スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   今週の売上ランキング BEST10 絵本   >   今週の絵本売上ランキングBEST10【2016/7/17~7/23】

今週の売上ランキング BEST10 絵本

今週の絵本売上ランキングBEST10【2016/7/17~7/23】

今週はどんな絵本が話題になっているでしょう?
【2016/7/17~7/23】の絵本売上ランキングBEST10を発表します。

 

今週は話題のしかけ絵本がライクイン!

日テレ『世界一受けたい授業』でも取り上げられました!

http://www.ehonnavi.net/ehon/85855/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%88%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%82%B4%E3%83%BC%EF%BC%81/

「ドライブにいこうよ プルバックでゴー!

 

絵本の上をくるまが走る!? 
本当なんです。 
絵本にはプルバックのくるまが付いていて、下に置いて2~3回後ろに動かすとねじが巻けます。 
まちの中、高架道路、のどかな田舎道、海岸通り、くるまを走らせたい好きなページを選んでスタート地点に置きます。手を離すと、くるまが走り出してコースの上をくるくるまわるのです! 
これは面白い。止まったら、またねじを巻いてスタート。 
「ジーーッ」という音を聞きながら、輪になったコースをくるくる回るくるまを見ているのは、大人でもなかなか楽しいものです。車が大好きな子どもたちだったら、どんなに夢中になることでしょう。 

 

コースとなる舞台は、絵本。だから車を走らせながら読める文章もついているし、クイズもあって探し絵もできます。何といっても道路の周りにいる人たちやお店の絵は何度眺めていても飽きません。 

 

本を開けばドライビングコースが広がるなんて、驚いちゃうけど結構便利なアイディアですよね。 
可愛い前作「てんとうむしのおさんぽ」に続く「プルバックでゴー!」シリーズの第二弾です。

http://www.ehonnavi.net/ehon/85855/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%81%AB%E3%81%84%E3%81%93%E3%81%86%E3%82%88%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%A7%E3%82%B4%E3%83%BC%EF%BC%81/

世界的ベストセラーは日本でも大きな話題に!

たった10分で寝かしつけができる!? それって本当?

 

スウェーデンの行動科学者が、心理学的効果や自律訓練法などあらゆるメソッドを盛り込んだ “おやすみ絵本”です。
これはどうやらふつうの絵本とちょっと違うみたい。
まず、「読み方の手引き」が冒頭にあり、ゆっくり読むところや強調する箇所、あくびを入れる箇所などを解説。
そして【なまえ】と書いてある場所に、お話を聞いている子どもの名前を入れ、呼びかけながら読みすすめていきます。
子どもが一人で読む絵本ではなく、大人が読み聞かせることを前提として作られているようです。

 

お話は、眠りたいのに眠れないうさぎの子ロジャーと【なまえ】(子ども)が、親切な魔法つかいのあくびおじさんに会いに行くストーリー。途中、おねむのカタツムリや、ウトウトフクロウさんに出会います。
もともとはスウェーデン語の自費出版本で、著者自身が英語に訳したもの(同じく自費出版)から口コミで火がついたというのだから驚き。
「うちは10分で眠ったよ!」「うちは5分」というコメントがAmazonなどのサイトで飛び交い、イギリスの大手メディアに取り上げられ、ヨーロッパやアメリカであっという間にベストセラーになったのだそうです。

 

日本語版訳を監修したのは、快眠セラピストの三橋美穂さん。
音読することによって自然な腹式呼吸となり、読み手も聞き手もリラックス効果が高まるような日本語訳を工夫されたのだそうです。

 

さあ、ロジャーと子どもたちは、無事きもちよく夜眠ることができるのでしょうか?
さーん、にーい、いーち、と“魔法の粉”をふりかけたら、たしかに眠くなっちゃいそう……。
親子で「おやすみ」とおだやかに眠りにつくために。
心地いい明日への眠りのために。
毎晩寝かしつけに格闘しているおうちでは試してみる価値がありそうですよ!

 

(大和田佳世  絵本ナビライター)

待望の再入荷です!!

恐竜時代

恐竜時代

ポップアップで表現された35体の恐竜と50種類以上の最新恐竜情報を盛り込んだ、初の立体恐竜百科です。サブダならではの、精密でダイナミックなしかけが見事です。
文中の漢字には、ルビが振られており、子どもから大人まで楽しめます。

http://www.ehonnavi.net/ehon/9154/%E6%81%90%E7%AB%9C%E6%99%82%E4%BB%A3/

● 4位

ねないこ だれだ

ねないこ だれだ

こんな時間におきてるのだれだ? ふくろうにどらねこにどろぼう……。そうら、もうおばけの時間なのに――。

 

寝る時間を決めていても、子どもはなかなか寝ないもの。 
夜は子どもが起きている時間ではありませんよ、というメッセージですが、子どもにとってはなかなか怖いようです。なんといってもおばけにされて、手をつかまれておばけの世界に連れて行かれるのですから…
連れて行かれたままお話が終わりますのでインパクトがあります。 
こういった怖いお話は、ママやパパや大好きな大人が読んでくれるという安心感があってはじめて楽しめるもの。おばけの世界から子どもが帰ってこられるように、優しく読んであげるとよいのではないでしょうか。

● 5位

だるまさんが

だるまさんが

だ・る・ま・さ・ん・が・・・・ページをめくって、あらら!びっくり!大わらい!声にだして読んでたのしい、見てたのしい、とってもキュートなファーストブックです。

● 6位

おおきくなるっていうことは

おおきくなるっていうことは

服が小さくなったり、自分より小さな人にやさしくなれたり─大きくなった喜びがいっぱい! 

● 7位

おつきさまこんばんは

おつきさまこんばんは

空に浮かぶお月さまを、あかちゃんは不思議な生きもののように見つめます。そのお月さまや、お月さまの前を横切る雲とお話をするように描かれた傑作です。

● 8位

くっついた

くっついた

ページをめくると…、くっついた!そのくり返しが楽しい赤ちゃん絵本です。最後は、赤ちゃんのほっぺをはさんで、お父さんもお母さんもいっしょに、くっついた! 
赤ちゃんのまわりにいる大人まで、ニッコリ笑顔になる絵本です。 

● 9位

おべんとうブック

おべんとうブック

人気のシールブック『あーんあーんあーん』に続編登場! 
シールのおかずを貼っておべんとうをつくるボードブックです。 
ぞうくんはの大きく、ねずみくんはの小さく、フラミンゴちゃんのは細長い! 
箱の形や大きさに合わせて、おにぎり・ウインナー・たまごなど、バランスよく詰めましょう。 
貼ってはがせるシールでくり返しあそべます。 

● 10位

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんのほっとけーき

しろくまちゃんがホットケーキを作ります。卵を割って、牛乳を入れて…。 
焼き上がったらこぐまちゃんを呼んで、二人で「おいしいね」。 
見開きいっぱいに描かれたホットケーキの焼ける場面は、子どもたちに大人気。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載