スタイルトップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   チャンスは旬のこの時期に!子どもがグリーンピースを食べたくなるレシピ
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

チャンスは旬のこの時期に!子どもがグリーンピースを食べたくなるレシピ

春野菜がお店でも並び始め、春の訪れを感じますね。

 

特にこの時期が旬の豆類は、収穫後のそのまま鞘に包まれた姿で売られていることが多いので子ども達が野菜本来の姿を知るチャンス!

一緒に買い物に行って選んだり調理したり・・・、

幼少期の食の経験は、自分が関わることで愛着が湧き特別な食材に変わるステキな魔法の1つです。

 

そんな子ども達に向けて、見た目も作業も遊び心をくすぐる一品をご紹介しますね。

旬の時期だからこそできる食の体験を!

フレッシュなグリーンピースを食べてみよう!

今回ご紹介するのは「グリーンピース」。

こんなに小さな粒の中にたくさんの栄養がぎゅっと詰まっていて、たんぱく質や食物繊維が特に豊富と言われています。

冷凍や缶詰でも一年中売られているイメージがありますが、鞘付きでフレッシュなグリーンピースが手に入るのはこの時期だけ!

美味しいだけじゃなく栄養価も高いので、ぜひ食べてほしい食材です。

グリーンピースのキャンディ包み揚げ

材料

(A)

  • グリーンピース 40g
  • コーン(缶詰) 40g
  • チーズ 40g
  • 餃子の皮 10枚
  • 揚げ油 適量

(B)

  • 小麦粉 大さじ1
  • 水 大さじ1

★小さなお子様は、餃子の皮を大判サイズ、もしくは春巻きの皮に変えるとより包みやすいですよ。

作り方

  1.  グリーンピースを鞘から取り出し、約3分茹でて冷ます。
  2.  春巻きの皮を並べ、皮の端に指を使って(B)をつける。中心に(A)の野菜を乗せて包み、両端を軽くねじりキャンディ型に整える。
  3.  170℃の油できつね色になるまで軽く揚げる。

お手伝いPoint

  • グリーンピースをさやから出そう!
    新聞紙を大きめに広げるか、少し深めのトレーを用意すると、剥いた時に豆が飛んで転がるのを防ぎ、ママが笑顔で見守ることができます。
  • 包んでみよう!
    今回はキャンディの形ですが、ちゃんと閉じれば好きな形でOK!子ども達の自由な発想を大切にして下さいね。
    ★細かい作業を頑張る子ども達へ「きれいにできたね!」「すごいね!」とがんばりを認める声かけもご一緒に!
  • 揚げる時はママにお任せ!一緒に数えて完成を待とう!
    すぐに火が通るので、子ども達と一緒にカウントしながら待つことで、より完成が楽しみになりますよ。
    ※揚げたては熱いので、少し冷ましてから食べて下さい。

食材との楽しい経験が「好き」に繋がる!

鞘から豆を取り出す作業は、子ども達にとっては大イベント。大人にとっては当たり前の作業も子ども達は遊びの延長で、「気持ちいい!」「ずっと触っていたい!」と言いながら、すごく楽しそうにしてくれますよ。

 

それと同時に、下準備や調理に関わることで、食べるまでにたくさんの作業があることに気付き、食材に携わる人達への感謝の気持ちも養えますよね。

 

グリーンピース以外にも、たくさんの豆の種類が並ぶこの時期。

今の旬だからこそできる食の体験を通して、子ども達にはたくさんの食材に興味を持ち、楽しみながら食べることを好きになってもらいたいですね!

今回教えてくれたのは…

石動敬子(いしないけいこ)さん

 

キッズ食育トレーナー/青空キッチン坂ノ市スクール主宰
大分県在住。2児(2歳、6歳)の母。
「夜ご飯はお菓子が食べたい!」という娘の一言がきっかけで、これから自分の意思で食を選び始める子ども達に、楽しみながら食の大切さを知ってほしいと考える。
子どもの食育スクール「青空キッチン坂ノ市スクール」ではみんなが笑顔で楽しく食と関われるレッスンを日々心がけている。
また、大分県を中心に食育イベントなども開催し、子どもに特化した食育活動を行う。

 

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

 

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください