スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「新宿絵本日記」   >   おはよう都庁。 2017年5月30日

「新宿絵本日記」

おはよう都庁。 2017年5月30日

 

朝、天気が良い日は、新宿駅からの長い通路を抜けた時に見上げます。これは、新宿が好きになってきた最近の新しい習慣。新宿のビルって、快晴の空がよく似合うのです。ほら。

「おはよう、都庁。」
なんて、つぶやいてみたりして。その位爽やか。
そして左を向いて我が三角ビルに吸い込まれていく自分です。
仕事、仕事。

 

それにしても。
都庁って…今にも動き出しそうじゃありませんか?
見上げるたびに思い出す絵本があるのです。それが、これ。

ゆけ!ウチロボ!

たちあがれロボ! めざめろ勇気!
ある日、親友だと思っていた友だちに突然殴られたオレ。悔しさを抱えながら、家の押入れにあるコックピットに向かう! サトシン×よしながこうたく最新作。

http://www.ehonnavi.net/ehon/89200/%E3%82%86%E3%81%91%EF%BC%81%E3%82%A6%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%9C%EF%BC%81/

兄ちゃん、どストライクでした。

 

親友だと思ってた友達に殴られて、
思わず泣いてしまったおれ。

 

「おまえ、かっこつけんなや」
そうなんだね、男の子ってそういうことあるんだろうね。
先生に褒められた、女の子から人気があった、ほんのちょっとした
きっかけで、一方的に殴られちゃうなんて。

 

しかも、理由は全く分からない。
悔しい気持ちでいっぱいだけど、それは「殴られた」からじゃなくて
「何もできなかった」から。

 

どうする?どうする?と自分のことのように真剣な顔で
兄ちゃんは一人で読んでいます。
泣きながら家に駆け込んで、向かった先は、部屋の押入れ。

 

「ウチロボ、はっしん!」

 

兄ちゃん。すっげ~!!とつぶやきつつ、ページをめくります。
こうたくさんのあの濃い絵と細かいしかけで大興奮の兄ちゃん。

 

ウチロボの迫力に大興奮でしたが、一番最後のページをめくる時。
「そうだよな、ちゃんと対決しなきゃ」と言ってました。

 

いつか、こんな時が来たら。これ読んで頑張るんだぞぉ~!!

 

(わにぼうさん 40代・ママ 男の子10歳、男の子6歳)

ガシャン、ピーッ!
ガシャン、ガシャン!
ガシャガシャ ガシャガシャン、ピーッ!

 

都庁を見上げながら、こんな音が聞こえてきてしまうなんて、中学生の息子に脳が侵略されているのかもしれない。だって、「ウチロボ大図解」なんてページを見てしまったら、大人だって、やっぱり妄想がとまらなくなってしまいます。

 

でも、この絵本。最後はロボの力なんてかりないで、自分の足で立ち向かいます。えらいぞ、男子。自分の弱さから逃げ出さないってことも、時にはとても大事なことです。

 

…ということで、仕事、仕事。

 

磯崎園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

人気連載