絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本トレンドライターN田N昌の “大人だってもっと絵本読みたいの!”   >   散髪すると運気が上がる!? 親子で楽しめるナンセンス系散髪絵本
絵本トレンドライターN田N昌の “大人だってもっと絵本読みたいの!”

散髪すると運気が上がる!? 親子で楽しめるナンセンス系散髪絵本

子どもだけが読むなんてもったいない。大人も楽しい絵本の世界を、絵本トレンドライター・N田N昌さんが、独自の視点と「ゴイスー」な語り口でご紹介! 
最近話題の新しい絵本、注目の作家さん、気になる絵本関連スポットなど、絵本のトレンド情報を大人に向けてお届けします。

散髪前に、盛り上がる絵本!

梅雨を前に、コロナストレス解消・気分転換にも、髪を切ってさっぱりしたいママ・パパや、夏を前に気分一新、バッサリ髪を切ってイメチェンしようかなんて思われている方も、少なくないのでは……。

そこで、美容室や床屋さんへ行こうかなと思われている大人に向けて、また、そろそろ髪を切らなきゃというお子様たちに向けても、親子で楽しめる!ナンセンス系散髪絵本をご紹介させて頂きます。

話が脱線しますが、「夢占い」において髪は「自分自身」を意味しているのだそうでございます。自分で自分の髪を切る夢の場合は「清算」を意味しているらしく、現状を解消したい、過去の未練を断ち切りたい、そんなことを暗示しているとか。(あくまで占いです)

また、運気が良いときには髪を切らない方がいい、運気を上げたいときには切った方が良い、なんて説もあるようでございます。

 

さて、まずは、シリーズにもなっております大人気散髪絵本『バルバルさん』でございます。

バルバルさん、シリーズ第1作目!

バルバルさん

バルバルさんは床屋さん。今日は、ちょっとおかしなことばかりおこります。ライオンが髪を切りにきたり、ワニがきて、髪を生やしたいといったり、ヒツジが、プードル犬のようにカットしてほしいときたり。

こちらは、シリーズ1作目でございます。バルバルさんが営む散髪屋さんに、いろんな動物が髪を切りにくるおはなしでございます。何しろバルバルさんの雰囲気、キャラクターがゴイスーに素敵なのでございます。どんなキャラクターかというと、……。飄々としているというか、のんびりしているというか、そのビジュアルも含めて不思議で説明が難しいキャラクターなのでございます。

ロングセラーの理由は、その辺にもあるのではないかと。

ちなみに、この『バルバルさん』は、今や大人気絵本作家の西村敏雄さまのデビュー作なのでございます。2003年に福音館の月刊絵本「こどものとも 」として出版されました。2008年にハードカバー化され、ロングセラーとなっている絵本でございます。ママパパの中には、子どもの頃に「これ読んでた!」という方、いらっしゃるかもでございます。ちなみに、シリーズ全作、文は乾栄里子さまが担当されておりますが、このお二人はご夫婦でございます。ちなみに、おはなしの最後に、お店の看板が登場いたしますが、その看板に記された「どうぶつの」という文字は、お二人のお子さんの字なんだとか。

そして、シリーズ2作目がこちら。先日ハードカバーで出版されたばかりの『バルバルさん きょうはこどもデー』でございます。こちらも福音館の月刊絵本「こどものとも」で2017年に掲載された作品でございます。今度のお客さんは、人間や動物の子どもたちでございます。

シリーズ第2弾。今回お店にやってきたのは……?

バルバルさん きょうは こどもデー

大人気『バルバルさん』の第2弾! 床屋のバルバルさんのところに人間や動物の子どもたちがやってくるお話です。男の子とロバをおそろいの髪型にしてくれたり、5匹の子羊たちそれぞれにピッタリのカットをしてくれたり…… 。バルバルさんは、いつでも誰がきても丁寧に対応してくれます。正体不明の動物までやってきますが、きれいにさっぱりカットしてもらうと……、さて誰だったのでしょうね。

そして、先日、シリーズ3作目が、月刊絵本「こどものとも」で掲載されました(2021年4月号)。今回はお客さんではなく、お店の手伝いをしにきた(?)おさるさんが大活躍するおはなしでございます。なんと、バルバルさんが髪を切るのではなく、切ってもらう立場に? ハードカバー化されるのが待ち切れない方は、是非、「こどものとも 」でお楽しみくださいませ。

そして、できれば3作を続けて読んで頂きたいのでございます。読んで頂けると、3つのおはなしが繋がっているのが体感して頂けること、間違いナッシングでございます。シリーズ絵本ならではのお楽しみでございます。

バルバルさんと おさるさん

 

作:乾 栄里子
絵:西村 敏雄
出版社: 福音館書店

ここは、野菜専門の散髪屋さん!

ちょきちょきブロッコリーさん

かみがたを変えたいなすびくんは、ブロッコリーさんのところへ行きました。ブロッコリーさんはとこやさん。かみのことなら、なんでもひきうけてくれるのです。
お店にはいると、すでにお客さんが待っていました。一番最初は、とうもろこしくん。「かっこいいかみがたをおねがいします」と言うと、ブロッコリーさんはもしゃもしゃの頭の中からドライヤーを取りだし、とうもろこしくんのかみを、くりりんあたまに仕上げました。
つぎは、いろじろはくさいちゃん。「おひめさまみたいにしてちょうだい!」と言うと、ブロッコリーさんはカーラーと金のえのぐを取りだし、きらきらまぶしいおひめさまみたいなかみがたに仕上げました。
そして、いよいよなすびくんの番になりました。「ぼくもかみがたをかえたいんです」と言うと、ブロッコリーさんはさっそくなすびくんのかみを切ろうとしましたが、なすびくんのかみがかたくて、全然切れません。そこで……?

こちらは、ポップな絵が魅力的なふくだじゅんこさまの散髪絵本でございます。こちらの店主は野菜のブロッコリーでございます。

ブロッコリーが店主の野菜専門の散髪屋さんでございます。お客さんは、とうもろこし、白菜、大根、りんご、……りんご? そう、りんごも髪を切ります。どういうこと?それは、読んでからのお楽しみでございます。

お客さまとして登場する野菜たちは、みんな漏れなく最高のイメチェンを果たして帰って行きます。髪を切ってイメチェンしようと考えている方にはオススメかもでございます。

いろいろな生き物が髪を切ってくれるとこやさん?!

いきものとこや

いろいろないきものがかみをきってくれます。カニさんがきると、カニヘアー。リスさんがきると、リスヘアー。はげたおじいさんは、ヤマアラシさんにおねがいしました。どんなヘアーになるんでしょ?ユーモア絵本。

こちらの散髪屋さんは、人間がお客様で、動物や昆虫や魚に髪を切ってもらうおはなしでございます。まさにタイトル通りでございます。塚本やすしさんならではの、ゴイスーにブッ飛んだナンセンス絵本でございます。

イメチェンをためらっている方は、背中を押してくれるかもしれない、そんな絵本でございます。特にお子様は、「自分も、こんな髪型にしたぁ〜い!」と楽しんで頂けること間違いナッシングでございます。

ご紹介しきれなかった素敵な散髪絵本はまだまだたくさんございます。

是非、親子で散髪絵本楽しんでくださいませ。

N田N昌

絵本トレンドライター・放送作家・絵本専門士
絵本の最新情報を発信&大人絵本文化、絵本プレゼント文化の普及活動に日々努めております。  

@NtaNmasa

 

(画像は、イラストレーター・作家の網代幸介さんによる著者肖像画)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください