絵本ナビスタイル トップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2022   >   “本との出会い”を創出するフェア!丸善ジュンク堂書店で2022年6月1日から開催
絵本ナビニュース2022

“本との出会い”を創出するフェア!丸善ジュンク堂書店で2022年6月1日から開催

「BOOK FUN LETTER」と「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」のコラボフェア

大日本印刷株式会社(DNP)及び株式会社丸善ジュンク堂書店、株式会社文教堂及び株式会社トゥ・ディファクトと共同で運営するハイブリッド型総合書店「honto(https://honto.jp/)」から、「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」と、「BOOK FUN LETTER」という、“子どもたちに本と出会う喜びを伝えたい”という共通の思いを持つ2つの企画を連動させて、コラボフェアが開催されました。このフェアは、hontoサイトと全国の丸善ジュンク堂書店82店舗で実施されます。

フェア概要

開催日時 : 2022年6月1日(水)~2022年9月30日(金)
実施店舗 : 丸善ジュンク堂書店 82店舗
フェアの詳細及び実施店舗はこちらでご確認ください。 https://honto.jp/BFL-kodomo

「“こどもの本”総選挙」と「BOOK FUN LETTER」のコラボフェアのポイント

今回のコラボフェアでは、第3回“こどもの本”総選挙で、ランキング上位に入らなかったけれど熱い想いを込めて投票された本の中から、子どもたちの推薦文をもとに書店員が厳選し、特に心に響いた推薦文の8作品を対象として「BOOK FUN LETTER」の企画を実施します。小学生が投票時に送った本の感想はhontoサイトで公開し、POPにして本とともに店頭に展示します。参加者は、対象の本を読んで本への想いを手紙にします。手紙が選ばれた場合には、書籍の作家・訳者・編集者から返事が届きます。選ばれた手紙と返事は、hontoサイトで公開します。入選作の発表は、2023年1月頃を予定しています。

「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」とは

「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」は、小学生が「一番好きな本」に投票し、最も小学生に支持されている本を発表することで、こどもたちに素敵な「本」との出会いと豊かな読書体験を提供する企画です。第3回の総選挙では、2021年5〜9月に16万人を越える小学生が投票を行い、2022年2月に芸人・作家である又吉直樹氏をアンバサダーに迎え、ベスト10が発表されました。1位にランクされた「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」(廣嶋玲子・著)をはじめ、10位までの本は、全国約3,000の書店で並べられ、話題となりました。
公式WebサイトURL → https://kodomonohon-sousenkyo.jp/

主催:NPO法人 こどもの本総選挙 事務局、後援:朝の読書推進協議会、一般社団法人 日本書籍出版協会

「BOOK FUN LETTER」とは

「BOOK FUN LETTER」は、「好きな誰かに、好きな本のことを、手紙に書いて伝えよう」というコンセプトのもと、丸善ジュンク堂書店の書店員がお薦めする児童書・絵本を紹介し、読んだ感想を手紙の形で読者から募集して共有する企画です。手書きの手紙を投函する応募形式によって、想いを人に伝える楽しさと、感動を共有する喜びを感じてもらう丸善ジュンク堂書店が実施しているイベントです。2021年は、全国約80店舗で本企画を展開し、4歳から70歳代までの幅広い人々が参加しました。手紙は全てBOOK FUN LETTER委員会が目を通し、選りすぐりの手紙をhontoサイトで公開するほか、対象書籍の作家・訳者・編集者にも手紙を届けて、返事がもらえるというプレゼントもあります。
公式WebサイトURL → https://honto.jp/cp/hybrid/campaign/book_fun_letter.html

コラボフェアのねらいと今後の展開

子どもの頃の本と触れ合う経験は、その後の人生の良質な読書体験にもつながります。今回のコラボ企画は、本と出会う喜びや、誰かに気持ちを伝える喜びを通して、子どもたちに特別な読書体験をしてもらいたいという想いから実現しました。本に対する子どもたちの想いをPOPにして店頭に掲げることで、他の誰かと本との出会いにつなげたり、読書によって生じる想いを手紙にして体験価値を高めたりすることを期待しています。「選んで、読んで、想いを伝える」という一連の体験が、子どもたちの豊かな成長につながることを狙いとしています。

ハイブリッド型総合書店「honto」について

「honto」は、ネット書店(本の通販ストア、電子書籍ストア)と、丸善、ジュンク堂書店、文教堂などのリアル書店を連携させた総合書店として2012年5月にサービスを開始し、2022年5月でサービス開始から10周年を迎えました。
ネット書店とリアル書店共通で利用できるhontoポイントサービスは、その後、啓林堂書店、戸田書店(8店舗)、函館栄好堂 丸井今井店など全国各地のリアル書店を加え、現在約180店舗で展開しています。
2022年5月現在、会員数700万人を突破しており、「読みたい本を、読みたい時に、読みたい形で」提供するサービスで本を愛する人をサポートしています。
≪ハイブリッド型総合書店「honto」公式サイト:https://honto.jp/

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード