スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   【テーマ別おすすめ絵本】 季節や行事、好きなものや家族など、テーマ別にご紹介!   >   だれが何と言おうとチョコレートが好き! 大人も堪能できる「チョコレートの絵本」
【テーマ別おすすめ絵本】 季節や行事、好きなものや家族など、テーマ別にご紹介!

だれが何と言おうとチョコレートが好き! 大人も堪能できる「チョコレートの絵本」

甘くて美味しいチョコレート。

 

「チョコレートが好きでたまらない」

 

子どもだって大人だって関係ありません。チョコレート好きは止まりません。
絵本の中に登場するチョコレートもそれはそれは…。存分に、お話から溢れるその甘い魅力を味わってくださいね。

弟に買ってあげたこねこのチョコレートが気になって仕方がなくて…

こねこのチョコレート

チョコレート好きの私としては無視できないんです、このお話。 
ジェニーは4才の女の子。明日は3才になる弟クリストファーの誕生日です。プレゼントを買いに、おかあさんとお買い物に行ったジェニーは、自分のおこずかいひゃくえんで素敵な箱に入ったこねこのチョコレートを買います。 
帰ってきてジェニーはプレゼントを自分の部屋のタンスに隠します。ところが・・・夜ベットに入っても寝付けないジェニー。タンスの中のチョコレートが気になって仕方ないのです。とうとう「ひとつなくなってもクリストファーは気がつかないわ。」と口に入れてしまいます。なんて甘くておいしいのでしょう!ベットに戻ってしばらくするとまた頭にこねこのチョコレートが浮かんできます。もうひとつ、もうひとつと食べているうちに・・・とうとう全部なくなってしまいます!どうする、ジェニー? 
何か読んでいても他人事とは思えないのです。ひとつ食べる事に葛藤する健気なジェニー(でもチョコレートはおいしいもんね)、結局最後まで食べ終えて気持ち悪くなっちゃうジェニー。そして次の日の落ち込む姿は見ていられません。とても子どもらしい失敗。そこを家族の温かい愛情で包み込み、最後にはちゃーんと丸く収まり、幸せな気分になれるのでほっとします。 
お話会で人気のあったお話が絵本になった様です。子ども達の、手に汗握りながら真剣に聞いている様子が目に浮かびますね。ついでに大人になっても身に覚えがあってあせっちゃったりして。

しょうがないよ、チョコレートって美味しすぎるんだもの。

 

ジェニーは弟思いのしっかりしたお姉さん。
お母さんが弟の誕生日プレゼントのおもちゃを買うときも、私も!なんて駄々をこねたりせず、
自分のお小遣いで弟にチョコを買ってあげるなんて、優しいなぁ。
○○ばっかりずるい!ばかり言う我が家の兄弟に見習ってほしい、と思っていたけれど、
ジェニーだって、やっぱりまだ4歳の女の子でした。
チョコレートがどうしても食べたくて眠れなくなり・・・。

 

ジェニーの葛藤や後悔で泣きたくなるような気持ちの描写が丁寧であまりにリアル。
遠足のチョコを我慢できずに夜こっそり食べ、当日飴だけだった遠い日の記憶が蘇り、
冷や汗をかきながら読みました。
ジェニー、しょうがないよ。だって、チョコレートって美味しすぎるんだもの。

 

ジェニーの家族が素敵です。
失敗を責めるのではなく、落ち込んでいるジェニーの気持ちをちゃんと寄り添っていて、暖かい気持ちになります。
まさかのハッピーエンドで子ども達もニコニコでした。
(読み返すとちゃんと伏線があるんですよ)

 

前半が少し長く感じましたが、
途中からハラハラさせられ通しでした。
年中さんから小学校低学年位のお子さんにおすすめです。

 

(ランタナさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

チョコレートが好きな方は覚悟して絵本を開いてくださいね

チョコレート屋のねこ

うわあ、これダメですよ。次から次へと…!! 
チョコレートが好きな方は覚悟して開いてくださいね。 

 

これといって名物のない、静かで退屈な村。そこにあるのが小さなチョコレート屋、お客はめったにきません。笑うことを忘れてしまったおじいさんがチョコレートをつくり、ねずみをとらないねこがショーウィンドウから外を眺めているのでした。 
そんなある日、おじいさんがふと思いついてつくったねずみのチョコレートをねこがかじってみると…なんておいしいのでしょう!心がうきうきはずんで、ひげと前足が勝手に動いてしまうほど。 
「こんなにおいしいんだもの、だれかに、食べてもらわなくちゃ。」 
ここからねずみのチョコレートの魔法が始まります。 
魔法はどんどん広がっていき、生つばゴクリの美味しそうなチョコレート作品が次々に生まれていくのです! 
チェリーボンボン、チョコレートロールケーキ、ホットチョコレート…。村の人たちも、だんだんこのお店のチョコレートに夢中になっていきます。 
ところが、おじいさんはまだ笑わないのです。 
この気むずかしいおじいさんの心を溶かすのはいったい…? 

 

チョコレートというのは好きな人にとっては魔法の様なもの。そんなチョコレートの魅力が凝縮されたこの絵本なのですが、美味しそうなだけではなく、とても美しいのです。 
作者は『サンタクロースのしろいねこ』を手がけたコンビ。主役のねこは愛情たっぷり描かれ、その感触まで伝わってくるほどです。そして、ねこの目線で画面からはみ出しそうな程にぎっしりと魅せてくれるのが甘いチョコレート作品の数々です。上品でクラシックな雰囲気を漂わせながらも、子どもの心を捉える華やかなポイントもしっかり押さえています。個人的には果物とチョコのコラボレーションがたまりません。 
誰もがうっとりチョコレートの夢をみるというこの村に、いつか訪れてみたいと野望を抱いてしまっているのは私だけではないはずです。巻末にはチョコレートの解説も付いて、とても中身の濃い一冊になっています。

http://www.ehonnavi.net/ehon/88195/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%81%AD%E3%81%93/

チョコだるまのお店行きたい!

チョコだるま

ぼくは、チョコだるま。チョコレートでできた雪だるまだから、そうよばれている。特製のホットチョコレートがおいしいマルタさんのお店には、いろんなお客さんがやってくる。手をつないだ恋人たち、お母さんと子ども、毎日やってくるおじいさん。ある日、町のお金持ちがやってきて、ぼくを買いたいといった……。寒い日のホットチョコレートのように、心あたたまる絵本。 

http://www.ehonnavi.net/ehon/23910/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%81%A0%E3%82%8B%E3%81%BE/

チョコだるまのお店行きたい!

 

真珠まりこさんの講演で紹介されて知りました。 
とってもかわいくてあったかいお話です。 
母と娘のシーンではじーんとしました。 
お店の商品としてチョコだるまを売ってしまった店主のマルタさんが 
もどってきたチョコだるまに言ったひとことがよかった…「やっぱりおまえがいなくちゃね」 
外国の映画を観ているような気もしました。 
娘はすごく好きだそうです。こんなお店があれば行ってみたいな。

 

(アヤマさん 40代・ママ 女の子9歳、男の子4歳)

ページからあふれんばかりにあまーくとろけるお菓子、お菓子、お菓子の絵本!

チョコレータひめ

あまいお菓子が大好きなチョコレータひめ。ある日、城に現れた不思議な男から、これを食べると 
さわったものがみんな、お菓子にかわるという不思議なチョコレートをもらい…。 
ページからあふれんばかりにあまーくとろけるお菓子、お菓子、お菓子の絵本! 

http://www.ehonnavi.net/ehon/22960/%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%B2%E3%82%81/

長女お気に入り

 

4歳長女はおひめさまが大好き。そしてお菓子も大好き。自分で図書館で選んできました。ちょっと大人向きの絵なので、内容も難しいんじゃないかな?と思っていたのですが、長女は集中して聞いていました。

 

チョコレータひめの名前がとっても長いのにビックリ。おいしそうなお菓子がいっぱいなのにもウットリ。お菓子大好きなチョコレータひめが、どんなものでもお菓子だったらなあと思っているところに、これを食べると触ったものがお菓子になると言う男が現れ、食べてしまうおひめさま。さあ、どうなったか読んでみてください。大人の女性の方が楽しめるかな。でも長女は大好きでたくさん読まされたので、☆5こにしました。

 

(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

チョコにも歴史あり!

ひみつのたからチョコラーテ

発明家のおじさんとともにタイムスリップしたのは、400年前のアステカ王国だった… 
身近なお菓子を通して大航海時代の秘密をさぐる冒険活劇。チョコにも歴史あり!

かなり、おもしろいようです

 

チョコラーテの文字、チョコラーテがなみなみと注がれたカップの絵。
私たち親子を惹きつけるには、これで十分でした。
中を開くと、マンガ形式。読み聞かせむきじゃないことにショックを受けつつ、せっかくだから寝る前に読んでみました。


チョコレートが万能の秘薬として、国家機密並みに重宝がられていた時代にタイムスリップするお話です。
何といっても国家機密ですから、カカオに近づこうものなら、命の保証はありません。
マンガなので読む方は大変ですが、スリリングでかなり面白いらしく、娘は閉じかけた目をこすりながら、何度も起き上ってきました。

 

チョコレートが世界に広がっていった経路、チョコレートの作り方なども紹介されていて、興味深いです!
漢字にはかながふられているので、低学年の子でも頑張ればひとりで読めます!
内容が面白いので、絵本から一歩前進させたい方にオススメです!!

 

(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子7歳)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載