絵本ナビスタイル トップ  >  おでかけ   >   絵本ナビニュース2020   >   PLAY! MUSEUMを一足先に!?「みて、遊んで、つくる、エリック・カール展」@吉祥寺にて3/13(金)~開催
絵本ナビニュース2020

PLAY! MUSEUMを一足先に!?「みて、遊んで、つくる、エリック・カール展」@吉祥寺にて3/13(金)~開催

PLAY! MUSEUMのオープンが待ちきれないみなさんへ!

エリック・カールの絵本づくりのエッセンスを体験できる無料のワークショップ「Let’s! PLAY! PAPER!」

※4/3追記※
「PLAY!」は、新型コロナウイルス感染症対策の影響から、4月10日(金)に予定していたオープンを4月24日(金)以降に延期いたします。詳細は公式サイトにてご確認ください。

 

 

PLAY!MUSEUMで行われる開館記念展「エリック・カール 遊ぶための本」(4月10日から)に先駆けて、3月13日から吉祥寺のサテライトスペースPLAY!KICHIJOJIで、特別イベント「みて、遊んで、つくる、エリック・カール展」を開催します。
展示空間を担当する建築家・張替那麻さんが制作した展示空間も一部公開します。
この特別イベントでは、展覧会公式図録『エリック・カール 遊ぶための本』に収録されている、写真家・長島有里枝さんによる子どもたちが絵本で遊んでいる写真や、写真家・前田直子さんが撮影したアメリカ・マサチューセッツ州にあるエリック・カールのスタジオや風景の写真を展示。また、展覧会「エリック・カール 遊ぶための本」展で空間デザインを手がける建築家・張替那麻さんの展示プランを一部紹介します。

エリック・カールのティッシューペーパー(撮影:前田直子)

この特別イベントの会期中は、同じくPLAY! KICHIJOJIにて、エリック・カールの絵本づくりのエッセンスを体験できる無料のワークショップ「Let’s! PLAY! PAPER!」も毎日おこないます。子どもも大人も直感的に楽しめる、カラフルな色がみ作りのワークショップです。
オープンよりもひと足先に、楽しさあふれるPLAY! MUSEUMや展覧会のヒミツをのぞくことができる特別イベントです。
みなさんのお越しをお待ちしています!

ワークショップで作る色がみは、これからPLAY!に関わるプロのアーティストたちによってアート作品にリクリエイトされます
会場には、エリック・カールさんの絵本約50冊を自由に読めるコーナーや、写真家の長島有里枝さんが撮り下ろした「遊ぶための本」の写真も展示

概要

日時:2020年3月13日(金)-4月19日(日) 会期中無休
場所:PLAY! KICHIJOJI(PLAY!サテライトスポット/吉祥寺)東京都武蔵野市吉祥寺本町2-28-5 MM吉祥寺ビル
入場無料

関連記事

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください