スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   もし過去に戻って消せるとしたら…

絵本ナビ編集長の気になる1冊

もし過去に戻って消せるとしたら…

 

「もしも過去にさかのぼることが出来たなら、何がしたい?」

 

私なら…。

 

さっき自分で言ったばかりのその「発言」を消したい。
先月、調子に乗ってしゃべったあの「雑談」の全てを消したい。
いつか、人を傷つけてしまったあの「ひとこと」を消したい。

 

こうして並べてみると、自分の発した言葉に対して、後悔だらけだっていうことがよくわかります。もちろん、一度しゃべった事を「取り消す」なんてことは、出来ないのがわかっているから思うのでしょう。

 

ところが一方で、どうしても「取り消したい」と思っていたその内容を、誰も覚えていないことがあります。相手の中で、違う記憶にすり替わっていることもあります。それどころか、自分が言った記憶のない言葉を、相手がいつまでも覚えていることだってあります。なかなか複雑です。

 

もしも自分が無意識で発した言葉が、相手の心を傷つけていたら…。こんな風に考えれば考えるほど、言葉の意味が重くなっていき、なんだかしゃべりたくなくなっちゃいますよね。

 

だけど忘れちゃいけないのは、たった一言で誰かの世界が彩られていくこともあるっていうこと。そういう経験をした時には、その言葉を大事にしておいた方がいいっていうこと。

ことばのかたち

ことばのかたち

さっき私の口から発した言葉は、どんな形だったんだろう。
昨日、私が子どもにかけた言葉はどんな色になっていたんだろう・・・。

おーなり由子さんがほんわりと丁寧に描き出したのは、ことばについての絵本。
もしも、話すことばが目に見えたとしたら。
「うつくしいことばは 花のかたち?」「ありふれているけど 嬉しいシロツメクサのようなことば?」
声によって色がかわるとしたら。
「しずかな声なら 青い花」「やさしい声は さくらいろ」
ああ、そんな風にことばを優しく捉えたことあったかな。
小さな花を手のひらで包み込むように、相手のことばを受け止めたことあったかな。
色鮮やかな、美しく可愛らしいことばのかたちが、あっという間に読む人の心を捉えます。

もしも、話すことばが目に見えたとしたら。
「思いもよらないことばが 相手に刺さるのを見ることになるかもしれない」
そうしたら、ことばの使い方は変わるだろうか。
「みじかい正直なことばが こころの湖のふかい場所に すうっとさしこむ」
そのとうめいな青い光を見たとしたら、きっと生涯忘れることはないだろう。

おーなりさんが詩と絵で見せてくれるのは、ことばのむこうにある気持ち。
たいせつな人と交わす心のかたち。
私たちは、こんなにも豊かなやりとりをしているんだと気づかせてくれます。
子どもから大人まで、一度立ち止まって、ゆっくりと体で感じてほしい作品です。

 

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/90528/%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E3%81%AE%E3%81%8B%E3%81%9F%E3%81%A1/

会話になると、さらにタイミングや声の大きさ、表情によってもそこに生まれる景色が変わるのでしょう。深くて難しいけれど、やっぱりその中に、生きていく上での面白味が詰まっている気がします。

(磯崎園子 絵本ナビ編集部)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部