スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選   >   人づきあいに疲れたときに読みたい絵本『ふたりはともだち』

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選

人づきあいに疲れたときに読みたい絵本『ふたりはともだち』

この連載記事は、絵本ナビから生まれた絵本ガイドブック『幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選』の内容を期間限定でご紹介していく企画です。

 

読むと幸せな気持ちになれる絵本を、絵本ナビに寄せられたみんなのレビューでご紹介しています。

 

ベストセラー絵本ガイドブックをまるごとお見せする太っ腹企画をお楽しみください。
 

友達がいる幸せ

気の置けない友達とのおしゃべり、楽しいですね。
そんな相手がいる、あたりまえではありません。

がまくんは玄関の前に座っていました。かえるくんがやってきて、なんだか悲しそうながまくんに声を掛けます。
がまくんは、今一日のうちで一番悲しいとき・・・お手紙を待つ時間だといいます。
「そりゃ どういうわけ?」
「だって、ぼく おてがみもらったこと ないんだもの。」
ふたりとも悲しい気分で玄関の前に座っていましたが、あることを思いついたかえるくんは大急ぎで家に帰ります。
かえるくんはがまくんに手紙を書きます。書いた手紙をかたつむりくんに託し、またがまくんの家に戻って、ふたりで手紙が届くのを待つのでした。
この「おてがみ」をはじめ、がまくんとかえるくんの心温まるおはなしが5話収録されています。

<みんなの声から>

とっても素敵なお話でした


(秀のママさん 30代・ママ・愛知県名古屋市  男5歳)

 

 かえるくんが登場してくるお話って沢山ありますよね。子供って、かえるくんが主人公のお話が、大好き。
だから、どんなお話なのか、わくわくしながら、本を広げました。今まで読んできた絵本と違って、5編から出来ていました。どれをとっても、良かったです。冬眠から目が覚め、いよいよ春。そこから、お話がはじまるところが何とも言えませんでした。これが親友って言うのかなと教えてくれる作品。友達がいると、温かくて、楽しくて、頼りになって、いいものであることが、分かりました。おてがみをふたりで待つところは、とても良かったです。
5才になったので、そろそろ理解も出来ると思い読みましたが、大成功でした。

 

笑いの中に優しさあり・・・


(バンポさん 20代・ママ・福岡県北九州市  女3歳)

 機知に満ちたふたりのかえるが出てくるお話です。かなりクスクスなお話でした。3歳の娘がかなりはまっていましたから。5話に分かれていますから、家事の合間にも読んで上げられます。中でも、私たちのお気に入りは、「なくしたボタン」です!かえるくんのやさしさと、がまくんのおもしろさが絶妙です。最後もやさしく締まっていて素敵ですね~。こんな親友が娘にも出来たら素敵だな~と思っています。


親友がいるってしあわせなこと!


(ぼのさん 30代・ママ・新潟県中頸城郡  男9歳、女7歳、女2歳)
 
 この作者は、日本の絵本ばかり読んでいた子供時代の私に、外国の絵本の楽しさを教えてくれたひとりです。
かえるくんとがまくんの友情を、さらっと書いた五つの物語。どれも、ユ-モアにあふれていて、友達っていいなと心から思えます。
中でも、「おてがみ」は国語の教科書に載ってた(現在6年生の甥っ子が低学年の頃)だけあって、何度読んでもジ-ンとしてしまうあったかいお話です。
人生にひとりでも、こんな親友がいてくれたら、素敵ですね。


 

<作者紹介>

アーノルド・ローベル


1933年アメリカ ロサンゼルス生まれ。アニタ・ローベルは夫人。「ふたりはともだち」でコルデコット賞次賞と全米図書賞を受賞。「ふくろうくん」「おはなしばんざい」(以上文化出版局刊)などの作品がある。1987年没。

http://www.ehonnavi.net/shopping/category.asp?n=6431

この連載記事は、絵本ナビから生まれた絵本ガイドブック『幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選』の内容を期間限定でご紹介していく企画です。
読むと幸せな気持ちになれる絵本を、絵本ナビに寄せられたみんなのレビューでご紹介しています。
ベストセラー絵本ガイドブックをまるごとお見せする太っ腹企画をお楽しみください。
※校正前の原稿を元に掲載していますので、実際の本の内容と異なる部分があります。
 

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載