スタイルトップ  >  あかちゃん・こそだて   >   もう読んだ? (ベストセラー編)   >   【クリスマス】3冊揃うと見えてくる物語。刺繍が愛らしい『クリスマス・イブのおはなし 3冊セット』
もう読んだ? (ベストセラー編)

【クリスマス】3冊揃うと見えてくる物語。刺繍が愛らしい『クリスマス・イブのおはなし 3冊セット』

手のひらサイズでクリスマスカラーの絵本が3冊。表紙の、小さくて可愛らしいイラストをよく見ると…なんと全部刺繍で描かれている!この、素朴だけど一度見たら目が離せなくなる絵本セット、毎年クリスマスシーズンには欠かせない人気のロングセラー絵本なのです。

 

人気の秘密は「刺繍の絵」、だけではないんです。実は3冊で一つの物語が出来上がっているんです。どういうことかと言うと…

クリスマス・イブに人の心が少しずつ触れ合うことで生まれる物語

あっちゃんとゆびにんぎょう クリスマス・イブのおはなし1
あっちゃんとゆびにんぎょう クリスマス・イブのおはなし1

クリスマス・イブの日のお話です。
小さな女の子、あっちゃんがサンタさんやトナカイさんの指人形をつくっていると、お母さんからクリスマス・ケーキを買ってくるように言われます。

あっちゃんがケーキ屋さんに行くと、お客さんでいっぱい。小さなあっちゃんは、なかなか気づいてもらえなくて、とうとうケーキが売り切れてしまいます。泣き出してしまったあっちゃんを見て、ケーキ屋さんが言います。
「ちょっと まっててね」
奥から持ってきてくれたのは、ひと際大きなクリスマスケーキ!
「とくべつせいの ケーキだよ。おじょうちゃんには これを あげようね」
あっちゃんは嬉しくて、嬉しくて、いいことを思いつきます。それはね…。

とっても素敵なクリスマスの夜を迎えることができたあっちゃん。サンタさんもちゃんと来てくれたのかな?

女の子とケーキ屋さん、そしてサンタさん。クリスマス・イブにそれぞれの心が少しずつ触れ合うことで生まれる物語を、刺繍という表現で素朴に、そして愛らしく描いた小さなクリスマス絵本です。特筆すべきは、この絵本が実は3冊で一つの物語が出来上がっているということ。それぞれの視点から味わえる3冊、『100こめのクリスマスケーキ』『サンタさんのいちにち』と合わせて読んでみてくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/1505/%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%A8%E3%82%86%E3%81%B3%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%8E%E3%82%87%E3%81%86/
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2
100こめのクリスマス・ケーキ クリスマス・イブのおはなし2

クリスマス・イブの日のお話です。
いつもより、もっと早起きなのはケーキ屋さん。

「さあ、はじめるぞ!」
もちろん、今日は大事な日。なにしろケーキを100個作らなければなりません。クリームをぬって、いちごをのせて…99個が出来上がります。それから最後の一つは特別に大きなケーキ。毎年ねこのクロと一緒にクリスマス・ケーキを食べるのを楽しみにしているのです。

お店は大盛況。たくさんのお客様に次々とケーキが売れていきます。
「ありがとうございました」
99個のケーキが全部売れた時、ケーキ屋さんは小さな女の子に気がつきます。その子はケーキが買えなかったのです。泣き出してしまった女の子にケーキ屋さんはいいことを思いつきます。それはね…。

とっても素敵なクリスマスの夜を迎えたケーキ屋さんとクロ。あの女の子も楽しいクリスマスを迎えているのかな?

女の子とケーキ屋さん、そしてサンタさん。クリスマス・イブにそれぞれの心がどこかで少しずつ触れ合うことで生まれる物語を、刺繍という表現で素朴に、そして愛らしく描いた小さなクリスマス絵本です。(99個のクリスマスケーキが並ぶ場面は圧巻!)特筆すべきは、この絵本が実は3冊で一つの物語が出来上がっているということ。それぞれの視点から味わえる3冊、『あっちゃんとゆびにんぎょう』『サンタさんのいちにち』と合わせて読んでみてくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/1504/100%E3%81%93%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD/
サンタさんのいちにち クリスマス・イブのおはなし3
サンタさんのいちにち クリスマス・イブのおはなし3

クリスマス・イブの日のお話です。
この日の朝、一年ぶりに目を覚ましたのはサンタさんとトナカイ。

「たっくんの うちから えりちゃんの うちへいって、それから ちあきちゃんの うちへ いくと、ちかみちですよ」
ふたりは朝ごはんを食べながら、プレゼントを届ける子どもたちのうちを調べたり、子どもたちから送られた手紙を読んだり。さらに、サンタさんはプレゼントをつつみます。
「なかみを まちがえないでくださいね」
トナカイは物知りな上にしっかり者です。

プレゼントをぎっしりそりに積んで、さあ出発です! みんなの家をまわって、えんとつから家の中に入り、眠っている子どもにプレゼントを配っていきます。まだ起きている子は後回しです。あと少し、がんばってサンタさん。一番最後に残ったのは、あっちゃんへのプレゼントのくま。最後はふたりでお部屋まで届けに行くと、そこには…?

たくさん働いた後、とっても素敵なクリスマスの夜を迎えたサンタさんとトナカイ。あっちゃん、プレゼントをありがとう!

サンタさんと女の子、そしてケーキ屋さん。クリスマス・イブにそれぞれの心がどこかで少しずつ触れ合うことで生まれる物語を、刺繍という表現で素朴に、そして愛らしく描いた小さなクリスマス絵本です。(サンタさんとトナカイが夜の空へ出発するシーンはとても美しい!)特筆すべきは、この絵本が実は3冊で一つの物語が出来上がっているということ。それぞれの視点から味わえる3冊、『あっちゃんとゆびにんぎょう』『100こめのクリスマスケーキ』と合わせて読んでみてくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/1576/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%AB%E3%81%A1/

3冊一緒に味わいたい『クリスマス・イブのおはなし 3冊セット』

クリスマス・イブのおはなし 3冊セット
クリスマス・イブのおはなし 3冊セット

クリスマス・イブの日のお話です。
おかあさんに頼まれてクリスマス・ケーキを買いにいく小さな女の子あっちゃん。いつもより早起きをして99個のクリスマス・ケーキと1個の特別なケーキを作りはじめるケーキ屋さんとねこのクロ。この日、一年ぶりに目を覚まして、みんなの家にプレゼントを届けるサンタさんとトナカイ。

女の子とケーキ屋さん、そしてサンタさん。クリスマス・イブにそれぞれ3人の心が少しずつ触れ合うことで生まれる物語を、刺繍という表現で素朴に、そして愛らしく描いた小さなクリスマス絵本3冊セットです。特筆すべきは、この絵本が実は3冊で一つの物語が出来上がっているということ。それぞれの視点、それぞれの立場から見えてくるクリスマス・イブの一日。それをじんわり味わえるのがこの3冊『100こめのクリスマスケーキ』『サンタさんのいちにち』。読みくらべながらクリスマスの夜を楽しんでくださいね。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/3267/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%973%E5%86%8A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/

こちらが絵本が3冊入る素敵な化粧箱。

絶対3冊セットの購入がオススメです!

クリスマスのギフトにもぴったりですね♪

 

https://www.ehonnavi.net/ehon/3267/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%973%E5%86%8A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/

表紙も、3冊並べて飾りたくなるデザインです。

どのお話から読んでも楽しめますよ♪

https://www.ehonnavi.net/ehon/3267/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%973%E5%86%8A%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88/

手のひらサイズの小さい絵本なのも、コレクションしたくなるポイントです。

【ママとパパの声より】ぜひセットで!

ぜひセットで!

この絵本はバラでも購入できるようですが、もう絶対3冊セットで楽しむべきです。
おはなしがつながっていることが分かった娘の喜びようったら!
ケーキ屋さんであっちゃんがお客さんの間に埋もれてるページと、あっちゃんおおうちの窓をサンタさんが覗いているページで、必ず「ほらここ!つながってるんだよ!」と自慢げに言います。
刺繍で描かれた絵が落ち着いた雰囲気で大人も楽しめますし、小さいサイズが気に入ったのか、1歳の下の子もずーっと持ち歩いていました。
(オパーサンさん 30代・ママ女の子4歳、女の子1歳)

娘のお気に入り。
クリスマスイブのお話が、あっちゃん、ケーキ屋さん、サンタさんと3人の目線でそれぞれ書かれています。
イラストが刺繍で丁寧に作られているところも惹かれますが、やっぱりお話が素敵。
娘はこの絵本を読んで指人形作りを楽しむようになり、クリスマスにはあっちゃんと同じくまの人形をリクエストしてきました。
クリスマスケーキを一緒に作ったことが印象に残っていたこともあり、ケーキ屋さんがケーキを作る場面で私も作ったよね。とアピールしたり、ケーキを売るところではいらっしゃいませとお店屋さんごっこが始まります。
サンタさんがあっちゃんの家をのぞくシーンはサンタさんとあっちゃんの本両方にでてくるので、必ず照らし合わせてみるとか、遊び所満載ですね。
クリスマスが終わっても何度も何度も読まされています。
クリスマスのいい思い出に一役かってくれることでしょう。
(かちゃみさん 30代・ママ女の子4歳、女の子0歳)

合わせておすすめ! 長尾玲子さんのクリスマス絵本

サンタさんありがとう

「一緒に遊べるくまさんがほしい」男の子からの手紙を読んで、サンタさんはぬいぐるみのくまさんに言葉を教えます……。美しい刺しゅうで描かれた、心温まる絵本です。

サンタさんとこいぬ
サンタさんとこいぬ

となかいが熱を出して、一人でプレゼント配りに出発したサンタさんは、森で、寒さに震えている子犬に出会います。さあ、今年は、サンタさんと子犬とでプレゼントを配ります!

https://www.ehonnavi.net/feat/xmas

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載