スタイルトップ  >  たべる   >   子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ   >   いつもの餃子を一緒に作ってもっとスペシャルな一品に♪
子どもと一緒に作りたい!旬を楽しむレシピ

いつもの餃子を一緒に作ってもっとスペシャルな一品に♪

12月、冬の野菜と言えば白菜!

寒い冬の定番「鍋」に欠かすことのできない“白菜”。

白菜は、飛び抜けて高い栄養素を持つわけではありませんが、クセがなく、加熱することでとてもやわらかくなるので、お子さんでも食べやすい野菜の一つですよね。12月の旬のお野菜は白菜です。

「楽しい♪」が詰まったギョーザは子どもの発想を広げるスペシャルメニュー!!

ギョーザはお肉や野菜がたっぷり入った栄養バランスのよい料理。

ご紹介するのは焼き餃子ですが、鍋やスープに入れても美味しい万能メニューです!そんなギョーザに「一緒に作って楽しい!」をプラスしてスペシャルなギョーザにしてみてくださいね!

基本の材料(餃子20個分)

  • 白菜   140g
  • 合挽肉  100g
  • ニラ    30g
  • 醤油   小さじ1
  • ごま油    小さじ1/2
  • 酒    小さじ1
  • 生姜すりおろし   小さじ1/2
  • 餃子の皮
  • 焼き油

作り方

【タネをつくる】

  1. 合挽肉に調味料を入れ、よく練り合わせる。
  2. 粗みじん切りにした白菜とニラを1に加え、軽く混ぜ合わせる。
  3. 餃子の皮にタネを包む。 一緒にお料理ポイント!

【火を入れる(今回は焼き餃子です♪)】

  1. 油をしいたフライパンにギョーザを並べ中火で焼き色をつける
  2. 水を注ぎ、フタをして蒸し焼きにする。

お子さんと一緒に作りたい!ワンポイントアドバイス

餃子のタネを作ったら、あとはお子さんと一緒に「包む」を楽しんでくださいね!
大人のイメージの“ヒダのあるあの形”にしなくても大丈夫!お子さんには「ちゃんと」を求めず、ぜひ楽しんでください。

ぐちゃっと握りつぶすだけでも、半分に折り畳むだけでも、お子さんにとっては世界に一つだけの“自分がつくった”最高のギョーザになること間違いなしですよ!

自分だけのオリジナルギョーザをつくってみてくださいね♪

子どもとお料理する時に心がけたいこと。それはたくさん「褒める」こと

お料理には会話を弾ませてくれる要素が満載!会話の中で「褒める」をたくさん取り入れることで、お子さんの自信はさらにアップします!

「どんな形ができたかな?!」「美味しそうだね!!」「お料理ができるなんてすごいね!」

「褒める」って、子どものやる気や自信を高める、とっておきの魔法です!我が子の「できた!」にはたくさんの褒め言葉をかけてあげてくださいね。

 

 

子どもと料理を楽しむコツ、それは…

子どもと料理を楽しむコツ。それは、「ちゃんと」を求めないことだと気付きました。

私が2歳の息子とギョーザを作ったときのことです。

私は2歳児にギョーザは作れないだろうということで、実はつくるのをやめようかなと悩みました。でもそれは、私が“勝手に”そして“無意識のうちに”「完璧なギョーザをつくることを求めていた」ということに気付いたのです。息子が作ってくれたぐちゃっとつぶれたギョーザは、感動してうるっときてしまうくらい、とても美味しかったことを今でも覚えています。料理は、作る過程を知ったり気持ちが乗っかると、バツグンに美味しくなるから本当に不思議ですよね。

 

「ちゃんと」を求めない。

それだけで、一緒にお料理することへのハードルをぐっと下げることができました。今では料理は子どもの自信と食への興味を高めてくれる身近なものになりましたよ。“ちゃんと”より“楽しく”を合い言葉に、是非お子さんとキッチンに立ってみて下さいね!!

 

今回教えてくれたのは…

https://ameblo.jp/tokkoeiyou/

諏訪朋子(すわ ともこ)さん 

管理栄養士/キッズ食育トレーナー

2歳の男の子を子育て中のワーキングママ。

出産を機に「子ども」について学んだことで、ママがぶつかる子どもの食の悩みと育児ストレスを克服。

ママがもっと笑顔で過ごすための「ママの育児に自信が満ちあふれる講座」子どもの食育スクール「青空キッチン(埼玉志木)」を主宰している。

ブログ:https://ameblo.jp/tokkoeiyou/

 

子どものための食育スクール「青空キッチン」生徒さん募集中です!

 

青空キッチンとは?

 

料理(調理)と教育の融合。

「さまざまな食材・料理に触れる」「素材から調理する」「自分でやってみる」「お友達と協力する」「新しい知識や発見」料理を通じて、五感を育てます。

考える力表現力、社会性をはぐくみ、子ども達の潜在能力を引き出すお手伝いをします。

「青空キッチン」のカリキュラムは料理をイベント的に体験するのではなく、日常の一コマとして、また、体作りや将来作りのすべての土台を築くための多面的な取り組みをしています。

 

全国に拡大中!詳しくはHPをご覧ください。

http://aozora-kitchen.com/school/

諏訪先生は「青空キッチン 志木校」を担当しています!

https://ameblo.jp/tokkoeiyou/entry-12262725217.html

 

一般社団法人 日本キッズ食育協会とは?

 「本物の食は子ども達の未来を輝かせます」というスローガンの元、食に一番興味がある3歳から9歳の頃から食の大切さを感覚的に学べるのがキッズ食育です。

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

キッズ食育トレーナーに興味がある方は無料メルマガにご登録ください。登録はバナーをクリックするか、下記URLで簡単にできます!

https://88auto.biz/buenarica/touroku/entryform6.htm

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載