スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   絵本ナビニュース2017    >   【news】ADHDの息子の心を理解して成長させる“子育て術”とは…?コミックエッセイ『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記』
絵本ナビニュース2017 

【news】ADHDの息子の心を理解して成長させる“子育て術”とは…?コミックエッセイ『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記』

何度注意しても同じことを繰り返したり、人の話をじっくり聞かず落ち着きがなかったり。
子育てって、本当に本当に難しい。
思い通りにはなってくれないのが子どもだとわかってはいるけれど、この日々のイライラのループから抜け出すヒントに巡り合えたら…。

 

ADHDのお子さんを持つ漫画家かなしろにゃんこさんの“実録”子育てコミックエッセイが配信開始になりました。
子育て中のママ・パパの肩の力をふっと抜いてくれそうな内容ですよ。

配信開始!コミックエッセイ『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記』

『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記』

スマートフォンに最適な電子書籍コンテンツレーベルである「学研スマートライブラリ」から、電子オリジナル書籍『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記 ADHD息子の育て方』の配信がスタートしました。

 

幼い頃にADHD(注意欠陥・多動性障害)が発覚した息子・リュウ太と著者、家族たちのドタバタな日々を詰め込んだ“実録”子育てコミックエッセイです。
著者が10年にわたりサイトに投稿し続けていたエッセイコミックを中心に、加筆と描き下ろしを加えて再構成されています。

 

ADHDはひとくくりにできない発達障害で、育児のやり方も家庭ごとに千差万別。
この作品ではほのぼのと心温まる家族の絆から、うっかり不注意と思いついたらその場で試さずにいられない衝動性のおかげでやらかした数々の失敗エピソードまで、笑いや涙を誘うエピソードが満載です!

著者紹介:かなしろにゃんこ。

 

千葉県生まれ。漫画家。
1996年に「なかよし」でデビュー。代表作に「ムーぽん」などがある。
その他の作品に、『漫画家ママのうちの子はADHD』(監修・田中康雄)『発達障害 うちの子、将来どーなるのっ!?』『発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?』(以上、講談社)など。
※著者ブログ「かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記」
http://nyantene.blog112.fc2.com/

■作品概要
『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記 ADHD息子の育て方』(学研スマートライブラリ)
著者:かなしろにゃんこ。
価格:486円(税込)
発行元:学研プラス


■『かなしろにゃんこ。のマンガ絵日記 ADHD息子の育て方』

 

◇Amazon Kindleストア
http://amzn.to/2w4mjtE
◇楽天Kobo電子書籍ストア
http://bit.ly/2hmyX3T
◇Google Play
http://bit.ly/2wkOSm4
◇ビヨンドパブリッシング
http://bit.ly/2hnltF7

 

※本書は、新しく創設した電子書籍レーベル「学研スマートライブラリ」のコンテンツです。

「学研スマートライブラリ」のコンテンツは、ページの写真や文字・図版をスマートフォンの画面に適したレイアウトで構成しています。
※「学研スマートライブラリ」公式サイト
http://ebook.gakken.jp/smartlibrary/


【漫画も充実! バラエティ豊かな既刊タイトル】
『うちのダンナがかわいすぎるっ! FtM(女→男)ダンナちゃん&ヨメちゃんの日常』
『おち日和 おチビちゃんの成長絵日記』
『ジェッ太の旅先オン☆ザ☆ライス』
『でこぼこ兄妹日記』
『どみなんと ガールズバンド4コマ漫画』track01~04
『僕の! 中国ローカル生活』
『夜明けのタクシードライバー』1~3巻

子育て中のママ・パパ、ご自身や家族が発達障害かも…?と気になっている方。

はたまた気軽にファミリーコミックを楽しみたい方も。

 

笑って泣いて、“かなしろ家”の温かさに触れてみませんか?

一人で思い悩んでいた心が軽くなりそうな予感です。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載