スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【おはなし会でおすすめ】しかけ絵本で楽しむ『はらぺこあおむし』

【おはなし会でおすすめ】しかけ絵本で楽しむ『はらぺこあおむし』

 

おはなし会が決まったら、欠かせないのが絵本の選書。楽しくもあり、一苦労でもある作業です。
この記事では、ショップ店長セトグチが実際におはなし会で読んだ絵本の情報を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

プログラムに一冊は入れたい、しかけ絵本。初挑戦におすすめの絵本は?

定期的に、同じ場所で開催しているおはなし会。「たまにはいつもと違うことをしたい」と思うこと、ありませんか?
そんな時におすすめなのが、しかけ絵本を使うこと。通常の絵本とはまた違った楽しみ方ができるので、プログラムに一冊入れるだけでメリハリが出ます。

私が初めておはなし会で挑戦したしかけ絵本は、こちら!

カラフルなポップアップに心わくわく♪もっと楽しめる『はらぺこあおむし』

POP-UP BOOK はらぺこあおむし

世界中の子どもたちを魅了している「はらぺこあおむし」をポップアップで表現。ページからあふれるフルーツやお菓子の数々、カラフルで楽しいしかけを堪能できます。
 

ロングセラー絵本『はらぺこあおむし』の鮮やかな世界が、見事なポップアップになったこの絵本。子ども達は「いつも読んでいる絵本とは違う!」と新鮮さにわくわく。特に、飛び出してくるフルーツやぺろぺろキャンディーには一段と目が輝きます。読み手自身も、よく知っている絵本なら初挑戦でも何だか安心感がありますよね。

盛り上がるしかけ絵本、読むときは少し注意!

ただ一つ、しかけ絵本は盛り上がりすぎてしまうことがあるのでご注意です。セトグチの失敗談ですが、「触りたい!」「めくりたい!」子が殺到して、収集がつかなくなってしまったことがありました。参加人数や場所等で、臨機応変に選んでみてくださいね。

プラスアルファでおすすめ!

『はらぺこあおむし』の歌を取り入れて読むこともおすすめです。(作詞:原作 エリック・カール、作曲:新沢としひこ)
以前『はらぺこあおむし』の歌がお好きなお子さんが集まる会で「歌ver.で読んでほしい!」とリクエストがあり、ウクレレの弾き語り(※)で実践してみました。全ページ歌うとなるとある程度の時間が必要になってしまうので、歌ったのはあおむしが食べ物を食べるシーンのみです。みんなで歌うとミニ劇場のような雰囲気になり、楽しかったですよ♪
※ウクレレは自分が歌いやすいように、雰囲気に合うコードで弾きました。非公式のため紹介ができないのですが、ご了承ください。

おはなし会での参考情報

セトグチが実施したおはなし会の情報をご紹介します。目安として、ご参考にしてみてくださいね。
 

  • 読み時間・・・3分~。歌う場合はもう少し時間がかかるので、事前に計ってみてくださいね。判が大きめなので、しかけの見せ方やめくる練習も必要です。2人組になって、本を見せる人と読む人で担当分けするものおすすめです。

 

  • 参加者の対象・・・おはなし会では3歳~5歳向けに選びましたが、赤ちゃんも楽しめると思います。

 

  • プログラムの組み合わせ・・・プログラムの中盤に読むことが多いです。長めのおはなしが続いた後に、リフレッシュタイムとして選びました。おはなし会が前半と後半に分かれている場合は、前半のラスト、または後半の一冊目でもいいかもしれないですね。

瀬戸口あゆみ(絵本ナビショップ店長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部