スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】7月7日七夕の由来や行事を知ろう!七夕の絵本
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】7月7日七夕の由来や行事を知ろう!七夕の絵本

7月2日~7月8日までの絵本「今日の1冊」をご紹介

2018年7月7日の土曜日が七夕の日。今週は、七夕の由来や行事を学べる絵本をご紹介していきます。

七夕の起源を絵本で学んで、みんなで一緒に七夕飾りを作ったり、親子で楽しめる七夕レシピを参考にしながら、思い出に残る七夕の日をお過ごしてくださいね。

7月2日 天人を女房にした地上の男が…

月曜日は『たなばたにょうぼう』

たなばたにょうぼう

おばけが登場する行事の由来を語る民話絵本シリーズ第一作。七夕の由来話。天人を女房にした地上の男。女房をおいかけて天にのぼった男を待ちかまえていたのは、天人の母神。次々に難題をなげかけてきますが……。

7月3日 子どもと一緒にやってみたくなる七夕

火曜日は『たなばたさま きららきらら』

たなばたさま きららきらら

七夕飾りをおうちで飾りますか?短冊に願いごとを書き、お飾りも作って、笹に飾りつけましょう。おばあちゃんが女の子とねことたこと小坊主に、たなばた飾りの作り方をていねいに教えてくれます。飾ったあとは、おふろに入ってゆかたに着替え、そうめんやすいかを食べながら、夜空の星を眺めましょう。七夕の一日をていねいに過ごすための方法が具体的に絵で描かれています。絵本を読んで、お子さまといっしょに、願いごとを書き、星に願いを届けてみませんか。

7月4日 織姫と牛飼いは出会った途端恋に落ち…

水曜日は『たなばたものがたり』

たなばたものがたり

織姫と牛飼いは出会ったとたん恋に落ち、自分の仕事を怠るようになります。

7月5日 中国の七夕のお話。

木曜日は『たなばたさま』

たなばたさま

西省のあたりに、5人の“りょうしゅ”がいました。そのうちのひとつ「王家(ワンけ)」のりょうしゅは評判の高いりょうしゅでしたが、となりのりょうしゅに攻められて亡くなり、子どもの白光(はくこう)と紅華(こうか)の兄妹は川下のりょうどへ逃れ、そして、その妻は死んで天の川の星になりました。その後兄妹はどれいになり、同じりょうどにいながらはなればなれになりましたが…。
 

7月6日 「たなばたまつり」の夜、願いは・・・

金曜日は『たなばたウキウキねがいごとの日!』

たなばたウキウキねがいごとの日!

一緒に遊ぶお友達がいない、たぬきのポコくん。
たなばたの日 ポコくんは、あるお願いをたんざくにかきます。
でも、たんざくは かぜにとばされ
ひらひらひら~
とどいたさきは・・・?

楽しいお話はもちろん、おりひめとひこぼしの伝説や、
親子で楽しめる料理のレシピまで、たなばたにまつわる色んなことがわかる絵本。

7月7日 「年に いちどの めぐりあいの日」

土曜日は『たなばたさま』

たなばたさま

七月七日は「年に いちどの めぐりあいの日」
たなばたのゆらいが わかる ぎょうじえほん

恋に落ちた織姫と彦星は、熱心だった仕事を怠けるようになってしまいました。それに怒った天の神様は、天の川の両岸に2人を引き離しました。2人は1年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許されています。

7月8日 親子でゆっくり星空を見上げてみて!

日曜日は『あのほしなんのほし』

あのほしなんのほし

春の北斗七星、夏は天の川をへだてて織り姫、彦星。秋のカシオペヤ座に冬のオリオン座。夜空を彩る代表的な星座を季節に沿って紹介します。お休みの日には親子でゆっくり星空を見上げてみませんか?巻末に解説付き。

いかがでしたか。

絵本ナビサイトには、七夕の絵本はまだまだたくさんありますので、ぜひお気に入りを1冊見つけてくださいね!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください