絵本ナビスタイル トップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2021   >   『おすしやさんにいらっしゃい! 生きものが食べものになるまで』刊行記念写真展&子ども握り寿司体験教室開催
絵本ナビニュース2021

『おすしやさんにいらっしゃい! 生きものが食べものになるまで』刊行記念写真展&子ども握り寿司体験教室開催

『おすしやさんにいらっしゃい! 生きものが食べものになるまで』刊行記念写真展&子ども握り寿司体験教室が開催

寿司職人が贈る新感覚エンタメ系写真絵本『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』の刊行を記念した写真展が、2021年4月23日(金)より、豊洲市場銀鱗文庫ミニギャラリーにて開催されます。
また、5月15日(土)には、同じく豊洲市場にて子ども握り寿司体験教室も開催されます。

『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』刊行記念写真展

絵本『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』 (おかだだいすけ・文、遠藤宏・写真) 刊行記念写真展

【会 期】2021年4月23日(金)~6月5日(土)
【時 間】10時〜14時
【会 場】豊洲市場 銀鱗文庫ミニギャラリー
東京都江東区豊洲6-6-1 東京都中央卸売市場7街区 管理施設棟309号
TEL:03-6633-0140
【入場料】無料
【休業日】毎週日曜日・水曜日(4/28は営業)、祝日(5/3は営業)
【お問合せ】銀鱗文庫 TEL:03-6633-0140

酢飯屋・岡田大介の子ども握り寿司体験教室

酢飯屋・岡田大介の子ども握り寿司体験教室

写真絵本『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』の著者であり、東京・江戸川橋「酢飯屋」の寿司職人・岡田大介さんが、子ども達に寿司の握り方を伝えます。
ネタは、キンメダイ、マグロ、カンパチ、サーモン、ホタテの5種。
魚の紹介や、魚をさばく様子も披露いたします。

参加者全員に『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』を進呈。
体験教室終了後には、著者の岡田大介さん、写真の遠藤宏さんお二人のサイン会もあります。

【日 時】2021年5月15日(土)
第1回:9時30分開場/10時開始(2時間程度)
第2回:13時開場/13時30分開始(2時間程度)
※第1回、第2回で内容は同じです。
【会 場】豊洲市場 調理室
東京都江東区豊洲6-6-1 7街区管理施設棟1階 TEL:03-6633-0140
【対象年齢】小学1年生~中学生
【募集人数】第1回…親子18組/第2回…親子18組
【持ち物】お子様、保護者様それぞれ、マスク、エプロン、三角巾、タオル
【参加費】1組あたり6,600円(税込) ※要事前申込み
【申込方法】酢飯屋の通販サイト・神楽市場よりお申し込み下さい。
神楽市場:https://www.sumeshiya.com/ichiba/item/post-105.html

ほか、詳細は酢飯屋の通販サイト・神楽市場をご覧ください。

著者プロフィール

おかだ だいすけ(岡田大介)
2008年、東京都文京区にて完全紹介制・完全予約制の寿司屋「酢飯屋」を開業。「使う食材や道具などは、可能な限り生産地に足を運び、五感で確かめる。自分で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く」に、こだわる。小学校で魚をさばき料理に仕上げるまでを子供達に披露するなど様々な活動をおこなう。著書に『身近な食材で豪華に見せる 季節のおうち寿司』(PHP研究所)。2児の父。

おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで

キンメダイ、アナゴ、イカなど、釣り上げた魚をさばき、
だんだんと美味しそうな切り身へとかわって行く様子を、
動画のような連続性で見せる写真絵本。
魚のとくちょうや部位の名前も解説。
最後はお寿司になって登場!みんなで美味しくいただきます。

「命をもらって生きている自分を大切に」とメッセージを贈ります。

『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』書誌詳細ページ

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください