スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【シリーズ絵本ピックアップ】 人気の絵本シリーズをご紹介します!   >   読めば読むほど虜になる絵本「バムとケロ」シリーズ。その魅力の秘密は?

【シリーズ絵本ピックアップ】 人気の絵本シリーズをご紹介します!

読めば読むほど虜になる絵本「バムとケロ」シリーズ。その魅力の秘密は?

子どもも大人も、一度読んだら忘れられなくなる。読めば読むほど虜になる。そんな絵本があります。

 

島田ゆかさんの大人気シリーズ「バムとケロ」。しっかり者でおおらかなバム、散らかし方は天下一品(!?)子どもそのもののケロちゃん。とってもチャーミングなふたりの日常の一コマを切り取ります。

 

誰もが虜になってしまう理由は、主人公ふたりの魅力はもちろん、他にもたくさんあるのです。お部屋のインテリアや、美味しそうなおやつ、さらに画面の隅々までよく見ると小さなキャラクターを発見できたり。とにかく「飽きない」のです。シリーズを通して読めば、さらに発見が増えていくこの絵本。早速ご紹介していきます!
 

絵本「バムとケロ」シリーズは全5冊

『バムとケロのにちようび』

シリーズ1作目は雨の日曜日のおはなし

バムとケロのにちようび

雨の日曜日。サッカーもすなあそびもできない。そんな日には、ちらかったへやをかたづけて、おかしを用意して、それから本を読もうと……。

 

http://www.ehonnavi.net/ehon/541/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%B3/

 

 

犬のバムとかえるのケロちゃんのおはなし。
雨の日、バムとケロは本を読んで過ごすことにしました。部屋をそうじして、おやつのドーナツを焼いて、本を探しに屋根裏部屋へ行きます。ところが屋根裏部屋はねずみや蛾や虫がうじゃうじゃいて、さあ大変。バムとケロは頭を使って無事本を取り、楽しいひとときを過ごすのですが…。

 

大人気「バムとケロ」シリーズの最初の作品です。画面の中の細かいところまでみどころ満載!読むたびに発見があって楽しめます。(他の作品に出てきたものがちょいと出てきたり…子どもはこういうしかけが大好きですよね。)
なんといってもみどころは、バムとケロが何十個もの卵をつかってこんがりドーナツをたくさん焼く場面!山と積まれたドーナツ(推定200個以上?)はとても美味しそうなのですが、このドーナツを使ってピンチを切り抜けるのです。

 

バムはしっかりもので几帳面、家の掃除やおやつづくり、ケロちゃんの世話などテキパキとこなします。ケロちゃんは遊び好きのいたずら好きです。この愛らしい二人を見ていると、子育て中のお母さん(お父さん?)と子どものように見えたり、ナイスコンビなお友だち同士に見えたり、はたまた兄弟のようにも見えてきたり。
部屋に登場する家具も素敵。こんなに風に毎日を楽しめればなあ…なんて憧れてしまいます。
バムとケロの世界に魅力を感じたら、他の作品も合わせて読むことをおすすめします!

『バムとケロのそらのたび』

おじいちゃんからの小包の中身は組み立て式の飛行機!?

バムとケロのそらのたび

月曜日の朝、おじいちゃんから山のようなこづつみがとどいた。中身は組み立て式ひこうき。ひこうきにのって、おじいちゃんの誕生日のお祝いに出かけますが……。

http://www.ehonnavi.net/ehon/123/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%9D%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%81%B3/

 

 

一番好き

 

バムとケロシリーズは全部持っているのですが、子どもたちが一番気にいっています。表紙からして、おしゃれでインテリアにもぴったりです。
大体、表紙がかわいいと、今までの経験上、中の物語りがさっぱりな本にであっていたのですが、絵も物語の内容も文句なしです。

 

うちは、4歳2歳の女の子で、そらのたびの飛行機に興味が持つのかと思いましたが、子どもはそんなことおかまいなし。好きなものは、好き。大人が、男の子っぽい、女の子っぽいって決め付けているのかもしれませんね。なので、どんなお子さんでも、すてきなイラストに子どもたちも興味をしめすと思います。

 

子どもたちがが好きなページは、むしがうじゃうじゃいるページで、よく見ると、虫が数字になっています。1から10まで見つけているのがたのしいみたいです。こどもは、そんなコネタが大好きでどのページにもコネタが満載で、はじからはじまで読むことができます。

 

すっかり、家族でバムとケロシリーズのとりこになってしまいました。
次のバムとケロシリーズも楽しみにしています。

 

(レーズンさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

『バムとケロのさむいあさ』

かいちゃん、どこにいったの…!?

バムとケロのさむいあさ

とても寒い朝でした。こんな日には裏の池も凍っているはず、とふたりはスケートとつりの道具を持って池に行きました。するとなんとあひるが池と一緒に凍り付いているではありませんか。あひるのまわりの氷を切り取ってうちに 連れて帰り、おふろに入れて溶かします。元気になったあひるのかいちゃんとバムとケロの三人は、一緒に楽しく遊びます。
次の朝目が覚めると、あひるのかいちゃんがいません。バムとケロはかいちゃんを探しに行きますが、なんとそこで見たものは…。

 

この作品では、あひるの「かいちゃん」が家にやってきて、嬉しくてはしゃいでいるケロちゃんがなんとも愛らしく、わかるわかるその気持ち…と感情移入してしまいます。(知らない間に帰ってしまったのがわかって悲しくて泣いたりしますよね!) 一度読み終わったら改めて表紙を眺めてみてください。きっと笑ちゃいますよ。

http://www.ehonnavi.net/ehon/734/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%95%E3%82%80%E3%81%84%E3%81%82%E3%81%95/
http://www.ehonnavi.net/ehon/734/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%95%E3%82%80%E3%81%84%E3%81%82%E3%81%95/

 

 

細部の飽きない展開に虜

 

毎年、冬にさんざん繰り返す寝る前の絵本定番ですが、今年も読み始めました。
2年前、この絵本を0歳の弟にお姉ちゃんが読んであげた写真がありますが、その弟ももう2歳。
アヒルのかいちゃんの「くわっ」のおねえちゃんの擬音語に大喜び。
観察力がどんどん成長してくる6歳の娘も、今年は目の付け所がまた一味違います。
かいくんを助ける池の周りで、スケートをする小さな犬のぬいぐるみがありますが、その子が「あれ、ここでもまだスケートしてる」「うわ、あらいもののよこでプールなんかしちゃって!お風呂でも浮きわしてたしね!夏でも冬でも水遊びがすきなんだね、きっと!」
彼女なりの、キャラクターづけがほどこされるほどの、細部へのこだわり。
かいちゃんが去っていく場面では、「トランプおかたづけしていってくれたんだね」など、ストーリーそのものに描かれていない「絵のストーリー」に釘付け。
一冊で、これだけ何重にも、何回も違って読める絵本は、そうそうないと思います。
「星」をみていて凍ってしまったかいちゃんですが、先日目の前の池のある公園で、夜中に流星群を観察した我が家。
「冬にこんなことすると、池のカモさん凍ってるの見えるかもね!」
作品世界が、どんどん日常に取り込まれていきます。
寝る前に読むとエンドレスなので(汗)そろそろ、寝る前に読むのは、考え直さないと(!!)です。

 

(ポピンズさん 30代・ママ 女の子6歳、男の子2歳)

『バムとケロのおかいもの』

市場でみんなが買うのは、どんなもの?

バムとケロのおかいもの

一週間の真ん中、水曜日。いつも朝寝坊のケロちゃんが今日は早起きです――。きちんと顔を洗い、コーヒーわかして朝食まで作ってくれたのは、今日が月に一度のお買い物の日だから。お買い物には、友だちのあひるのかいちゃんも一緒です。みんなで車に乗り込み、青空の下、市場目指してさあ出発!たくさんのお店が出ている市場は、とてもにぎやか。さて、ケロちゃんたちは、どんなお買い物をするのかな?

 

お買い物って、楽しいものです。まして月に一度とあれば、ケロちゃんの興奮ぶりも理解できるというもの。市場には、ドーナツ屋さん、布屋さん、キッチン用品屋さんからちょっと変わったお店も並び、眺めているだけでも楽しい気分になってきます。3人がひとつひとつのお店で見せる小さなエピソードがおもしろかわいく、バムとケロシリーズらしいユーモアがたっぷり。
必見は、何といっても丁寧に細かく描かれた品物の数々でしょう。生活雑貨屋さんから食べ物屋さんまで、店頭に置かれている商品・メニューを見ていると、こちらの方までお買い物をしたい気分になってくるから不思議です。グラフィックデザインを学んだ作者らしい、お洒落心がいっぱいのイラストはこの作品でも100%満喫できます。

http://www.ehonnavi.net/ehon/182/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE/
http://www.ehonnavi.net/ehon/182/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%84%E3%82%82%E3%81%AE/

 

 

ケロちゃんの家事姿に爆笑です

 

このシリーズの中では珍しいケロちゃんの家事姿に爆笑です。
コーヒーを湧かす様子に吹き出してしまいました。
できあがったパンケーキの色にも。

理由が、月に一度の定期市に出かける日だったから、ケロちゃん張り切ったんですね。お買い物が好きなんだ~。

この定期市が、魅力的。これまでの作品で、『雑貨として売っていたら買いたい』と思っていたような品々が、どのお店にもたくさん並んでいます。なんといっても、『うちにかえったガラゴ』にもでていたとらちゃん。この商売方法には参りました。
 
当時息子にうけたのは、ケロちゃんの食欲。そして、『ゆかいなとびら』のお店。
最後の骨董屋さんでどうしても買いたいフライパンのため、とらちゃんのお店にオカリナを返しに行くページが、お買い物のリアルさが伝わってきて良かったな~。

エンディングのケロちゃんのパンケーキに、「お~、おいしそう~」と親子で感激してました。

 

(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子11歳)

『バムとケロのもりのこや』

初めて登場するキャラクターは…?

バムとケロのもりのこや

ぽかぽかあたたかい木曜日。近くの森にきいちごをつみにいったら、
つるくさに覆われた古い小屋を見つけた。
誰も住んでいないので、2人の秘密の小屋にしよう!
まずは修理と掃除をして、それから…

http://www.ehonnavi.net/ehon/40312/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%82%82%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%81%93%E3%82%84/

 

 

一度気になりだしたら、もうすっかりその魅力にはまってしまっているのが「バムとケロ」シリーズ。しっかり者でおおらかなバム、散らかし方は天下一品(!?)子どもそのもののケロちゃん。何でもない日常の一コマなのに、それはそれは魅力的な出来事ばかり起こるのです。更に小さな生き物や雑貨など隅々まで丁寧に描かれた画面は、どれだけ見ていても飽きることがありません。

 

そんなバムケロファンが大喜びしてしまう姿が目に浮かぶのがこの待望の最新作『バムとケロのもりのこや』。表紙では、またまたふたりは掃除をしているみたいだけど…?内容は読んでからのお楽しみとして、注目ポイントは「新しいキャラクターソレちゃん登場!」「あのお馴染みの人気者たちも登場」「ひみつがいっぱいの小屋」などなど。今回の舞台は森の中なので、緑の美しさもみどころです。
ファンとしては、また長く楽しめる絵本が一冊増えた喜びをかみしめるばかり。さて、シリーズ全作また引っぱり出してこなくっちゃ…。

http://www.ehonnavi.net/specialcontents/interview/20110107/

レシピ本から豆本まで!関連書籍も大人気

『バムとケロのおいしい絵本』

バムとケロの世界を、楽しくおいしく満喫できるレシピ本

バムとケロのおいしい絵本

バムとケロは、食べるのも料理するのも大好き! だから、絵本にはたくさん料理シーンが登場します。作者の島田ゆかさん監修のもと、忠実に絵本のおやつや料理を再現したレシピは、本著のみ! レシピの他に、料理シーンにまつわる楽しいエピソードも満載! 付録として、バム、ケロ、おじぎちゃんの3種類のステンシルプレートや、クッキーやドーナツの実物大型紙付き。手軽に作れる料理も載っているから、ぜひ親子で料理にチャレンジしてみてください!

http://www.ehonnavi.net/ehon/107010/%E3%83%90%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%82%B1%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84%E7%B5%B5%E6%9C%AC/

【豆本付き】バムとケロ 小型絵本ボックス

手のひらサイズのミニ絵本が、特製ボックスに!

【豆本付き】バムとケロ 小型絵本ボックス

大人から子どもまで大好きな、島田ゆかさんのバムとケロの絵本が「バムとケロ 小型絵本ボックス」になって登場です。
手のひらサイズの絵本4冊が、黄色のかわいいボックスに入った、贅沢で可愛いセット!さらに豆本まで付いています。
コレクションに。そしてギフトにも喜ばれること間違いなしのボックスです。

大人から子どもまで大好きな、島田ゆかさんのバムとケロの絵本が「バムとケロ 小型絵本ボックス」になって登場です。
手のひらサイズの絵本4冊が、黄色のかわいいボックスに入った、贅沢で可愛いセット!さらに豆本まで付いています。
コレクションに。そしてギフトにも喜ばれること間違いなしのボックスです。

小型絵本4冊がこんな素敵な特製ボックスに。

更に、豆本まで!コレクション心をくすぐられます。

小型絵本&大型絵本から英語版まで!

こだわりぬかれた「バムケログッズ」も大人気!

ぬいぐるみで集める「バムとケロ」の仲間たち

バムとケロ ぬいぐるみ バム S

バムとケロ ぬいぐるみ バム S

小さなお子様が抱っこやおんぶをするのに丁度いいSサイズのぬいぐるみです。インテリアとしても、ちょこんと座ってお部屋のムードを和ませてくれそう。

【サイズ】幅18×高27×奥行17センチ
【素 材】アクリルボア製ぬいぐるみ

小さなお子様が抱っこやおんぶをするのに丁度いいSサイズのぬいぐるみです。インテリアとしても、ちょこんと座ってお部屋のムードを和ませてくれそう。

【サイズ】幅18×高27×奥行17センチ
【素 材】アクリルボア製ぬいぐるみ

バムとケロ ぬいぐるみ ケロ M

バムとケロ ぬいぐるみ ケロ M

【サイズ】15×20×12cm
【材 質】ポリエステル

待望の中間サイズ、Mサイズがお手ごろ価格で登場です。
新商品のバムMと一緒にどうぞ。
 

【サイズ】15×20×12cm
【材 質】ポリエステル

待望の中間サイズ、Mサイズがお手ごろ価格で登場です。
新商品のバムMと一緒にどうぞ。
 

バムとケロ ぬいぐるみ らくちゃん S

バムとケロ ぬいぐるみ らくちゃん S

バムとケロのぬいぐるみシリーズに、新しい仲間が増えました。
こちらの「バムとケロ らくちゃん」、なんとピーナッツの殻が脱げるんです♪

【サイズ】70×120×77mm
【材 質】ぬいぐるみ:アクリル、ピーナッツ殻:PVC
 

バムとケロのぬいぐるみシリーズに、新しい仲間が増えました。
こちらの「バムとケロ らくちゃん」、なんとピーナッツの殻が脱げるんです♪

【サイズ】70×120×77mm
【材 質】ぬいぐるみ:アクリル、ピーナッツ殻:PVC
 

バムとケロ ぬいぐるみ かいちゃんS

バムとケロ ぬいぐるみ かいちゃんS

バムとケロのシリーズから、ついに“かいちゃん”のぬいぐるみ「バムとケロ かいちゃんS」が登場しました。
手触りもよく、とってもとってもかわいいぬいぐるみです。手(羽)には、マグネットが入っています!

【サイズ】110×170×180mm

バムとケロのシリーズから、ついに“かいちゃん”のぬいぐるみ「バムとケロ かいちゃんS」が登場しました。
手触りもよく、とってもとってもかわいいぬいぐるみです。手(羽)には、マグネットが入っています!

【サイズ】110×170×180mm

バムとケロ ぬいぐるみ しましま M

バムとケロ ぬいぐるみ しましま M

絵本の中でも度々登場するしましま
バムとケロの大切なお友達です。
長くて、気持ち良いぬいぐるみですよ!

まるで絵本からそのまま登場したかのようです
島田ゆかさんのこだわりのぬいぐるみです。
バムケロファンなら絶対持っていたい一品です♪

【サイズ】
幅90×高10×奥行10センチ

【素材】
アクリルボア製ぬいぐるみ
 

絵本の中でも度々登場するしましま
バムとケロの大切なお友達です。
長くて、気持ち良いぬいぐるみですよ!

まるで絵本からそのまま登場したかのようです
島田ゆかさんのこだわりのぬいぐるみです。
バムケロファンなら絶対持っていたい一品です♪

【サイズ】
幅90×高10×奥行10センチ

【素材】
アクリルボア製ぬいぐるみ
 

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=19
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード