スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~   >   【今週の今日の1冊】クリスマス・イブから年末ムードに一気に切り替わる1週間!
未来の今日の1冊 ~今週はどんな1週間?~

【今週の今日の1冊】クリスマス・イブから年末ムードに一気に切り替わる1週間!

12月24日~12月30日の絵本「今日の1冊」をご紹介

今年のクリスマスイブとクリスマスは月曜日と火曜日!今週はクリスマス・イブから始まり、その後は一気に年末ムードに切り替わる1週間です。
毎年不思議だなと思うのが、このクリスマスと年末の雰囲気の切り替わり。たった1日で街の様子も私たちの気持ちもガラリと変化するのは、1年の中でもこの時期が1番かもしれませんね。華やかな時期ながらもバタバタしているうちにあっという間に過ぎてしまいそうな1週間ですが、この貴重な時期をほんの少しでもじっくり味わえるような絵本の紹介を今週はお届けします。

12月24日 小さなクリスマス絵本3冊セット

月曜日は『クリスマス・イブのおはなし 3冊セット』

クリスマス・イブのおはなし 3冊セット

クリスマス・イブの日のお話です。
おかあさんに頼まれてクリスマス・ケーキを買いにいく小さな女の子あっちゃん。いつもより早起きをして99個のクリスマス・ケーキと1個の特別なケーキを作りはじめるケーキ屋さんとねこのクロ。この日、一年ぶりに目を覚まして、みんなの家にプレゼントを届けるサンタさんとトナカイ。

女の子とケーキ屋さん、そしてサンタさん。クリスマス・イブにそれぞれ3人の心が少しずつ触れ合うことで生まれる物語を、刺繍という表現で素朴に、そして愛らしく描いた小さなクリスマス絵本3冊セットです。特筆すべきは、この絵本が実は3冊で一つの物語が出来上がっているということ。それぞれの視点、それぞれの立場から見えてくるクリスマス・イブの一日。それをじんわり味わえるのがこの3冊『100こめのクリスマスケーキ』『サンタさんのいちにち』。読みくらべながらクリスマスの夜を楽しんでくださいね。

12月25日  あわてもののサンタさんの贈り物は…?

火曜日は『まどから おくりもの』

まどから おくりもの

サンタクロースがやってきて、家々をまわり、窓から贈り物を配って歩きます。穴あきになった窓からは、家の中(次の画面)の動物や子どもの体の一部がみえ、サンタさんはそれをみて「ここは誰々のおうち」と即断し、贈り物を選びますが……。あわてもののサンタさんの思いちがいがひきおこすめくる楽しさ抜群の絵本。

12月26日 ついに語られる、おもちの告白とは?

水曜日は『おもちのきもち』

おもちのきもち

「もう、たいへんなんです」
お正月、“かがみもち”は、とある決心を……。
お年賀にどうぞ。

12月27日 朝から準備して家族みんなでおもちつき!

木曜日は『14ひきのもちつき』

14ひきのもちつき

薪をわるおとうさん。かまどに火を入れたおじいさん。おばあさんとおかあさんは、お米の準備。子どもたちも起きてきて、お手伝いします。さあ、いよいよおもちつき。ぺったんとったん、どんなおもちができたかな?

12月28日 「来年」ってどんなものなのかな?

金曜日『くまのこのとしこし』

くまのこの としこし

12月も終わりに近づき、「もうすぐ来年がくるよ」とお母さんから教えてもらったくまのこ。「『来年』ってどんなものなのかな?」ととっても気になります。お父さんやお母さんは、「来年」のために、大掃除をしたり、お節料理を作ったり、お正月飾りをつけたり、大忙し。さあ、大晦日。「来年」はどんなふうに来るのでしょう? 

12月29日 新年が良い年になりますように

土曜日は『開運えほん』

開運えほん

はなちゃんは新年を前に、門松やお飾りを飾りました。すると除夜の鐘とともに、年神様がやってきたのです。でも、大人には、見えないみたい…。はなちゃんは、年神様と一緒におせちやお雑煮を食べ、初詣に行って、縁起物を買って、初夢を見ます。ところが夢に魑魅魍魎が現れて…!? 新年が良い年になるよう、日本のお正月には様々な「開運の願い」がこめられています。そのいわれを知り、一緒にやってみたくなる絵本です。

12月30日 お正月を楽しく迎えるための絵本

日曜日は『おしょうがつさん どんどこどん』

おしょうがつさん どんどこどん

☆★☆ 大人気絵本作家、お正月を楽しく迎えるための絵本です!☆★☆
おばあちゃんが女の子と小坊主とたことねこに、歌いながら正しい年越し、新年の迎え方を指南していきます。
大掃除をしてお供えもちを飾り、年越しそばを食べていると除夜の鐘がなり、新年を祝って「あけましておめでとう」のごあいさつ。
そして、おせち料理を食べ、お年玉、年賀状…と、お正月さんが「どんどこどん!」とやってくる様子が楽しい絵本になりました。
それぞれのしきたりに意味があることが理解でき、豊かな気持ちになれる絵本です。
3歳から6歳対象。読み聞かせにぴったりです。

いかがでしたか。

2017年1月からスタートした絵本ナビスタイルは、無事に2年目を終え、2019年1月から3年目に入ろうとしています。皆さまに、楽しくお役に立てる絵本と子育てにまつわる情報を日々工夫して届けて参りましたが、少しでも楽しんでいただけましたでしょうか?新しい年もさらに読み応えある情報をお届けできるよう、スタッフ一同励んで参ります!

 

今年1年大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください