スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】富士山の自然と花々を楽しむフラワーパーク 「富士 花めぐりの里」7/22(土)オープン!

絵本ナビニュース2017 

【news】富士山の自然と花々を楽しむフラワーパーク 「富士 花めぐりの里」7/22(土)オープン!

富士山・花をテーマにしたモニュメントも新登場

「富士 花めぐりの里」は、標高1,300mに位置しており、富士山・宝永火口の絶景、箱根連山から駿河湾に至る180度パノラマを存分に生かして昨年オープンした、新たな花スポット。

2年目を迎える今年は、富士山をモチーフとした花畑や花壇も加わり、8種類に増えた花々が期間を通じて園内を彩っています。雄大な富士山を背景に、ヒマワリやシノグロッサム、サンパチェンスなどが織りなす絶景はまさしく写真に収めたくなる光景ですね。
また、広大な敷地を活かした直径16mの花の日時計や、実際に登ることが出来る1/1600スケールのミニ富士など「富士花めぐりの里」でしかないスポットも新たに登場されました。

広大な園内を歩き回らず楽しめる「らくらくカート」をご利用いただければ、咲き誇る花たちを見逃すことなく楽しむことが出来ます。全自動運転のカートは5人乗りなので、家族と一緒に乗車できます。
ほかにも愛犬を思いっきり遊ばせられるドッグランや、絶景と花々を眺めながら楽しめる天然温泉を使用した足湯など、花畑以外の魅力も多数。

この夏、生まれ変わる富士山南麓2合目の花スポット「富士 花めぐりの里」に行ってみませんか。

施設内の概要

会場には、期間を通じて大小様々な花が咲き誇ります。

■会場では、花以外にも楽しめる、珍しいフォトスポットが沢山あります。
①ミニ富士(富士塚)
実際に登れる1/1600スケールの富士山。富士山型の鳥居をくぐって山頂まで登れば富士山のご利益があるかもしれません。
②ストーンサークル
富士山信仰に使われたというストーンサークルを再現。
③赤富士花模様
サンパチェンスで表現した富士山型モザイクアート。
④花の日時計
広大な土地を活かした「富士花めぐりの里」新名物、直径16mのダイナミックな日時計。
⑤ハートのモニュメント
背中に富士山を映しながら一緒に写真が撮れるハート型フォトスポット。

 

■花やフォトスポットの他にも「富士花めぐりの里」ならではの楽しみ方をご紹介します。
①らくらくカート
自動運転で園内を巡れる「らくらくカート」。ハンドル・ブレーキ・アクセル操作を必要とせず、楽々に園内の花を楽しむことが出来ます。駅では途中下車も出来ます。
②絶景足湯
花と富士山の絶景を眺めながら天然温泉の足湯に入れば心身ともにリフレッシュできます。
③ドッグラン
愛犬も楽しめるドッグラン完備!広々とした芝生フィールドで思いっきり走ることができます。

 

 

■「天空のダリア祭り」とのセット入園券もおトクです
車で5分の距離にある「遊園地ぐりんぱ」では「天空のダリア祭り」を開催致します。「富士花めぐりの里」とのお得なセット入園券も販売しております!富士山南麓に咲く花の共演をお楽しみください。
期間   :7月15日(土)~10月9日(月祝)
セット料金:富士花めぐりの里+遊園地ぐりんぱ(天空のダリア祭り)
大人 1,200円 / 小人 780円

 

■B級グルメやオリジナルグッズもご用意しています
園内には地元B級グルメなどを楽しめる飲食コーナーを日替わりでご用意しております。さらに売店では「富士花めぐりの里」オリジナルグッズやお土産も取り揃えております。
 

 

B級グルメやオリジナルグッズ

「富士 花めぐりの里」施設概要


所在地:〒410-1231 静岡県裾野市須山字藤原2428
営業期間:平成29年7月22日(土)~10月9日(月・祝) ※予定
営業時間: 9:00~17:00 ※開花状況により変動あり
入園料:大人(中学生以上)550円 /小人(3歳以上)250円/ペット250円
カート乗車券付き入園券:大人(中学生以上)1,000円/小人(3歳以上)700円
遊園地「ぐりんぱ」入園付セット券:大人(中学生以上)1,200円/小人(3歳以上)780円
団体入園料金(15名以上):大人(中学生以上)450円 /小人(3歳以上)200円
カート乗車券:大小共通500円
駐車場 約180台(普通車500円/1台、バイク300円/1台、大型バス・マイクロバス1,500円/1台)
アクセス  ・車 =東名高速・裾野ICから南外周道路経由で約20分 新東名高速 新富士ICから県道88号線経由で約30分
・電車、バス=JR御殿場駅、富士、三島各駅から富士急行路線バス
お問合せ TEL:055-998-2020  

HP:http://fuji-hanamegurinosato.com/

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード