スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビ編集長の気になる1冊   >   【編集長の気になる1冊】地面よりちょっと上。
絵本ナビ編集長の気になる1冊

【編集長の気になる1冊】地面よりちょっと上。

 

空を飛びたい。
誰にだってある、そんな夢。

 

だけど、あんまり高いところは苦手。
だって怖いし、まわりに誰もいないのはなんだかさみしい。

 

いつだって憧れるのは、地面よりちょっと上。少し浮いている世界。
そう、テレビやアニメに登場するような、みんなよりちょっとだけ飛んでいるキャラクター。

 

例えて言うなら……
砂利道も泥道も関係ない、地面の上10センチ。
右側も左側も見える、塀の上15センチ。
地面をぽーんと蹴れば、軽々と水たまりを飛び越えられる、
頑張れば一回転だって出来ちゃう身の軽さ。
高い木の上の枝にぶら下がって、勢いつけて地面に飛び降りても全然平気で、
学校の教室から廊下、そして隣の校舎へ、窓から移動しちゃう浮遊感。

 

子どもの頃から一人妄想していたのは、そんな自分。

それって……謙虚なのかしら、それともちょっとした優越感?

 

うん、夢の中だったらどちらでもいい。
そして、ちょっとぐらい必死になって疲れてもいい。

……こんな素敵な世界なら!

まよなかのせおよぎ

まよなかのせおよぎ

「ちっとも ねむれない」

……そんな夜って、あるよね。
そんな時、窓の外を見てごらん。何かが起こっているかもしれないよ。

「うん? あれぇ?」

女の子が見たのは、夜の空を泳いでいる人!
水着を着て、水中メガネと帽子をかぶり、背中を下に向け、
背泳ぎをしているのです!!

女の子は驚いて、夢中であとを追いかけます。
背泳ぎの人は、坂の上を泳ぎ、大きな通りを泳ぎ、大きな建物の行き止まりに。
「あぶない!ぶつかっちゃう!」
すると……?


誰もが、なんとく、ふわぁーっと抱いている憧れのイメージ。
空を泳ぐ、ふわふわ泳ぐ、あの浮遊感。
それをこの絵本では、見事に素敵に具体的に実現してくれちゃっています。
いいな、いいな、こんな夜。
私だって、今すぐ体験したい。

そしてこの絵本の世界をさらに魅力的にしているのが、独特な丸みを帯びた愛らしい絵のフォルムと色鉛筆の淡い色彩。どこか懐かしいようで、でも確実に今の子どもたちを夢中にさせてしまう画風。静かで不思議な夜の出来事にぴったりなのです。この絵本の世界の人になりたい! そんな事を思うのは、子どもだけじゃないかもしれませんね。

第40回講談社絵本新人賞を受賞され、早くも話題となっている作者の近藤未奈さん。今後の作品も本当に楽しみです。

(磯崎園子 絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/124393/%E3%81%BE%E3%82%88%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AE%E3%81%9B%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%8E/

背泳ぎかあ……、うん背泳ぎならイメージできる。
もともと一番得意な泳ぎだし。
なにしろ布団の上で目をつむり、そのままの姿勢で泳ぎだせばいいわけだ。

 

ちゃんと浮いてくれるかな。
どのくらい経ったら、ターンが上手に出来るようになるのかな。
高さは調節できるのかな。
もし飛んでいけたら、夜空を眺めようかな、それとも下に広がる自分の町を見ようかな…
自分ひとりかな…息子もいたりして……さむくないかな……


……いい夜になるといいねぇ。。。

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください