絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   現役学校司書が本でCheer Up! 中学生に読んでほしいオススメ本   >   中学生の朝読書、すきま読書におすすめの本8選
現役学校司書が本でCheer Up! 中学生に読んでほしいオススメ本

中学生の朝読書、すきま読書におすすめの本8選

朝読書、すきま読書を楽しもう♪

みなさんこんにちは! 学校司書の山下ちどりです。夏があっという間に終わってすっかり秋の気配!2学期の生活には慣れてきましたか?

まずは、前回の連載「中学生の2学期をごきげんに迎える本7選」のクイズの答えからお知らせしますね。

<クイズの答え>
前回の連載では、スペシャルコンテンツの音声配信でクイズを出しました。
クイズは『ざんねんな名言集』の100pで紹介されている、
「結婚式に出かける際、友人にどこに行くのかと尋ねられ『地獄だよ、たぶん』と答えた著名人は誰でしょう?」でした。
正解は第16代アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンでした。リンカーンは「アメリカで最も偉大な大統領」に何度も選ばれているそうです。なんだか意外ですね。

さて、今月の本題です。みなさんの学校に「朝読書」の時間はありますか? 朝礼、または1時間目が始まる前にクラスみんなで読書をする、あの時間です。10分程度の短い時間ですが、ちりも積もればなんとやらで合わせて毎週1時間近くの読書時間になります。朝読書は貴重な読書時間を確保できる一方、周りがうるさくて集中できないとか、読み始めてノッてきたところで終わっちゃう! というお悩みもよく耳にします。
そこで、今回は「朝読書、すきま時間におすすめの本」を選びました。寝起きの頭をすっきりさせてくれる本、1つのお話が短い本、文章の魅力にについ引き込まれてしまう本など、さまざまです。1冊でもお気に入りが見つかったら嬉しいです!
 

朝読書でマンガが読めればいいのに! と思っているあなたに

『人生と勉強に効く 学べるマンガ100冊』

人生と勉強に効く 学べるマンガ100冊

出版社からの内容紹介

学校よりも塾よりも教科書よりも楽しい、最強の学び本!
灘高東大卒の最注目マンガ編集者、マンガ家の里中満智子さんほか
「マンガ」と「学び」の達人たちによるセレクト&解説つき。
「あさきゆめみし」から「キングダム」まで。
知恵と知識が身につくマンガを厳選、100作品を徹底紹介。
お受験ママパパも必読。ビジネスパーソンの学び直しにも最適。

この本には人生の様々なことに役立つマンガがなんと100冊! 紹介されています。残念ながらマンガではないけれど、マンガの世界にどっぷり浸かれますよ。
目次を見ると、1時間目からなんと11時間目まで(!)11のテーマについておすすめのマンガが載っています。
例えば1時間目「文学」では『あさきゆめみし』(平安時代の最高傑作『源氏物語』のストーリーがわかります)や明治の文豪を描いたコミックエッセイ『よちよち文藝部』などが、3時間目の「芸術」は、競技カルタの世界を紹介した『ちはやふる』やクラシック音楽の世界を描いた『のだめカンタービレ』、大人気の『ヒカルの碁』といったマンガが紹介されています。
目次は時間割の形で作られていますが、「職業」「戦争」「科学・学習」「スポーツ」「多様性」など学校の科目にないテーマも載っていて、幅広いジャンルのマンガを知ることができます。
この本の「はじめに」には、「実際、マンガを読めば、受験勉強から人生や世の中のことまで、あらゆることが学べます」と書かれています。私も同感です。日本のマンガは、世界に誇る最高レベルの芸術ジャンルの1つといってもいいでしょう! 朝読書ではマンガ禁止となっている学校が多いと思いますが、この本を読んで、チェックしたいマンガをピックアップしてみませんか?

長い物語は、朝読書や、すきま時間では集中できないと思うあなたに

『花を見るように君を見る』

花を見るように君を見る

出版社からの内容紹介

本書は「詩人の代表作は読者が決めるもの」という著者の理念から、ブログやツイッターなどでよく取り上げられた作品を選んで115編を収録。著者の代表作であり、集大成といえます。子どもが話しているように純粋で、温かい日だまりのような至福の詩と、繊細なタッチの花々の挿し絵が、静かに心に染み入る一冊。

この本は朝読書でも読みやすい、短い詩を集めた韓国の詩集です。「詩とか! 無理!」と思うあなたに、言い換えますね。韓国の人気アイドルグループBTS(防弾少年団)RMやBLACKPINKのジスの愛読書で、人気韓国ドラマの重要シーンで使われた詩集なんです。「読む! 絶対読む!!」と思ったみなさん、ぜひ読んでくださいね。さらに、この詩集には「愛」をテーマにした詩がたくさん掲載されているんです……。憧れのあの人が、こんな風に私のことを思ってくれたら。あの人の声で、こんな詩を読んでもらえたら。妄想するだけで朝から心拍数が爆上がりしそうです。興奮して鼻血を出しがちな人は、ティッシュを片手に持って読み進めることをおすすめします。
 

『歌集 20÷3』

歌集 20÷3

出版社からの内容紹介

「角川全国短歌大賞」(2019年)大賞を受賞した大学生で、歌歴は15年。5歳から15歳まで10年間に詠んだ264首をまとめ、人間として劇的に変化した10年間の成長を短歌を通してたどる画期的歌集。

この本は歌集、つまり五、七、五、七、七の三十一文字で構成されている短歌の本です。読書時間が短くても、朝読書では集中が難しくても、三十一文字ずつなら味わえそう! と思い、この歌集を紹介をします。『歌集 20÷3』って、不思議なタイトルですよね。この本に載っている歌の一部から採られています。
この本は小林理央さんという女の子が、保育園の年長組から中学校3年生までに詠んだ短歌を5テーマ、35首ずつ集めた歌集です。幼い頃の歌には可愛らしさがいっぱい! 朝から心が温かくなるはずです。また中学時代の歌には学校のこと、授業のこと、テストのことなどが多く題材となっています。みなさんの関心事と同じテーマの歌には、等身大の同じ目線で「あるある!」と共感できることでしょう。

私がとても好きな歌を一首紹介しますね。

 

小学校一年生
二がっきは かかりをかえる せきがえも なんだかすごく わくわくどきどき

 

平凡な教室の風景も、ちょっと違って見えてくるかもしれません。

謎解きで頭を活性化したいあなたに

『ハヤカワ・ミステリ文庫 2分間ミステリ』

ハヤカワ・ミステリ文庫 2分間ミステリ

出版社からの内容紹介

銀行強盗を追う保安官が拾ったヒッチハイカーの正体とは?屋根裏部屋で起きた、首吊り自殺の真相は?一攫千金の儲け話の真偽は?制限時間は2分間、きみも名探偵ハレジアン博士の頭脳に挑戦!手がかりはすべて問題文のなかに隠されている。動かぬ証拠を押さえて犯人を追いつめろ。事件を先に解決するのはきみか、博士か?いつでも、どこでも、どこからでも楽しめる、面白くてちょっぴりためになる推理クイズ集。

この本は、小説? それとも謎解きクイズ? 謎解きや推理アニメやミステリー小説が好きな人の、朝読書にピッタリの本です。1つ1つのお話はたった2ページしかないのです。それも、物語というよりは、物語のほんの1場面のようなシーンが2ページ。それぞれのお話の後には、1行の「問題」が。たった2ページの情報で、あなたはその問題を推理して、トリックを暴くのです。それぞれのお話は独立しているので、どこからチャレンジしても構いません(どんなスタイルの本か知るために、最初は1つめにチャレンジすることをおすすめします)。

アメリカの作家による本なので、中には日本人には馴染みの薄いトリックもあります。科学や芸術の知識を前提としたトリックもあります。つまり、この本は推理を楽しむだけでなく、多様なジャンルの雑学を得られるというメリットもあるんです。
続編として『もっと2分間ミステリ』と『まだまだ2分間ミステリ』もありますよ。

『すこしずるいパズル』

すこしずるいパズル

出版社からの内容紹介

ずるい…でも、スッキリ!ゲームクリエイターが作る「すこしずるい」パズルが一冊になりました。イラストとともに楽しめるパズル&クイズ50問を掲載。

水色の表紙に可愛いフォントのタイトル、そしてトマトが中央に逆さになって配置されているこの本。中は可愛らしいイラストとともに全部で111問の「すこしずるい」パズルが載っています。それぞれ何かしら「ひとひねり」があるパズルですが、次のページにはヒントが、それでも分からなければ巻末に追加ヒントが載っています。
問題は「すこしずるい」けれどヒントはとっても「優しい」本です。それぞれのパズルは短いのでちょっとした時間にもチャレンジできますよ! 朝読書でチャレンジすれば、寝起きの脳を活性化できるでしょう。どの問題からでも、取り組むことができます(実は私もハマってしまいました)。

文豪作品にチャレンジしたいあなたに

『新潮文庫 文鳥・夢十夜』

新潮文庫 文鳥・夢十夜

出版社からの内容紹介

人に勧められて飼い始めた可憐な文鳥が家人のちょっとした不注意からあっけなく死んでしまうまでを淡々とした筆致で描き、著者の孤独な心持をにじませた名作『文鳥』、意識の内部に深くわだかまる恐怖・不安・虚無などの感情を正面から凝視し、〈裏切られた期待〉〈人間的意志の無力感〉を無気味な雰囲気を漂わせつつ描き出した『夢十夜』ほか、『思い出す事など』『永日小品』等全7編。

すきま時間だって、いわゆる「文豪」といわれる作家の作品を楽しむことができるんですよ。夏目漱石の「夢十夜」はすべてのお話が「こんな夢を見た。」ではじまる10の短編を集めた作品です。
 

突然ですが、みなさんは「夢」を見ますか? 夢を見る人は、ときどき自分でもびっくりするような内容の夢を見たりしませんか? 夏目漱石の「夢十夜」に登場する夢は、どれもがちょっと不思議で、ちょっと怖い、とっても雰囲気のある作品ばかりです。絵を描くのが好きな人は、気に入った作品をイラストや絵で表現してみるのもいいかもしれません。反対に言葉が難しすぎて、作品がイメージできない、という人は、金井田英津子さんの版画とともに楽しめる平凡社の『夢十夜』を最初に読んでみるのもおすすめです。

今すぐ教室を飛び出してどこかに行きたいあなたへ

『走ル』

河出文庫 走ル

出版社からの内容紹介

なんとなく授業をさぼって国道4号線を北に走り始めただけだった…やがて僕の自転車は、福島を越え、翌日は山形、そして秋田、青森へと走り続ける。彼女、友人、両親には嘘のメールを送りながら、高2の僕の旅はどこまで続く? 21世紀日本版『オン・ザ・ロード』と激賞された、文藝賞作家の話題作。

陸上部の高2男子、本田は、自宅から古びたロードレース(自転車競技)用自転車を発見します。自分の手で蘇ったその自転車に乗って、日頃は電車で通っている八王子-四谷間を自転車に乗って部活の朝練に向かう本田。朝練の中盤で飲み物を買うために自転車に乗り、学校に戻ることなく本田は自転車を走らせていきます。若さというエネルギーが体から爆発してしまいそうな、高校生男子らしいエネルギッシュで、そして爽やかな小説です。
 

本田(と自転車)は走るよ、どこまでも。いったいどこまで、いつまで走るのか、そんなこと本田にだって分からない、それがアオハル。うずうずするエネルギーを、持て余し気味のあなたにおすすめです。
 

とにかく恋バナが読みたい! 朝からキュンキュンしたいあなたに

『恋話ミラクル1ダース』

恋話ミラクル1ダース

出版社からの内容紹介

未良来(ミラクル)中学校をとりまく12本のコイバナ短編集。
クラスメイトの頭に花が咲き始めて、なんだか気になる……(思いの丈フラワーズ)/好きな子を操れるアプリが携帯にダウンロードされたっ!?(爆死確定シークレット)/恋人に、実は「女の子」であることを言い出しそびれて、男の子の姿の着ぐるみで生活していたら……(着ぶくれプリンセス)
悩んだり笑ったり、恋と友情満載の短編集です。

この本を、朝読書におすすめしてよいか、私は相当脳内で葛藤しました。なぜなら、面白すぎて、授業中に続けて読みたくなっちゃったらどうしよう………と思ってしまったからなのです。図書館司書としては、面白い本をみなさんに紹介したい! しかし、学校司書としては、みなさんの学習に支障をきたしてはいけない! ああっ! 何というジレンマ! 長らくの脳内バトルの末、「本の面白さを伝える」気持ちが勝ちました。「閲覧注意」ならぬ「面白すぎ注意」本なので、朝読書の続きは、休み時間か放課後にお楽しみくださいね。


前置きが長くなりました。この本は、奇想天外な設定と、キュンとするような恋の展開が楽しめるお話がなんと12(1ダース)も詰まった本です。私の大注目の作家である、にかいどう青さんの短編集です。「爆死確定シークレット」「神工知能恋AI相談」などタイトルだけでもワクワクします! それぞれのお話がゆるくつながっています。私は1話ごとに少なくとも1回は声を上げて爆笑してしまったので、朝読書中に大爆笑して先生に怒られないことを祈ります……。みなさんと「どれがいちばん刺さった?」と読後話し合いたくなるような本です。

スペシャルコンテンツのお知らせです。

絵本ナビのコラムを見てくださっている方に、前回に引き続き、スペシャルコンテンツがあります。
「学校図書館ラジオ」を配信しているstand.fm で「音声版、ちどりのオススメ!今月のもう1冊」を聴くことができます♪
下のQRコードからのみ、聴くことができる限定配信です。

QRコードを読み取っていただくか、URLをクリックして聴いてみて下さいね♪

おわりに

いかがでしたか? 今回は、朝読書、すきま読書におすすめの本をご紹介しました。
秋風が気持ちよく吹く季節になって、読書の秋も本番です。
中学生のみなさんの秋は、さまざまな行事と定期テストで忙しく「読書どころではない!」という人もいるかもしれません。今回ご紹介した本たちは、忙しいみなさんであっても、読み始めたら止まらなくなるような本ばかりです。

どんな時も本とともにごきげんで豊かな生活を! 私も読書の秋を楽しみます!

山下ちどり
 

現役学校司書。
音声メディアstand.fm「学校図書館ラジオ〜本とともにごきげんな毎日」のパーソナリティ。
比較的新刊のお気に入り本や、学校図書館、出版周辺のトピックスなどを配信している。Twitter @nagisalib

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください