スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】大人もワクワク楽しめるクリスマス絵本
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】大人もワクワク楽しめるクリスマス絵本

12月11日~12月17日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

いよいよ、クリスマスへのカウントダウンも中盤に差し掛かってまいりましたね!今週は、大人が懐かしさも含め楽しめそうなクリスマスの絵本をラインナップしています。クリスマスの楽しみ方は人それぞれ。いろいろなクリスマスの世界を知ることもクリスマス絵本の楽しみのひとつ。クリスマスまでのこの時間を絵本でお楽しみくださいね。

12月11日 開くと夢中になっちゃうしかけ絵本

月曜日は『大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス』

大判 ゆかいなゆうびんやさんのクリスマス

ジグソーパズル、すごろく、のぞき絵手紙などが本に入っています。1992年度ケイト・グリーナウェイ賞受賞。

12月12日 ノンタンのサンタクロースはどこに?

火曜日は『ノンタン!サンタクロースだよ』

ノンタン!サンタクロースだよ

空いっぱいに飛びかういろんなサンタクロースたち。ノンタンはねこのサンタに、プレゼントをたのみたいのですが会えません。

12月13日 サンタクロースを信じる僕のもとに現れたのは…

水曜日は『急行「北極号」』

急行「北極号」

クリスマス前夜、サンタを信じる子だけが体験する不思議な旅を描いた絵本。コルデコット賞受賞作。
サンタクロースを待つ僕のもとに現れたのは白い蒸気に包まれた汽車、急行「北極号」。僕はその謎めいた汽車に乗り込み、クリスマス前夜の幻想的な旅が始まる。森を抜け荒地を抜け、山を越えて汽車は北へ北へと進み…。

12月14日 クリスマスのお買い物にワクワク

木曜日は『クリスマスのおかいもの』

クリスマスのおかいもの

季節と行事を楽しむ新シリーズ誕生!クリスマスのキラキラした気持ちをとじこめた美しい絵本。
いっしょにお買い物を楽しんでね!

うさぎのはなちゃんは、お友だちとクリスマスのお買い物に行きます。
細部まで描きこまれた商店街の様子が楽しく、クリスマスのわくわくする気持ちが伝わってくる美しい絵本です。
巻末に「クリスマスの由来」も掲載。



<季節の行事 クリスマス>
クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日です。イエスは12月25日にベツレヘムの馬屋で生まれたといわれています。
輝く星に導かれ、羊飼いや3人の博士がやってきて、イエスの誕生を祝いました。2000年以上まえに馬屋で祝われた
誕生日が、今では家庭で祝われています。多くのキリスト教国では、待降節に入ると、クリスマスカードを贈ったり、
プレゼントを用意したりして、クリスマスを待つのです。――「おうちの方へ」より

12月15日 めくって楽しむクリスマスしかけ絵本

金曜日は『サンタクロースのいそがしい日』

サンタクロースのいそがしい日

各見開きについたフラップをめくることで,サンタクロースの朝の支度やおもちゃの準備を手伝うなど,能動的に楽しめ,また数や反対言葉等も覚えられる楽しいしかけ絵本。

12月16日 マリメッコのデザイナーのイラストで! 

土曜日は『モミの木』

モミの木

豊かな森に暮らすモミの木は、早く大きくなって別の世界に行きたいと願うばかり。「今を生きなさい!」と諭すお日さまの声も届かない。やがて森から切り出されたモミの木は、クリスマスに美しく飾り付けられるが……。モミの木を人生に重ね合わせられる作品。
世界中で愛されている、アンデルセン童話の名作『モミの木』がマリメッコのデザイナー、サンナ・アンヌッカのイラストで絵本になりました。物語を広げるアートワークと共に、読後には「今、その時を楽しみなさい」という人生のメッセージが心に届きます。大切な人へ、自分用に、贈り物として喜ばれる1冊です。

12月17日 子どもたちにクリスマスの本当の意味を

日曜日は『クリスマスおめでとう』

クリスマスおめでとう

クリスマスの本当の意味を伝えたい、という作者の思いから生まれた絵本。クリスマスってどうしてお祝いするの?という子どもたちの問いに答えつつ、イエス様だけでなく、望まれて生まれてきたことの幸せを感じさせる絵本。

いかがでしたか。

子どもの時に読んだ絵本やお子さまと一緒に読んだ絵本はありましたか。クリスマスに絵本を贈るのもいいですね。大切な家族に。大切な友人や恋人、お世話になった人に。クリスマスが絵本であふれたらなんて素敵なんでしょう。1冊1冊の物語がクリスマスを彩るでしょう。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください