絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2022   >   『MOE 2022年5月号』発売中!表紙&巻頭大特集は、「見たことがない!! ユニークな展覧会へようこそ ヨシタケシンスケ」
絵本ナビニュース2022

『MOE 2022年5月号』発売中!表紙&巻頭大特集は、「見たことがない!! ユニークな展覧会へようこそ ヨシタケシンスケ」

MOE5月号 表紙&巻頭大特集は、「見たことがない!! ユニークな展覧会へようこそ ヨシタケシンスケ」

http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=83656 MOE2022年5月号表紙 イラスト/ヨシタケシンスケ

2022年4月1日に『MOE 2022年5月号』が発売されました。表紙&巻頭大特集は、「見たことがない!! ユニークな展覧会へようこそ ヨシタケシンスケ」、特別ふろくは「ヨシタケシンスケ クリアファイル」です。気になる方は早めにチェックしてみてくださいね。

巻頭大特集は「見たことがない!! ユニークな展覧会へようこそ ヨシタケシンスケ」

「ヨシタケシンスケ展かもしれない」のイメージ ©Shinsuke Yoshitake

MOE絵本屋さん大賞7冠に輝いた大人気の絵本作家、ヨシタケシンスケさん。そのはじめての大規模な展覧会「ヨシタケシンスケ展かもしれない」https://yoshitake-ten.exhibit.jp/)が、 4月9日(土)から東京・世田谷文学館で開催されます。
そこで、MOEでは、展覧会のためにヨシタケさんが描きおろした作品やアイディアなどを初公開。 ロングインタビューでは、最新刊『かみはこんなに くちゃくちゃだけど』(白泉社)をはじめ、 創作にまつわる貴重な話をお届けします。ヨシタケさんの知られざる魅力が満載の保存版大特集です。

● 展覧会の魅力1
作家のアイディアがいっぱい
● 展覧会の魅力2
絵本はこうして生まれる
● 展覧会の魅力3
絵本の種 小さなスケッチたち
● 展覧会の魅力4
世界中で翻訳されている絵本
● 展覧会の魅力5
アトリエの貴重なコレクションを公開!
● 最新インタビュー
ヨシタケシンスケ 過去・現在・未来
● 新作絵本
「かみはこんなに くちゃくちゃだけど」 

● 「ヨシタケシンスケ展かもしれない」ニュース

かみはこんなに くちゃくちゃだけど

MOE絵本屋さん大賞2020第1位を受賞した『あつかったら ぬげばいい』の姉妹編が登場!

歌手になりたいと願う女の子、自分が何に向いているかわかったおじいちゃん、朝顔の花が咲いたのを発見した女の子…。
こんな時代だからこそ、日常に小さな希望を見つけたい。
どこかのページに、あなたがいるかもしれません。
子どもだけでなく、大人も何度も開きたくなる絵本です。
2022年4月刊

特別ふろく ヨシタケシンスケ クリアファイル

©SHINSUKE YOSHITAKE/HAKUSENSHA

懸賞

ヨシタケシンスケ展覧会オリジナルグッズ
合計50名プレゼント

©Shinsuke Yoshitake 撮影/志田三穂子

その他の記事

待望のシリーズ最新作
「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」を知る旅へ!

4月8日(金)全国ロードショー ©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights ©J.K.R.

春のおでかけ特集
ムーミンバレーパークと東京フィンランドスポット

©Moomin Characters™ 撮影/かくたみほ

注目作品が続出
気になるカナダの絵本作家たち
インタビュー/シドニー・スミスイザベル・アルスノーファン・ブラザーズ

MOEが注目する
次世代の絵本作家
くらはしれい大桃洋祐中田いくみ

展覧会コラボ企画
宮沢賢治の宝石匣

撮影/かくたみほ

こぎん刺し、竹細工、漆塗り、型染め etc.
かわいい、にっぽんのモノ

撮影/MEGUMI

連載

隔月連載 第6回
ヒグチユウコ「日々の綿」

好評連載
ワンワンちゃん 工藤ノリコ
日本の絵本 100年100人100冊 広松由希子
糸暦 いとごよみ 小川糸/文 杉本さなえ/絵
アーティスト・インタビュー 松本穂香
注目の作家インタビュー はらしままみ
MOEのおすすめ新刊絵本
今月の展覧会

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください