スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【シリーズ絵本ピックアップ】 人気の絵本シリーズをご紹介します!   >   “とらねこ大将”ひきいる「11ぴきのねこ」達の愉快な冒険物語

【シリーズ絵本ピックアップ】 人気の絵本シリーズをご紹介します!

“とらねこ大将”ひきいる「11ぴきのねこ」達の愉快な冒険物語

「ニャゴ ニャゴ ニャー」
好奇心旺盛で、よくばりで、ちょっとずるくて。そのくせ、どこか間の抜けているのが“とらねこ大将”ひきいる11ぴきのねこたち。

そんな彼らが活躍する愉快な冒険物語「11ぴきのねこ」シリーズは、親子2代にわたって楽しまれている馬場のぼるさんの傑作ロングセラー絵本です。

親子そろって大好き!『11ぴきのねこ』の魅力

とらねこ大将と10ぴきの仲間の愉快な冒険物語。それまでの絵本の常識を打ち破り、勧善懲悪や道徳的なお話は一切出て来ませんでした。

このねこ達ときたら欲は深いし、ちょっとずるいし、そのくせどこか間がぬけている。

でもとってもエネルギッシュで楽しむ事に貪欲で。そこから生まれるお話の数々はスケールが大きくて予想もつかない展開、そして大笑い。ハッピーエンドとは程遠かったりします。
その結果…子ども達は大喜び、繰り返し読まれる絵本の代表作となった訳です。シリーズ6作どの作品も引けをとらない面白さです。お好きな話からどうぞ!

絵本「11ぴきのねこ」シリーズ 全巻の紹介です!

まずはやはりこの作品からご紹介しましょう。

記念すべきシリーズ1冊目はこちら。

11ぴきのねこ

いつもおなかがぺこぺこの、11ぴきののらねこがいました。
ある日、ひげの長いじいさんねこがやってきて、山のずっと向こうの湖に怪物みたいに大きな魚が住んでいる、勇気があるなら行ってごらん、と言いました。
どんな大きな怪物だって、みんなで力を合わせれば…!
11ぴきのねこは、湖をめざしてでかけました。
湖の中の島に陣取ったねこたちは、魚の怪物に襲いかかりますが、何度もはねとばされてしまいます。
知恵を絞って力を合わせ、ついに魚の怪物を捕まえました。
「みんながこれをみたら おどろくぞ」
「はやくかえって みんなにみせてやろう」
「それまでは ぜったいに たべないこと!」
「さんせーい」
ところが帰る途中で真っ暗な夜が来て…。
あっと驚くどんでん返しが大人気。

http://www.ehonnavi.net/ehon/66/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93/

コロッケやあほうどりの登場シーンなど、記憶に残る名シーンがたくさん!

シリーズの中でも人気の高い1冊がこちら。

11ぴきのねことあほうどり

11ぴきのねこたちが、コロッケ屋をはじめます。
「さあ、できたてのコロッケはいかが」
コロッケ屋は大繁盛! ねこたちは毎日せっせとコロッケをつくります。

 

ところが、そのうちに少しずつ売れ残るようになり、ねこたちは毎晩コロッケを食べ続けることに。今日もコロッケ、明日もコロッケ。
「あー もう コロッケはあきたよ」

 

ねこたちは、思うのです。
「おいしい鳥の丸焼きがたべたいねえ」「たべたいねえ」
そこへやってきたのが…なんと一羽のあほうどり!

 

旅の途中だというあほうどりは、コロッケをわけてくれないかと頼みます。
11ぴきのねこたちはというと…目をピカピカ輝かせています!!
「ニャゴ ニャゴ」「シーッ」
あほうどりくん、大丈夫?彼は無事に家に帰れるのでしょうか。

 

馬場のぼるさんによって1967年に誕生した、とらねこ大将と10ぴきの仲間の愉快な冒険物語「11ぴきのねこ」は、50年以上経った今も愛され続けているシリーズです。本作『11ぴきのねことあほうどり』は2作目。あまりにも美味しそうなコロッケが、子ども達の心に鮮烈な印象を残す人気の1冊です。

 

いつもお腹を空かせ、欲深くて、ちょっとずるいねこたちと、疑うことを知らない純心なあほうどりのやりとりを、読者は緊張しながら見守ります。ところが、物語は意外な方向へと大きく転換していくのです!(そこから、子ども達が何度読んでも笑い転げるあの名シーンへとつながるんですね。1わ、2わ、3ば、4わ……)

 

やり込めているようで、やり込められる。狙っているようで、全然違う展開へとすすんでいく。どこか間の抜けた11ぴきのねこたちの愛らしさが、シリーズ全体を笑いと温かい雰囲気で包みます。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/974/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%82%E3%81%BB%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%8A/

シリーズの中で一番
 息子はシリーズの中でも、「あほうどり」のこのお話が一番好き。
この絵本の中には、
「まいどありがとうござい~」や、
「とりのまるやきがたべたいねぇ~たべたいねぇとりのまるやき、
あーとりのまるやき」など、
息子の心をぐっと掴んだセリフがたくさんでてきます。
 
11ぴきのあほうどりが出てくるシーンもとても好きで、
最後におばけあほうどりが出てくるところでは、
「11わぁ!!!」と、とびきり大きな声で言ってはニコニコ。
 
息子が2歳の時に初めて図書館でこのシリーズと出会い、
すっかりはまったので、絵本ナビさんで購入し、
3歳のお誕生日にシリーズ6冊をプレゼントしてあげました。
ぬいぐるみと一緒に。
 
この絵本は、11ぴきのねこたちのしたたかさが、とってもよく出ていて、
ぷぷっと笑ってしまいます。
でも憎めないのは、人間臭いからですよね。
 
今年一番素敵な絵本に巡り会えたと思っています。
(とんちきさん 30代・ママ 男の子2歳)

ユーモラスで、なんだかシュールな展開が色濃くなってきたのがシリーズ3冊目!

11ぴきのねことぶた

11ぴきのねことぶた

11ぴきのねこは一件のあばら家を見つけ、勝手に住み家にしてしまいます。そこに、「ここは、ぼくのおじさんの家だ」というぶたがやってきます。家をめぐる珍騒動。

http://www.ehonnavi.net/ehon/1832/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B6%E3%81%9F/

11ぴきのねこふくろのなか

11ぴきのねこふくろのなか

ねこたちの行く先々に「花を取るな」「橋を渡るな」など禁止の立て札が。でも、ねこたちは花を取り、危険な橋を渡って、「入るな」と書いてある大きな袋に入ってしまいます。

http://www.ehonnavi.net/ehon/204/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%B5%E3%81%8F%E3%82%8D%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B/

11ぴきのねことへんなねこ

なんと宇宙ネコが登場するシリーズ第五作。11ぴきのねこが魚釣りをしていると、水玉模様のへんなねこがあらわれました。ねこたちは気になって気になって後をつけますが…。 

http://www.ehonnavi.net/ehon/1289/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AD%E3%81%93/

11ぴきのねこどろんこ

11ぴきのねこどろんこ

ねこたちが山を歩いていると、なんと恐竜の子どもが沼でどろ遊びをしています。恐竜の子と11ぴきは、たちまち仲良くなります。ラストはとってもほのぼの。

http://www.ehonnavi.net/ehon/1186/11%E3%81%B4%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%8D%E3%82%93%E3%81%93/

「11ぴきのねこ」全巻セット(6冊)はギフトにおすすめ!

11ぴきのねこシリーズ(6冊セット)

11ぴきのねこシリーズ(6冊セット)

”とらねこ大将”ひきいる11ぴきのねこたちの愉快な冒険物語。
好奇心旺盛で、欲張りで、ちょっとずるくて、
そのくせどこか間の抜けたねこたちは、いつの時代も、子どもたちの人気者。
親子2代にわたって楽しまれているロングセラー絵本です。
全巻6冊がセットになりました。

「11ぴきのねこ」シリーズ50周年記念 編集者インタビュー

http://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=278

こちらも合わせておすすめ!

最新刊!これ1冊で全てがわかる!?『馬場のぼる ねこと漫画と故郷と』

馬場のぼる ねこと漫画と故郷と

誕生から50年を経ても少しも色あせない魅力を放つ「11ぴきのねこ」シリーズ。その生みの親、馬場のぼるのスケッチブックや絵画、エッセイ等を収録したファン必携の一冊。


「11ぴきのねこ」のラフスケッチや子ども時代に書いた絵、はたまた親交深かった手塚治虫とのエピソードなど今まで見ることのできなかった貴重な資料も満載。馬場のぼるワールドを心ゆくまで堪能できること間違いなしです。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116109/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A8%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%A8/

「11ぴきのねこ」のキャラクターが生まれるまでの経緯がよくわかる!

ファンにはたまらない資料ですよね。

http://www.ehonnavi.net/ehon/116109/%E9%A6%AC%E5%A0%B4%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8B%E3%81%AD%E3%81%93%E3%81%A8%E6%BC%AB%E7%94%BB%E3%81%A8%E6%95%85%E9%83%B7%E3%81%A8/

あれあれ…!!

アトムとねこが競演しているよ。

改訂版 絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会

改訂版 絵巻えほん 11ぴきのねこマラソン大会

伸ばすと3メートル近くなる、パノラマ絵本です。文章は全くなし。細部まで描きこまれた絵を、想像力を働かせながら見ていくと「物語」が見えてきます。

11ぴきのねこかるた

11ぴきのねこかるた

「おおきな あほうどり 11わあっ」「のうある ねこは ひっかかない」など、「11ぴきのねこ」の絵本を読んだことがある子もない子も楽しめます。

「11ぴきのねこ」はグッズも大人気!

馬場のぼる ねこの豆皿 12カ月セット (ギフトラッピング込)

馬場のぼる ねこの豆皿 12カ月セット (ギフトラッピング込)

馬場のぼる先生の描いた12カ月の絵が、かわいい小さなお皿になりました!縁の丸みが特徴の柔らかい形は、伝統的なもっこう型。熊本県産の天草陶石を長崎県波佐見町の窯で焼き上げた豆皿は、優れた職人の手仕事と妥協のないモノづくりで知らせる東屋さんの製作。おもてなしのテーブルウェアとして、また、贈り物にもおすすめです。

馬場のぼる先生の描いた12カ月の絵が、かわいい小さなお皿になりました!縁の丸みが特徴の柔らかい形は、伝統的なもっこう型。熊本県産の天草陶石を長崎県波佐見町の窯で焼き上げた豆皿は、優れた職人の手仕事と妥協のないモノづくりで知らせる東屋さんの製作。おもてなしのテーブルウェアとして、また、贈り物にもおすすめです。

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=271
掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部