スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   子どもたちに美しい夢を。おやすみ前に開きたい絵本『ゆめのとびらをひらくとき』

子どもたちに美しい夢を。おやすみ前に開きたい絵本『ゆめのとびらをひらくとき』

岡田千晶さんが夢の世界を描く、珠玉のベッドタイムストーリー

おやすみ前の親子の幸せな時間。子どもたちのまぶたが重くなっていくまで、絵本に広がるこんな美しい世界を一緒に楽しめたら……。

ご紹介するのは、イギリスのWalkerbooksから刊行された絵本“For All the Stars Across the Sky”(作:カール・ニューソン/絵:岡田千晶)の日本翻訳版『ゆめのとびらをひらくとき』(岩崎書店)。日本で大人気の岡田千晶さんが、イギリスの名門出版社から直々に依頼を受けて絵を提供した、イギリス発の絵本の逆輸入ということになります。ちなみに岡田さんの作品は、日本だけでなくヨーロッパやアジアでも人気が高く、各国で翻訳出版されています。

画面いっぱいに広がる繊細な絵は、ため息が出るほどの美しさ。優しく詩的な文章とともに、子どもたちを夢の世界へ誘います。

クラシカルな雰囲気たっぷりのベッドタイムストーリー。ギフトにもぴったりの一冊です。

ゆめのとびらをひらくとき

ルナとママは「おやすみなさい」の前に、想像の翼を広げていろいろな場所へ出かけてゆきます。
繊細な絵と詩的な文章で夢の時間を紡ぐ、美しいベッドタイムストーリー。
イギリスのWalkerbooksから刊行された、岡田千晶さんの絵本の日本版。
おやすみ前の読み聞かせにぴったりな、美しくて心地よい絵本。

『ゆめのとびらをひらくとき』ってどんな絵本?

「『おやすみなさい』は あいことば ゆめの とびらを ひらきましょう」

・眠るのが楽しみになるおはなし

寝る前に、親子でゆったりとした穏やかな時間をすごすのに、ぴったりのストーリー。

登場するのは、クマの親子、ルナとママ。

パジャマに着替えて、はみがきをして、ベッドに入ったら……、

「おやすみ」前に、ルナとママは、目を閉じてお願いごとをすると、こんな遊びをします。

 

「とりさんみたいに おそらを とびたい!」

「おさかなみたいに およぎたい」

「もっと ちいさくなりたい! てんとうむしみたいに!」

 

広がる夢の世界に、ルナとママは飛び込んでいくのです。

・大判のページで美しい夢の世界を堪能できる

絵本のサイズは、23.6cm×28.6cmの大判サイズ。繊細で美しい絵が、大きなページで広がります。

子どもたちが眠りに落ちる前に、目に映るのがこんな世界だったら……。目を閉じてそのまま幸せな夢が見られそうですね。

・詩情豊かなテキスト

ママからルナへ語り掛けるセリフがちりばめられた詩的な文章は、読み聞かせでも、子どもたちを優しく夢の世界へ導きます。

翻訳は、『うさぎくんとはるちゃん』(岩崎書店)や『もうすぐ もうすぐ』(教育画劇)など、妻・岡田千晶さんとの共作でも絵本を手がけている、おかだこうさん。

無邪気なルナと、ルナをあたたかく包み込むママのやりとりに、読んであげる大人も心を癒されることでしょう。

・美しい装丁は、ギフトにもぴったり

前見返しは夕暮れのグラデーション、後ろの見返しは星が瞬く夜空。空の時間の経過が描かれます。さらに、表紙のカバーのタイトル部分は、きらきら輝く箔押し加工が。隅々まで美しい装丁で、持っているだけで幸せを感じます。大切な人へのギフトにもおすすめの絵本です。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください