スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   もう読んだ? (ベストセラー編)   >   『しろくまちゃんのほっとけーき』…ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ

もう読んだ? (ベストセラー編)

『しろくまちゃんのほっとけーき』…ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ

好奇心と食べる喜びの詰まった絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』

子どもの頃に読んだ「おいしそうな絵本」は、どれも大好きなものばかり。
でも、中身を見なくても、言葉だけでツバが出てきちゃいそうになるほど脳内に浸透している絵本っていうのは、そう多くはありません。

 

「…ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ」

 

これ、なんの音だったか覚えていますか?

 

「しゅっ ぺたん ふくふく くんくん ぽいっ…はいできあがり」

 

ほっとけーきが焼けていく音です。
こむぎこ、たまご、ふくらしこを使って焼いたほっとけーき。

そうして絵本を開けば、すぐに思い出します。
ああ、このほっとけーきが食べたかったんだ!って。

 

子どもたちって、どうしてこんなに「ほっとけーき」が好きなんでしょう。その理由を、シンプルな言葉、色、かたち、すべてを使って詰め込んでくれているのがこの絵本、『しろくまちゃんのほっとけーき』なのです。

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき

まあるくて、大きくて、ふわっふわのほっとけーき。
焼きたてほかほかのほっとけーき。
おともだちと一緒に食べるほっとけーき。

子どもたちはほっとけーきが大好きです。
もちろん「おいしいから」。
でも、こんなにみんなが大好きなのは、それだけじゃないのでしょうね。

誕生から40年以上も経つロングセラー絵本『しろくまちゃんのほっとけーき』には、大好きな理由がたくさんつまっています。
お手伝いをしながらほっとけーきを作る喜び。
(調理器具を並べるだけでもワクワクしちゃいます)
ほっとけーきが完成していく様子をみる喜び。
(ぽたあん どろどろ ぴちぴちぴち ぷつぷつ…もう音を聞いているだけでツバが出てきちゃいそう)
そして、「おいしい」をおともだちと共有する喜び。
(自分でつくったことをほめてもらったりしてね)

鮮やかな「オレンジ」を基調とした色で描かれた数々の名場面は、子どもたちの心に強烈に印象に残っていき、大人になってもそのワクワクの気持ちが色褪せることはありません。

「子どもがはじめて出会う絵本」「子どもがはじめて出会うおともだち」、そんな絵本をつくりたいと大人たちが真剣に考えながらつくった「こぐまちゃん」シリーズ。その願いの通り、今もずっとこぐまちゃんは子どもたちのおともだちです。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/31/%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%BB%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%91%E3%83%BC%E3%81%8D/

【ママとパパの声より】一緒にホットケーキを焼きたくなる!

子どもと一緒にホットケーキを焼きたくなる
こぐまちゃんシリーズの中で、
やっぱりこれが一番いい!!
娘も息子も大好きな絵本です。

 

ホットケーキを焼く時の
「ぽたあん」「どろどろ」から
「はい できあがり」までの
言葉のリズムが子供たちを引きつけます。
繰り返し読むうちに、
これらの言葉をすっかり暗記した我が子達。
家でホットケーキを焼く時は、
「ぷつぷつになってきたね」
「次は 「しゅ ぺたん」だよ」
と、絵本で覚えた言葉を言います。

 

私がしろくまちゃんとこぐまちゃんの声を使い分けて読み聞かせをするので、
うちのお姉ちゃんも、声を変えながら、弟に読み聞かせてくれたりするんですよ。
(ぴいすさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子3歳)

ほっとけーき、作るのよ。
まず、絵の色使いがポップでかわいい!

 

1歳の時に初めて読みきかせていた頃は、内容よりも絵にひきつけられていたようです。
2歳になり、色んな事がわかるようになってきてから、
「今日はホットケーキ作ろうか!?」
と言うと、この本を持ってきて
「わたし、ほっとけーきつくるのよ」
と本と一緒にお手伝いしてくれます。

 

絵本と同じように、登場人物と同じように自分も出来る!
という感覚が、子どもにしてはとても楽しい事なのでしょうね。

 

読んでも楽しい、一緒にほっとけーき作っても楽しい一冊です。
(ニッタッチさん 30代・ママ 2歳、0歳)

「こぐまちゃんグッズ」もずっと大人気!

「こぐまちゃんこけし」もあるんです♪

卯三郎こけし こぐまちゃんこけし(2体セット)

360度、どこから見てもかわいいこぐまちゃんとしろくまちゃん。こぐまちゃんならではの耳のアシンメトリー(左右の耳の大きさが違うんですよ)もしっかり再現しています。それもそのはず。こぐまちゃんって、実はこけしがモチーフだったんです!
木の温もりあふれる手づくりの味わいと、ころんとしたシルエットがなんともキュート!色合いも、絵本のイメージそのままに、優しい雰囲気を醸し出しています。職人さんが、ひとつひとつ丁寧に手作りしている熱が伝わってきますよね。

360度、どこから見てもかわいいこぐまちゃんとしろくまちゃん。こぐまちゃんならではの耳のアシンメトリー(左右の耳の大きさが違うんですよ)もしっかり再現しています。それもそのはず。こぐまちゃんって、実はこけしがモチーフだったんです!
木の温もりあふれる手づくりの味わいと、ころんとしたシルエットがなんともキュート!色合いも、絵本のイメージそのままに、優しい雰囲気を醸し出しています。職人さんが、ひとつひとつ丁寧に手作りしている熱が伝わってきますよね。

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=11

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載