スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   おはなし会で何読む?どう読む?おすすめ絵本   >   【おはなし会でおすすめ】みんなで楽しめる参加型絵本
おはなし会で何読む?どう読む?おすすめ絵本

【おはなし会でおすすめ】みんなで楽しめる参加型絵本

おはなし会が決まったら、欠かせないのが絵本の選書。楽しくもあり、一苦労の作業でもあります。
この記事では、ショップ店長セトグチが実際におはなし会で読んだ絵本を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

初めての場所でのおはなし会は、緊張するもの。でも、せっかくだからみんなで楽しみたい!そんな時におすすめの参加型絵本を紹介します。

「トントントン♪」が楽しい、テッパン参加型絵本
まくらのせんにん そこのあなたの巻

驚きのしかけがあります。キャラクターが魅力的!読者参加型絵本。
ぞうさんに、きりんさん、うさぎさんに、たこさんと、次々と謎の穴にはまってゆく動物たち。「う~む。こうなったら、『そこのあなた』にたのむしかないな」と、自らも穴にはまった、
まくらのせんにんさま。『そこのあなた』って、誰のこと?! そして、その先には、驚きのしかけが……! 

せんにんさまが「そこのあなた!」と読者へ呼びかけてくれるので、読み手とのコミュニケーションが取りやすく、参加型絵本を初めて読むという方も挑戦しやすい一冊です。

しかけの部分では、参加者にはその場で手を前へ出してもらって一緒に動作をしたり、声を出してもらったりするのがおすすめ。「せーのっ トントントン♪」の掛け声で、穴にはまった動物たちをみんなで助けてあげてくださいね。

おはなし会での参考情報

セトグチが実施したおはなし会の情報を紹介します。目安として、ご参考にしてみてくださいね。

 

●読み時間・・・3~4分程度。参加者とのコミュニケーションの取り方で異なります。

 

●参加者の対象・・・2歳~小学校低学年さん向けに選ぶことが多いです。

 

●プログラムの組み合わせ・・・よりページ数の短い絵本を一冊目に読み、2冊目か3冊目に組み合わせることが多いです。おはなし会自体の時間が短い場合には、場を温める始めの一冊目として選ぶこともあります。

瀬戸口あゆみ(絵本ナビショップ店長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載