絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   今が「聞きどき」。
絵本ナビ編集長の気になる1冊

今が「聞きどき」。

 

中学生になった息子が本棚の前で何やらつぶやいています。
「うわ、これ懐かしい!」「これ、読んだ読んだ」
見ると、取り出していたのは、小さい頃読んでいた絵本。いったいどんな記憶として残っているのでしょう。せっかくなので、色々聞いてみると、結構面白い。

 

例えば、あかちゃんの時に読んでいた絵本。
主人公よりも、脇役として登場するキャラクターの方をよく覚えているのは、自分が主人公になりきって、絵本の世界に入り込んでいたからでしょうか。

 

読んだことのない絵本でも、「この絵を描いている人の絵本、知ってる!」と言って探しているのも興味深いですよね。その作家さんの世界観をちゃんと記憶しているのかもしれません。


ふと見ると、一冊の絵本を読み込んでいます。
そして、絵本を閉じてしみじみ言うのです。
「こんないい話だったんだ」

その絵本は『すてきな三にんぐみ』。

かつての息子のお気に入り。どんな話だと思っていたかと聞けば、覚えていたのは…

 

・なんかコワイ感じ
・武器がかっこいい
・武器の名前が好き「ラッパじゅう」「こしょう・ふきつけ」「おおまさかり」
・武器のかたちがかっこいい

 

(要するに武器。)
確かに思い返してみれば、そのページばかりを眺めていたかもしれません。ビジュアルが抜群にかっこいいですからね。お話も全部読んであげていましたけど。

 

今回、ストーリーを改めてじっくり味わったところ、「なかなかいい話だ」と初めて思ったのだとか。絵本って、そういうところがあるからやめられません。息子にとって、今が「読みかえしどき」「振りかえりどき」なのでしょう。

すてきな三にんぐみ

すてきな三にんぐみ

全身を覆う黒マントに、目深にかぶった黒い帽子の三人組。
見えているのはギョロリと辺りを伺うような目玉だけ。
おまけに抱えているのはまっ赤なおおまさかり!

この三人、どう見ても悪いことを企んでいる様子。
なんとも不穏な表紙のデザインです。
だけど……。

正直、かっこいい。
そして、タイトルが「すてきな三にんぐみ」となっている。
どういうことなのでしょう。

ここまできたら興味津々。子どもたちだって、思わず手を出してしまいます。
(もちろん、怖がりの子だっていますよね。そこは無理せずに)
そしてお話は、期待通り(!?)の不気味さではじまります。
三人組の正体は恐ろしい泥棒たちなのです。

夜になると、3つの武器「ラッパじゅう」「こしょう・ふきつけ」「おおまさかり」を構え、お金持ちの馬車を襲い、宝を奪いとっていきます。出会ったご婦人は気を失い、犬なんか一目散に逃げていく怖さ。そして、隠れ家で貯め込んだ金銀宝石を眺める日々を送っているのです。

ところがある日、転機が訪れます。
三人組が出会ったのは、みなしごの少女ティファニーちゃん。
彼女は隠れ家にある宝の山を見て聞くのです。
「まぁぁ、これどうするの?」
三人は困って相談をはじめます。
だって……どうするのか考えたこともなかったのですから!

そこからの展開は、絵本を読んでのお楽しみ。タイトルの意味することも、よーくわかります。アメリカで発売され、日本でも1969年初版以来ずっと読まれ続けているこの絵本は、トミー・アンゲラーの代表傑作のひとつ。

これはいい話なの? 悪い話なの?
物語に振りまわされながらも、子どもたちはすっかり夢中です。
いったいどんな場面が記憶に残っていくのでしょうね。
そんなことも含めて味わいたい1冊です。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

http://www.ehonnavi.net/ehon/16/%E3%81%99%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%AA%E4%B8%89%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%90%E3%81%BF/

こんなふうに、「なんかコワイ」と思っていた絵本を読み直してみると、全然違う印象だったりするのは、めったに出来ない貴重な機会。そんな体験を目の前で息子がしているとすれば、親にとっては、まさに今が「聞きどき」!

 

色々聞いておかなくては…。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
募集・プレゼント・お得情報
JavaScriptをOnにしてください