スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   【編集長の気になる1冊】追いかけていたのは私の方!?
絵本ナビ編集長の気になる1冊

【編集長の気になる1冊】追いかけていたのは私の方!?

 

しっかりしてるのか、してないのか。
なんでも口に出して言ってしまうし、
なんでも人に聞いてしまう。

 

許せないと思ったことには、
頭から湯気が出るほど怒りを露わにし、
そうかと思えば、そんなことあったっけ?と
ケロリと忘れてしまう。

 

常に大きな声で話し、大きな声で笑い、
ちょっといい事を言うとすぐに涙ぐむし、
悪くないのに、すぐに謝る。

 

なんだかちょっと、うっとうしい。
黙ってやり過ごせばいい事だってあるのに。

 

だけど。

 

目の前からいなくなると、なんだか調子が狂う。うるさい!って思う相手がいない。
何やってるんだよーと毒づく相手がいない。

 

会社の同僚が遠方に引っ越して、はや半年。仕事は続けているので、会うのは週一回の会議のモニターの中。相変わらず声が大きい。

 

そして、実は会議が終わるたびにちょっと泣きそうな気持ちになるのは、恥ずかしくて言えない。

 

…あれ。
追いかけているのは私の方!?

はるとあき

はるとあき

「はる」が目覚めれば、寒さはだんだん和らいで。
「ふゆ」のところへ行って交代します。

「あら いちねんぶりね はるが きたわ」

何か月かして、日が長くなる頃、今度は「なつ」がやって来る。そうして交代すれば、今度は季節が夏になるのです。
ある時、なつは言います。

「ようし あきが くるまで がんばるぞ」

あき?

はるは気が付きます。
そういえば、私はあきに会ったことがない。
いったいどんな子なのでしょう。
ふゆが言う「あき」と、なつが言う「あき」は全く違うから想像もつかない。
そうだ、手紙を書こう。

そこから始まるはるとあきの往復書簡、いい思いつきです。
顔も知らない、話したこともない相手。
あなただったら、どんなことを書くのでしょうね?
ふたりは少しずつ、自分のことを話します。
話しながら、相手のことを少しずつ知っていきます。
ふたりの想像の世界はどんどん広がります。
なんて素敵なやりとりでしょう。
満開の桜を知り、山も林も真っ赤になる紅葉を知り。
空の色は同じ青だと知り、音楽の流れる夜を知り。
でも、何度目かの手紙を預けながら、はるは思いもよらないことを言うのです……。


春夏秋冬、めぐる季節の中にこんな物語がかくれていたなんて! 春と秋、季節は違えど、確かに似ているところもあって。夏と冬との関係とはなんだか違う。惹かれあうふたりだけれど、知れば知るほど、本当に知りたいことに手が届かないような気もしてきて……。このもどかしさがたまらない。

切ないけれど、嬉しさが上回るふたりの可愛らしいやりとりを、優しさがにじみ出ているような美しい絵で存分に味わってくださいね。きっとみんな「はるとあき」のことが好きになってしまうはずです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/123919/%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%82%E3%81%8D/
https://www.ehonnavi.net/ehon/123919/%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%82%E3%81%8D/

思えば思うほど、疎遠になってしまう。
声をかけないのがちょうどいいと思ってしまう。
でも、それじゃあいけない。

 

そういえば彼女は大事な時にいつも手紙をくれていた。人を想うってことを知ってるんだろうと、今になって気がつくのです。

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください