スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   あなたも読みたくなる…!レビューコンテスト受賞者大推薦の絵本!   >   誰もが知っている昔話を英語で読み聞かせ!
あなたも読みたくなる…!レビューコンテスト受賞者大推薦の絵本!

誰もが知っている昔話を英語で読み聞かせ!

「桃太郎」に「シンデレラ」、「さるかに合戦」
子どもって昔話が大好きですよね。
昔話の絵本もたくさん出版されていますが、昔話を英語で楽しめる絵本があるのをご存知ですか?
「英語の読み聞かせなんて、発音に自信がなくてとてもできない…」
「私の発音で覚えてしまったら、かえって子どもに悪影響を与えるのでは…」
英語が得意でない親御さんの中にはそう思う方も多いと思います。
でも、「子どもとたのしむ はじめてのえいごえほん」シリーズは、ネイティブスピーカーによるCDがついているので、安心です。

担当編集者に聞く! 「はじめてのえいごえほん」を100倍楽しむコツ

コツ1!英語の音や歌を楽しむ。

擬音語やフレーズを楽しみましょう。
「おおきなかぶ」なら「POP!!!」というかぶの抜ける音、「きたかぜとたいよう」なら「Whoooosh…Whoooosh !」と北風がふきつける音など。
また、様子をみながら、「いっしょに言ってみよう、せーの…」と英語の発声をはたらき かけてみるのもよいでしょう。
付属CDには歌が3曲収録されています。リズムやメロディのある歌も楽しみましょう。

コツ2!絵を楽しむ。

場面のイラストに合わせて「いぬはdog だね」「cat やmouse もいるね」と語りかけたり、 「Sun」と言いながら太陽の絵を指さすなど、絵も活用できます。
また、絵を見ながら ジェスチャーをまじえたり、登場人物の声色を少し変えたりして読み聞かせをすると盛り 上がりますよ。

コツ3!子どものペースに合わせる。

英語をお子さまがいやがる場合は、日本語で読み聞かせをしてあげてください。
また、お話が終わらないうちに、ページをめくろうとしたり、お話を聞いてくれなかったりするときは無理に読み進めようとせず、お子さまのペースに合わせてあげましょう。
また、じっと聞いていないことがあるかもしれませんが、おうちのかたが読んでいる声は聞こえています。
「聞きなさい」と注意するよりは、おうちのかた自身がお話を楽しみながら読むことを心がけましょう。
楽しいという気持ちは、お子さまにも伝わります。
また、フレーズや単語をお子さまがまねをして言ったときは、「英語がじょうずに言えたね」とほめてあげましょう。

受賞レビューのご紹介

https://www.ehonnavi.net/reviewcontest/reviewcontest.asp?uid=DMT64 ※コンテストは終了しました。

絵本ナビでは、2019年4月25日(木)~2019年5月29日(水)に、『はじめてのえいごえほん にほんのおはなし①』『はじめてのえいごえほん せかいのおはなし①』のレビューコンテストを実施しました。
お子さんと一緒に楽しんだ感想や、「はじめてのえいごえほん」をオススメする理由など、たくさんユーザーさんの声が集まりました。

受賞レビュー:くもん出版賞

親子で楽しく英語学習
我が家の学べる系の絵本にはくもん出版さんのが多いのですがこちらもそうでした!
英語を家で、親子として、触れさせるには?やっぱり絵本!だとおもってはいましたが、子どもが知らない、ましてや親が知らない物語を英語で読むより、もとの物語を知っている身近な物語のほうが、気持ちが入りやすく、英語がわからなくても、場面を見て、今こんなこと言っているのかな?ってわかりやすいです。
我が家では、とくにももたろうは、なにも見なくても親子共々お話しできる唯一の物語なので一番わかりやすく、はいりやすいです。
また「ピーチ」とか「ダウン」とか、日常会話でよく使う英語もたくさん出てくるので一番初めに読み聞かせしたい絵本であると同時に、子どもも聞いてよかったと思える絵本のようです。
英語の読み聞かせが苦手なママや、読み聞かせの練習としてもCD付は頼りになります。
小ママよっちゃん(絵本読みボラ)さん 40代

 

とても役に立ってくれています
我が家は夫が外国人で日本語は話せない人なので、子どもに読んであげる絵本も夫が読む場合は英語または主人の母国語になってしまうのですが、私が子供の読んであげるときは大抵の場合が日本語の絵本を読んであげているので、この絵本は私が読む場合も、夫が読む場合にも使えて本当に役立ってくれています。
夫の知っているお話もこのシリーズの中にはいくらか登場しているし、このシリーズの日本のおはなしシリーズも揃えていてうちの子にはパパもママも読んでくれる大人気のシリーズになっています。

どのお話も絵がとっても可愛らしいのと何度読んでも飽きないお話だと思うので長く使えそうです。
英語でのCDも付いているので、私は食事を作りながら子どもに落ち着いていて欲しい時や、子供が暇を持て余している時にCDをていると自分でページをめくりながら本を夢中で見てくれているので、購入して良かった!と思いました。

ネイティブのCDもついていて、お話が1冊に3話入っていて、おまけに英語の曲までついているのでこのお値段はとてもお手頃ですごく良いと思いました。

うちの子供のお気に入りはおおきなかぶとうさぎとかめのお話ですが、このシリーズの2番3番の本もとても楽しくてどれも長く使えそうなので本当に購入しえ正解でした。

我が家では夫も私も子供に絵本を読んであげる時間を子どもが寝る前に設けているので、この絵本を通じて素敵な子供との時間が過ごせて本当に嬉しいです。

値段もお手頃なので、ちょっとしたプレゼントにはもちろん、これから英語を勉強する、というお子さん向けにもぴったりな本だと思うのでとってもオススメです。
ピンクちゃんさん 40代

英語に触れることができる
小学二年生の息子と一緒に試しました。
有名なお話ばかりなので、内容はよくわかっている状態で挿絵をみながらCDを聞いてみました。
英語をきちんと勉強したことがない息子には難しかったようですが、おおきなかぶの掛け声など、部分的には耳に残ったらしく、楽しそうに口ずさんでいます。
この絵本をきっかけに英語に興味をもってくれたらよいなと期待しています。
ねこよんよんさん 40代

子どもとたのしむ!
えほんは何より、読む人と聞く人・見る人が一緒になって
そのひと時を楽しめることがステキなこと。
それも英語で、親子や兄弟、友達同士で、手軽に楽しめるのは、
おはなしを二倍面白く捉えられる!ナイスですね。

 カナルビも、言葉遊びとして捉えて面白い。
ネイティブ音源聞きながら、日本文を眺めては新たな発見!など、
バイリンガルにえほんの楽しみをみんなで作り出せますね。

 くもん出版に、感謝。
もゆらさん 60代

みんなにぴったり
これならいつものように、日本語で書かれた絵本と同じように、気軽に読み聞かせしてあげられる英語絵本だなと感じました。
日本語の文章もあるし、英語の文章にはカタカナで読み方がふってあるし、学校で英語を勉強しただけの私でも、気軽に読んであげることができそうです。
絵もかわいらしくていいですね。
我が家には、0歳小1小4と年の離れた子どもがいます。0歳児には読み聞かせ用の絵本として、小1の息子には自分で読む絵本として文章量も適度だし、小4の息子には英語の勉強の副教材として。
3人すべてにちょうどいい絵本なんてなかなかないので、すごくいいです。
CDつきでこのお値段なのもとても魅力的ですね。
てつじんこさん 30代

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
人気連載
JavaScriptをOnにしてください