スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   ちこくのしくみ。
絵本ナビ編集長の気になる1冊

ちこくのしくみ。

 

皆さん大人なので、あんまり声に出して言わないでしょうが。
遅刻した時の理由って、人それぞれ大体同じパターンに陥っているものです。
最もスタンダードな理由は「寝坊」でしょう。
でも、それって本当?

 

急ぐと、転んでしまう。
焦ると、ついついゆっくりしてしまう。
目はしっかり開けているのに、電車を乗り過ごしてしまう。
家を出る前、なぜかお腹が空いてしまう。

 

こんなフワっとした理由、なかなか他人には伝わりません。
聞かされた方だって、いまいち腑に落ちません。
だから「寝坊」の一言に封じ込めちゃいます。

 

現に、私もかなりの早起きです。余裕がありすぎる時間に起きて、ぼーっとしているのが好きで……ゴニョゴニョ。こんな話、面白くないですね。遅刻のしくみって、そんなものです。

 

だけど、ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーくんの遅刻の理由は、そんなゆるいものじゃありません。

いつもちこくのおとこのこ-ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー

いつもちこくのおとこのこ-ジョン・パトリック・ノーマン・マクへネシー

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは、今日もお勉強しにてくてく出かけます。
ところが、途中でワニが現れて、ノーマンのかばんにかみついて離れません。
「ワニなど すんでおらん」
遅刻したジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは、先生に反省文を書かされます。
次の日はもっと大変。ライオンがジョンのズボンをやぶいてしまいます。
「そんなものはおらん」
ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーは、先生にうそをつかないと唱えさせられます。
今日こそは…でも高潮がきてジョンをさらっていこうとするのです。
なかなか時間通りに行けないジョンは、今日も先生に怒られます。

なんだか夢を見ているようです。
子どもの頃、やらなくちゃ、やらなくちゃ、と思うと全く上手くいかなくなる。
そんな夢をよく見たものです。

ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーにふりかかる災難の数々。それは本当に一大事なことばかり。詳しく聞いてみなければいけません。いや、聞いてみたくなる出来事ばかりです。でも、先生は一切耳をかしません。もったいないことです。

先生にだって、一大事が起こることはあります。でも、もう興味ないよね。ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーが本当に知りたいことは、もっと別のことなんですから。

遅刻、と聞くとちょっとかしこまってしまう方も多いかもしれません。でも声に出して読んでみれば、これは実に痛快なユーモア絵本なのです。子どもたちは、笑いながらこの物語を楽しみますよ。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/2132/%E3%81%84%E3%81%A4%E3%82%82%E3%81%A1%E3%81%93%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%93%E3%81%AE%E3%81%93%EF%BC%8D%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%81%B8%E3%83%8D%E3%82%B7%E3%83%BC/

きちんと説明のできない私と違って、ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシーくんの理由は実にはっきりしています。

 

遅刻なんてしたくないのに、どうしてこんなことが起こるのか。そこに答えが見つからないってことは、大人だって知っていること。もしかしたら、子どもたちの方がとてつもない出来事を乗り越えて、学校に通ってきているのかもしれませんよね。

 

勝手に妄想して、ちょっとワクワクしてきちゃいました。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載