スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【おはなし会でおすすめ】言葉の音を楽しむ、盛り上げ上手な絵本

【おはなし会でおすすめ】言葉の音を楽しむ、盛り上げ上手な絵本

 

おはなし会が決まったら、欠かせないのが絵本の選書。楽しくもあり、一苦労でもある作業です。
この記事では、ショップ店長セトグチが実際におはなし会で読んだ絵本の情報を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

おはなし会・読み聞かせの1冊目に!こどもたちの興味をグッと集める絵本に出会いました!

 

おはなし会は、掴みの一冊目がとっても重要。盛り上げてスタートするのか、静かにスタートするのかで、その日のおはなし会の雰囲気が変わります。

いろいろなパターンができるよう修行中ですが、やっぱりセトグチのお得意は盛り上げる方。新たに盛り上げ上手な絵本を見つけたいなーと思っていたところ…出会ってしまいました。

「も」しか言わないのに、楽しくて仕方がない!

ももも

おいしそうなもも、でっかいもも、ちっちゃなもも、ころがるもも、はずむもも、いろんなももがどんどんでてくる!読み方ひとつでももの表情がかわってみえる、読み聞かせにぴったりのゆかいな絵本。

「すこやかあかちゃんえほん」シリーズのこの絵本。赤ちゃんと音のひびきやリズムを楽しむのにぴったりのボードブックなのですが、年齢問わず楽しめる絵本なんです。
登場する絵はたくさんの「もも」と、言葉は「も」のみ。ページをめくれば、おいしそうなももが1つ。次のページをめくれば、2つのももが並んで「もも もも」。どんどんめくると、ちっちゃなももやでっかなもも、転がったりぷかぷか浮いたり、とにかく目まぐるしくいろんなももが出てきます。

 

初めて読んだとき「こりゃ盛り上がるぞ」と直感で思いました。そして実際におはなし会で読んでみると…やっぱり盛り上がったのです。

 

コツは、自分が一番楽しむこと。早口言葉のイメージで、「私の後に続いて、真似して言ってみてね。」と前置きをしてから、思う存分、各ページの「もも」を堪能すればいいんです。

表紙だけでもたくさん遊べるんですよ。例えば高い声で「ももも〜!」と言ってみたり、太くで低い声で「もーもーもっ」と言ってみたり。「も」しか言わないのに、読み方を変えるだけでどんどん展開していきます。

おはなし会での参考情報

セトグチが実施したおはなし会の情報をご紹介します。目安として、ご参考にしてみてくださいね。

 

●読み時間・・・1分~。読み方次第で長くも短くもコントロールすることができます。いざという時の時間調整としても、持っておくと心強い一冊です。

 

●参加者の対象・・・おはなし会では小学校低学年~中学年向けに選びましたが、赤ちゃんはもちろん、年齢の大きいお子さまも楽しめると思います。

 

●プログラムの組み合わせ・・・プログラムの一冊目に読むことが多いです。リフレッシュタイムとして中盤に読んだり、時間調整として締めに読むのもいいかもしれません。

合わせておすすめ!音を楽しむ絵本

ぽぽぽぽぽ

ぽぽぽぽぽ

作・絵:五味 太郎
出版社: 偕成社

瀬戸口あゆみ(絵本ナビショップ店長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部