スタイルトップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2018   >   【news】ココリコ・田中直樹さんがサメ博士を直撃!? 『小学館の図鑑NEO』発売記念講演会に親子150組300名様ご招待!
絵本ナビニュース2018

【news】ココリコ・田中直樹さんがサメ博士を直撃!? 『小学館の図鑑NEO』発売記念講演会に親子150組300名様ご招待!

小学生、夏の自由研究にピッタリ!記憶にのこる夏休みにしよう!!

さあ、 いよいよ7月に突入!もうひとがんばりで、 楽しい夏休み!!
そろそろ自由研究のテーマを考えはじめている小学生の子どもたちとその保護者の方に体験していただきたい夏休みの特別な時間!

 

小学館の図鑑NEOがお届けする文化講演会が開催されますよ!なんと300名さまをご招待。 

タイトルは、「私だけが知っている! 危険生物のひみつ」ココリコの田中直樹さんが、 サメ博士・仲谷先生を直撃!「最強の危険生物はどれ?」や、 サメ大好き芸人とサメ博士の「サメト~~ク」など、 夏休みを控え、 今こそ知っておきたい危険生物の謎に迫ります。 

 

さあ、 どんな話が飛び出すか、 お楽しみに!!

講演会概要

小学館の図鑑NEO新刊発売記念文化講演会
私だけが知っている!危険生物のひみつ 


日時:2018年7月22日(日) 13:30開場 14:00開演
場所:時事通信ホール(東京都中央区)

【登壇者】
ココリコ・田中直樹さん
サメ博士・仲谷一宏先生(北海道大学名誉教授)

 

申し込み締め切り:7月8日(日)24:00
招待状は7月9日(月)頃より発送予定です。 

小学館の図鑑 NEO POCKET -ネオぽけっと- 危険生物

身近な危険生物への対策に最適なポケット版

危険な生き物への予防と対策がコンパクトにまとまった、安心の1冊です。

本書の大きな特徴は、
<家の周り・田畑>、<森林・山野>、<海辺>、<南の島>、<海外>
など、危険生物を生息環境別に分類していることです。

そのため、日常生活やレジャー、旅行先などにひそむ危険生物が探しやすく、
その状況に合った具体的な対処法もたいへん調べやすくなっています。

本書はポケット版ながら、約500種の危険生物を収録。
類書中最大のボリュームです。

さらに「毒で刺す・咬む・血を吸う・食中毒」など、
<ヒトにとって何が危険なのか>にスポットを当てていることも、本書の大きな特徴の1つです。

危険な生き物の毒や武器の情報だけではなく、事故の実例やケガの症状について、
写真やイラストで具体的に紹介していますから、
<正しい知識で、正しく怖がる>ということが可能になっています。

小学館の図鑑 NEO 危険生物 DVDつき

750種の危険生物を<正しく怖がる>図鑑

「ヒトにとってどのように危険なのか」という点に注目した危険生物図鑑。刺毒、咬毒、食中毒、防御毒、吸血・病気媒介、刺咬傷の6つに危険生物を分類。予防と対策をドラえもんとくわしく学ぶ60分のDVDつき。

日本と海外の危険生物が大集合! なんと約750種を掲載!!

毒で刺す! 毒で咬む! 吸血する! 
食中毒を引き起こす! 大怪我をする! 
など、危険生物を「ヒトに対する危険の種類」に着目して分類。

危険生物がもつ強力な武器や毒の解説はもちろんのこと、
ヒトが被害にあった実例を報告する新コーナー「事件ファイル」、
ケガの症状がわかる写真や応急手当の方法を紹介する「救急コラム」も充実。

陸と海のページにわかれているから、
山や海に出かける前に必要な予防と対策がよくわかる。
一家一冊、常備しておきたい、まさに「使える図鑑」!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください