スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   今が「聞きどき」。

絵本ナビ編集長の気になる1冊

今が「聞きどき」。

 

中学生になった息子が本棚の前で何やらつぶやいています。
「うわ、これ懐かしい!」「これ、読んだ読んだ」
見ると、取り出していたのは、小さい頃読んでいた絵本。いったいどんな記憶として残っているのでしょう。せっかくなので、色々聞いてみると、結構面白い。

 

例えば、あかちゃんの時に読んでいた絵本。
主人公よりも、脇役として登場するキャラクターの方をよく覚えているのは、自分が主人公になりきって、絵本の世界に入り込んでいたからでしょうか。

 

読んだことのない絵本でも、「この絵を描いている人の絵本、知ってる!」と言って探しているのも興味深いですよね。その作家さんの世界観をちゃんと記憶しているのかもしれません。


ふと見ると、一冊の絵本を読み込んでいます。
そして、絵本を閉じてしみじみ言うのです。
「こんないい話だったんだ」

その絵本は『すてきな三にんぐみ』。

かつての息子のお気に入り。どんな話だと思っていたかと聞けば、覚えていたのは…

 

・なんかコワイ感じ
・武器がかっこいい
・武器の名前が好き「ラッパじゅう」「こしょう・ふきつけ」「おおまさかり」
・武器のかたちがかっこいい

 

(要するに武器。)
確かに思い返してみれば、そのページばかりを眺めていたかもしれません。ビジュアルが抜群にかっこいいですからね。お話も全部読んであげていましたけど。

 

今回、ストーリーを改めてじっくり味わったところ、「なかなかいい話だ」と初めて思ったのだとか。絵本って、そういうところがあるからやめられません。息子にとって、今が「読みかえしどき」「振りかえりどき」なのでしょう。

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

黒いマントに黒いぼうしの、こわーい泥棒三人組のおはなし。
三人組は次々と馬車を襲い、奪った財宝をかくれがにため込みます。
ある夜、三人組が襲った馬車に乗っていたのは、みなしごのティファニーちゃんだけ。いじわるなおばさんに引き取られるならこの三人組の方がおもしろそう!とかくれがに行きます。宝の山を見てティファニーちゃんがいいます。「これ、どうするの?」
ここからおはなしは意外な方向へ。なんとも素敵なハッピーエンドが待っています。
 

http://www.ehonnavi.net/ehon/16/%E3%81%99%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%AA%E4%B8%89%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%90%E3%81%BF/

こんなふうに、「なんかコワイ」と思っていた絵本を読み直してみると、全然違う印象だったりするのは、めったに出来ない貴重な機会。そんな体験を目の前で息子がしているとすれば、親にとっては、まさに今が「聞きどき」!

 

色々聞いておかなくては…。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部