の星社」が、2019年創業100周年を迎えます。それを記念した展覧会が東京の「上野の森美術館」で開催されます。

創業期にあたる大正時代の資料約40点と、 昭和~平成のロングセラーを中心とした 現代絵本原画約120点が一挙公開されます。 

戦火を逃れた雑誌「金の船・金の星」や童謡曲譜、 表紙画を担当した岡本帰一・寺内萬治郎の原画、 芥川龍之介から創業者・斎藤佐次郎に宛てた書簡など、 創業当時の貴重な資料から、『ガラスのうさぎ』 『かわいそうなぞう』、『おこりじぞう』といった 戦争をテーマにした原画も展示されます。 

ほかにも、子どもたちに人気の『へんしんトンネル』 『ちいさなたまねぎさん』などロングセラー絵本の原画、 大人気作家「いもとようこ」の貼り絵原画・ビッグブック、 『せんろはつづく』の巨大ダンボール列車のアクティビティなど家族揃ってお楽しみいただけます。 夏休みにご家族でお出かけはいかがでしょうか。

【開催概要】みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展

  • 【場所】 上野の森美術館 〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
  • 【日時】 2019年7月19日(金)~7月28日(日) 10:00~17:00 ※初日のみ一般公開12:00~17:00
  • 【主催】 金の星社、毎日新聞社
  • 【入場料金】 一般/500円、中学生~大学生/300円、小学生以下/無料
  • 【主な展示内容】 童謡童話雑誌「金の船」「金の星」編集長・野口雨情「社の梅」原稿、岡本帰一「花の女神」原画、寺内萬治郎「オランダの少年」原画、芥川龍之介 書簡、武部本一郎「かわいそうなぞう」原画、いもとようこ「かぜのでんわ」原画 ほか

【期間中イベントゲスト】※いずれも14時開催

7月20日(土)みやにしたつや

7月21日(日)長谷川義史・室井滋

7月27日(土)鈴木まもる

7月28日(日)中川ひろたか

展示作品を一部ご紹介します

人気作品の原画が一堂に会します。絵本を読んでから、原画を見るともっと楽しめますよ。

【主な展示作品(予定)】 ※一部抜粋

  • 原画「せんろはつづく」鈴木まもる
  • 原画「あっ!」柳原良平
  • 原画「ちいさなたまねぎさん」せなけいこ
  • 原画「へんしんトンネル」あきやまただし
  • 複製原画「あなたがとってもかわいい」みやにしたつや
  • 原画「にじいろのしまうま」やなせたかし
  • 原画「これはすいへいせん」tupera tupera
  • 原画「かわいそうなぞう」武部本一郎
  • 原画「おこりじぞう」四國五郎
  • 原画「しげちゃん」長谷川義史
  • 原画「ハナミズキのみち」黒井健
  • 原画「かぜのでんわ」いもとようこ

竹下文子さん&鈴木まもるさんコンビによる大人気「いっしょにあそぼうよ!」シリーズ

せんろはつづく

子どもは線路をつなげる遊びが大好き!リズミカルな文章とかわいいイラストで、親子一緒に楽しめる絵本!

せなけいこさんのユニークなはりえ絵本

ちいさなたまねぎさん

じゃがいもさんがねずみにかじられて泣いていました。そこで、玉ねぎやニンジンやおナベたちが協力して、悪いネズミをこらしめました。身近にある台所の食器や野菜を主人公にしたユニークなはりえ絵本。

ママが泣ける絵本

あなたがとってもかわいい

子を思う親の普遍的な愛を描いた絵本

いつもとってもかわいい赤ちゃんの顔。泣いた顔、笑った顔、あくびしたりくしゃみした顔、うんちの時の真っ赤な顔。大きくなった今も、少しも変わらない。“あなたがとってもかわいい”母親の大きな愛を描いた心あたたまる絵本。

自分を好きになる絵本

しげちゃん

「ねぇ、お母さん、わたし、じぶんの 名前、キライ! もっと かわいい 名前に かえてよ」

親の愛情が心に響く絵本です。

しげちゃんは自分の名前が嫌いだったが、子どもの幸せを願って親が名前をつけることを知り、好きになる。室井滋の名前にまつわるユーモラスなエピソードを長谷川義史が人情味豊かにおおらかに描き、読者の共感を呼ぶ絵本。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください