スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2019   >   【読み聞かせ】ハロウィンイベント@愛知県長久手市 仮装してお出かけしよう!
絵本ナビニュース2019

【読み聞かせ】ハロウィンイベント@愛知県長久手市 仮装してお出かけしよう!

ハロウィンおはなしシアター@長久手市文化の家 森のホール

ハロウィンをテーマにした楽しい絵本の読み聞かせイベントが愛知県長久手市で2019年10月27日(日)に行われます。アニメでおなじみの声優さんと、学校公演で人気のミュージシャンがコラボし、楽しい おはなしの世界へ案内してくれますよ。

絵本の読み聞かせだけではなく、アニメのアフレコ風人形劇や、子ども飛び入り参加劇、バルーン打ち上げあそびや、ハロウィン音楽もあり、盛りだくさんの90分です!
将来声優を目指す学生さんや、大人だけの参加も大歓迎とのこと。0歳から入場できますので、親子で仮装してお出かけになってはいかがでしょうか。

【開催概要】ハロウィンおはなしシアター

  • 日時:2019年10月27日(日)14:30開場 15:00開演(上演時間90分)
  • 場所:長久手市文化の家 森のホール
  • 住所:愛知県長久手市野田農201番地, 〒480-1166
  • 料金前売:フレンズ会員1,800円、一般2,000円、3歳~中学生500円
  • 料金当日:フレンズ会員・一般2,500円、3歳~中学生500円
    ※2歳以下ひざ上鑑賞無料

   ⇒フレンズ会員について

ハロウィンおはなしシアターのプログラム

  • 絵本の読み聞かせ
  • スクリーン人形劇
  • 子ども飛び入り参加劇
  • 巨大バルーン打ち上げ
  • ハロウィン音楽会

関連企画1

なないろの声で声優がお届け アニメをみるようなおはなし会 9月29日(日)

10月27日の本公演に出演する声優 愛河里花子さんの『絵本の読み聞かせ』が開催されます。プロの声優さんによる迫力ある読み聞かせを間近で体感できるおはなし会です。

声優 愛河里花子さんが読み聞かせ

愛河里花子(あいかわ りかこ)

声優/NPO法人声と未来 理事長
『かいけつゾロリ』イシシ役
『ポケットモンスター』コダック役、アシマリ役
『ひみつのここたま』ゲラチョ役
『NCISネイビー犯罪捜査班』アビー役  他多数。
自身が執筆・プロデュースを務めたおはなしCDを舞台化、各地で公演を行なっている。

  • 日時:2019年9月29日(日)13:30~/15:30~(公演時間約40分)
  • 場所:長久手市中央図書館AVルーム
  • 住所:愛知県長久手市坊の後114番地, 〒480-1168
  • 参加費|500円(高校生以上・当日支払い)
  • 対象|0歳から可 ※低学年・未就学児は保護者同伴
  • 定員|各回70名 先着順
  • 申込|8月14日(水曜日)より文化の家1F受付へお申込みください。翌日から電話予約可。
  • 長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用)

関連企画2

ハロウィン!カラフルマントをつくろう!

本公演を盛り上げるためのハロウィン仮装ワークショップ!いろんなものにアレンジできるマントとリボンを作ります。

  • 日時:2019年10月20日(日)(1)10:30~12:00/(2)14:00~15:30※受付は開場の15分前
  • 場所:長久手市文化の家 美術室
  • 参加費|無料 ※10月27日本公演のチケットが必要です
  • 定員|3歳以上の親子10組
  • 講師|ARTIMEET(時高直子・安宮せい子)
  • 申込|8月14日(水曜日)より文化の家1F受付へお申込みください。翌日から電話予約可。
  • 長久手市文化の家 0561-61-2888(チケット専用)

お出かけ前に、ハロウィン絵本を読むと気分も盛り上がりますよ。

ハロウィン絵本 知りたがりやの子どもとハロウィンを楽しみたい大人のための一冊

ハロウィーンって なぁに?

日本ではじめてのハロウィーン絵本。
ちびっこ魔女のビビといっしょに、ハロウィーンのすべてを楽しみましょう。
「ハロウィーンってなぁに?」という知りたがりやの子どもたちと、
ハロウィーンを楽しみたい大人のための、
かわいくて、楽しくて、わかりやすい1冊です。
物語を読みすすむうちに、ハロウィーンの由来がわかり、
かぼちゃのランタンやかぼちゃのタルト、
かぼちゃのリバンベルの作り方までわかります。
さらに、おばけや吸血鬼、ガイコツやいじわる魔法使いなどに
変身できちゃう、こわ~い仮装のしかたもバッチリ。
準備ができたらでかけましょう。
「おかし くれなきゃ いたずら するぞ!」
ハロウィーンの始まりです!

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください