スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   七夕(たなばた)の由来を子どもに聞かれたら? 七夕絵本おすすめ10冊

七夕(たなばた)の由来を子どもに聞かれたら? 七夕絵本おすすめ10冊

7月7日は七夕の日。大きな笹に飾りをいっぱいつけて、願い事を書いた短冊をつけて。夜は空に天の川を探して。一年を通しても楽しい行事の1つです。

 

そして織姫と彦星の切ないお話も。
・・・あれ、ちゃんと子どもに説明できるか自信がなくなってきた?

 

そんな時こそ活躍するのが絵本です。
「由来」の物語から、七夕にまつわるお話まで、
おすすめの「たなばた絵本」を10冊選んでみました!

由来について、よくわかる絵本

たなばたものがたり

織姫と牛飼いは出会ったとたん恋に落ち、自分の仕事を怠るようになり・・・。
織姫と彦星の物語が子どもたちにもとっても分かりやすく描かれています。
その他、七夕の行事やその由来についても教えてくれます。
一度は読んでおきたい一冊です。

たなばた

七夕の織姫と彦星のおはなしを、初山滋の美しく神秘的な絵で。一見大人っぽい絵に見えますが、七夕の物語の幻想的な雰囲気が小さな子にも伝わってくるはずです。
かなしい愛の物語、二人の心情までも描き表されています。

行事についてもよくわかる

たなばたまつり

もうすぐ七夕。町の皆は広場の笹に願いごとを書いた短冊を飾りました。
「たなばたまつり」の夜、短冊を離れた願いの言葉たちは空へと上っていって・・・。
「たなばたまつり」の様子や内容がよくわかる、美しくて心あたたまるお話です。

たなばたウキウキねがいごとの日!

一緒に遊ぶお友達がいない、たぬきのポコくん。
たなばたの日 ポコくんは、あるお願いをたんざくにかきます。
でも、たんざくは かぜにとばされ ひらひらひら~とどいたさきは・・・?

楽しいお話はもちろん、おりひめとひこぼしの伝説や、
親子で楽しめる料理のレシピまで、たなばたにまつわる色んなことがわかり、
たなばたの夜が存分に楽しめる一冊です。

 願いごとがかないますように・・・

ひ・み・つ

ゆうきは大好きなおばあちゃんの誕生日に向けて手紙を書きます。
「プレゼントにいちばんほしいものはなんですか。」
ゆうきの笑顔以外は何もいらないと言ったおばあちゃんは、ゆうきに大切な秘密を教えてくれたのです。その願いをかなえるためにゆうきは走り出し・・・。
七夕にぴったり、「生きていく元気がどーんとわく」絵本です。

おこだでませんように

「ぼくは、いつでもおこられる。家でも学校でも・・・。休み時間に、友だちがなかまはずれにするからなぐったら、先生にしかられた」いつも誤解されて損ばかりしている少年が、七夕さまの短冊に書いた願いごとは・・・? 
切実でまっすぐなお願いごとに心が打たれます。

きつねのたなばたさま

こぎつねはいなくなったお母さんを待ち続けています。ある日、人間の子が七夕の飾りに願い事を書いて叶った様子を見て自分も願いをかけます。ところがこぎつねは字が書けません・・・。

七夕のお話に親子の絆、自立を重ねて描かれたちょっぴり切なくも温かい物語です。

やっぱり楽しまなくっちゃね!

たなばたバス

バスくんとねずみくんは星空で大活躍。おりひめさまの願いを叶えるために、力を合わせて奮闘します。おなじみのバスくんのだじゃれも満載です。また、子どもたちが参加できる遊びがたくさん!カウントダウンをしたり、腕をぐるぐるまわしたり、よいしょよいしょとすいかを引っ張りあげたりと、聞くだけでなく全身を使って楽しめる絵本になっています。
ロマンチックな七夕伝説とは一味違った、楽しい七夕もいいですよね!

たなばたセブン

たなばたの由来とされる「おりひめとひこぼし」のお話が、なぞの新ヒーロー「たなばたセブン」を通して、伝えられます。たなばたの夜の空が晴れるようにと、てるてるぼうずを作る「たなばたセブン」を見て、子どもたちもてるてるぼうず作りに参加。みんなの願いはかなうでしょうか?
子どもたちに「願いごと」というのは「欲しいもの」ではない、ということを子どもたちに
伝えなくては!という、作者の思いから生まれたお話なのだそうです。

たなばたプールびらき

ピーマン村の七夕の展開はやっぱり予測不能!?子ども達の願いは天の川で泳ぐこと。
なんとデート中の織姫と彦星が招待してくれて天の川でプールびらきです!
園長先生も一緒に入念な準備体操して・・・。なんとも明るい七夕のおはなし。

今年は天の川が見られるかな・・・。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載