スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビニュース2019   >   声優・梶裕貴さんが絵本レオ・レオニ作品を朗読!8月26日(月)~8月29日(木)14:30頃TOKYO FMにて放送
絵本ナビニュース2019

声優・梶裕貴さんが絵本レオ・レオニ作品を朗読!8月26日(月)~8月29日(木)14:30頃TOKYO FMにて放送

TOKYO FMの生ワイド番組、『高橋みなみの「これから、何する?」』(月~木13:00~14:55放送)に、8月26日(月)~8月29日(木)声優・梶裕貴さんが登場し、番組の人気コーナー「よ・み・き・か・せ」(14:30頃)で、「レオ・レオニ」絵本の朗読を披露されるそうです。とても有名な作品で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。プロの声優さんによる読み聞かせはとても楽しみですね。レオ・レオニ作品がお好きな方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

声優の梶 裕貴(かじ ゆうき)さん

梶裕貴さんが、自身もその世界観に癒されるというレオ・レオニ作品を朗読します!

今回、声優・梶裕貴さんが担当するのは、『ぼくのだ!わたしのよ!3びきのけんかずきのかえるのはなし』『マシューのゆめ えかきになったねずみのはなし』の2冊です。梶さんは、「ありがたいことに、今回で三度目の出演です。そんな中、どの回でも読ませていただいているのがレオ・レオニさんの絵本。小学生の頃から国語の授業等で親しんできたその世界観に、自分自身、朗読しながら癒されました。谷川俊太郎さんが紡がれる美しい日本語との組み合わせは本当に素敵だなと、あらためて感じました。」と、感想やエピソードを語られました。

梶さんが読み聞かせするレオ・レオニ作品はこちらの2冊

ぼくのだ!わたしのよ!

虹ヶ池の真ん中の小さな島にけんかの好きな三匹の蛙が住んでいました。「これは僕のだ!」「あれは私のよ!」と年中けんかのしどうしでした。そしてある日・・・

マシューのゆめ

ねずみのマシューは、汚い屋根裏の一隅に両親と住んでいました。将来何になりたいかと訊ねられても、答えることができません。学校の皆と美術館に行ったのが・・・

現在「みんなのレオ・レオ―ニ展」が新宿で9月29日まで開催されています。こちらもチェックしてくださいね。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください