絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   春にみんなで読みたい絵本「ドーナツやさんのおてつだい」の魅力とは?

春にみんなで読みたい絵本「ドーナツやさんのおてつだい」の魅力とは?

春に読みたいドーナツ好きなら必見の絵本

桜の開花とともに春の訪れを感じるこの季節。

季節の風を楽しみながらみんなで読みたい絵本が「ドーナツやさんのおてつだい」です。

 

ドーナツやさんのポルカさんと「おてつだいたい」の子どもたちが一緒にたくさんのドーナツを作る物語。お話に登場する100個のドーナツが実際のイラストにも描かれているなど、細かな部分まで丁寧に作り込まれた作品です。

春にぴったり!幸せ気分になれるドーナツの絵本

ドーナツやさんのおてつだい

小さな町にある、青くて丸い看板のあるお店、それがポルカさんのドーナツ屋さん。
ポルカさんは、毎日、それはそれは美味しそうなドーナツを作ります。

材料を計って、こねこねまぜ合わせ、生地をのばして、型を抜き。
するっと油の中におとしていくと、ぷくっと、ふわっと丸い輪がふくらんで…。
手際の良さと、揚げたてのいい香りに、子どもたちも読者もうっとりです。

さて、最後の仕上げは、お手伝い隊の子どもたちが大活躍。
シャカシャカとお砂糖をまぶして…完成です! 

みんなでお礼のドーナツを食べていると、不思議な手紙が届きます。
「おいしくて きれいな ドーナツ 100こ、
 あした あなもりやまの てっぺんに もってくること!」
なんだか浮かない顔をしたポルカさん。どうやら春になる前に、毎年届くのだけれど、誰だかわからないのだと言います。子どもたちも不安な顔になります。だって、あなもりやまと言ったら、怪物がいるっていう噂があるんですから…!? ポルカさんと子どもたちは、この不思議な手紙の差し出し人に100個のドーナツを届けることができるのでしょうか?

全国の幼稚園や保育園の子どもたちに、プレゼントする企画として制作されたこの絵本。みんなでドーナツ作りのお手伝いをしている様子をみているうちに、一緒に参加したくなってきちゃうはず。お手伝いをした後のおやつがとっても美味しそうですものね!

最後は、ポルカさんと子どもたちの素敵なアイデアのおかげで、お腹も心も「まんぷく」。みんなでにこにこ美味しく食べることって、春の訪れを感じることと似ているのかもしれませんね。幸せな気持ちになれる1冊です。

ドーナツ大好きな娘と

ポルカさんのドーナツ作りが擬音語を使ってよく表現されています。
子どもたちと砂糖をまぶしたり、チョコで絵を描いたりとても楽しそうです。
小さな頃母によくドーナツを作ってもらっていたことを思い出しました。


もうすぐ3歳の娘は、最近お料理に興味津々でカウンター越しに私が料理する様子を見ていたり、お手伝いをしてくれたりします。
ドーナツはまだ使ったことがなかったので、一緒に作ってみたいなと思いました。

 

みんなで作った100個のドーナツ1つ1つに素敵な絵が描かれていて可愛かったです。
満開の花と春の訪れがとっても素敵で、手作りドーナツ持ってお花見したくなりました。

(ピーホーさん 30代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

イラストもキュートで、文章表現も学べました!

イラストがとってもキュートな絵本です。
1ページ目の家々が描かれている街の様子、なんて可愛らしい家なのでしょう!と1ページ目からわくわくしてしまいました。

前半はドーナツを作る様子が擬音語を使ってよく表現されていました。


小学校の授業で日記を書く練習をしている小学1年生の我が家の娘には、絵本の文章から表現の仕方を学ぶことも多いです。親が言うより、絵本から楽しみながら学んでいく方がよほど効果がある気がします。絵本の力ってすごいです。

 

中盤からドーナツやさんのお手伝いをする子供たちが登場するのですが、エプロンもそれぞれ模様が違って描かれていて凝っているな~と思いました。
髪型もそれぞれでメガネの子もいたり、目の色も違ったり。
我が家の娘は、こういう所もしっかり見るタイプで、そして気に入ると自分のお絵描きに取り入れたりするので、この絵本のイラストのキュートさには釘付けでした。

 

また、娘もクッキングのお手伝いが大好きなので、ドーナツやさんのお手伝いを楽しんでする子供たちにもとても共感を覚えたようです。

終盤は「かいぶつ」が登場するちょっとドキドキした場面もありで面白かったようです。こういう展開は絵本の醍醐味ですね!
最後は親子でとてもぽかぽかな気分になりました。

 

寒い日が続き春を待ちわびていたので、桜やチューリップが咲き誇る風景に笑顔になってしまいました!(笑)
春を待ちわびる季節にもぴったりですね、もちろん春にも。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子7歳)

ドーナツ100こで春が来た

とってもわくわくするお話でした。私も、この本に出てくる子どもたちになったような気分でした。
みんなでワイワイしながらドーナツを作り、出来上がった揚げたてのドーナツを一緒に食べる。なんて楽しそうなんだろう。カラフルでかわいらしい絵も、とっても素敵でした。


毎年春になる前に届く「ドーナツ100個届けて!」の手紙の犯人のかわいさにもほっこりしました。こんなに愛嬌のあるかいぶつだったなんて!
そんなかわいいかいぶつと一緒にみんなでお山の上で食べるドーナツは、格別だったことでしょう。
満開の花々に、みんなが嬉しそうにしてる姿を見て、とっても春が待ち遠しくなりました。
(てつじんこさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

「ドーナツやさんのおてつだい」のドーナツが生地になりました

かわいらしいイラストが目を引く「ドーナツやさんのおてつだい」。

実は、この作品に登場する100個のドーナツのイラストがソーイング生地になって発売中なんです!

サンプルをいただいた絵本ナビスタッフが、この春小学校へ入学する女の子にぴったりなスクールバッグや体操着入れなどの袋を作ってみましたよ!

おいしそうなドーナツがソーイング生地に!

「足りない部分は色味の合う生地を足して作りました!」とのこと。

ヨシエさんのキュートなイラストは、甘いものとオシャレが大好きな女の子にぴったり!もちろん、大人向けの小物類を作ってもかわいいですよね。

こちらの生地は、株式会社コッカで制作、販売されています。手芸好きの方、新入学のお子さんに作るバッグの布地を探している方は是非チェックしてみてくださいね!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください