絵本ナビスタイル トップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   「新宿絵本日記」   >   【編集長の絵本日記】自分を支えてくれているのは。2021年10月1日『きみはたいせつ』
「新宿絵本日記」

【編集長の絵本日記】自分を支えてくれているのは。2021年10月1日『きみはたいせつ』

 

離れていて、なかなか会えない。たまに会いに行ったとしても、ほとんど何も役に立たない。支えるだなんて程遠い。その大切な時間をつい無駄に過ごしてしまう。

 

ここのところの母と私の関係は、変えていかなければと思いつつ、ほとんど変わらないまま時間が過ぎていく。いつだって私に会いたがっているし、電話をすれば喜んでくれる。私の存在がなくてはならないのも知っている。では、私の方はどうなのか。

 

「とくに用事があるわけじゃないんだけど」

 

なんてことない短めの会話を交わし、電話を切ったあとに考える。もし……。

 

想像した途端に涙があふれ、あっという間に心が折れそうになる。体の中心が揺らぐのを感じる。そう、いてくれるだけで私の支えになっているのは間違いないのだ。その存在に助けられているのは、やっぱり私の方なのだ。

きみはたいせつ

きみはたいせつ

自分がどうしようもなく小さく思える。
誰にも気にされていないんじゃないかと感じる。
そんなきみにこそ、伝えてあげたいのは。

「きみは たいせつだよ」

ってこと。なぜかっというとね……。

気づかれないほど小さな微生物も、やっかいものだと思われてる生き物も、足並みを揃えることのできない子や、助けを求めても気が付いてもらえない子も。

たとえ、きみが抱えきれないほど大変なことが起きたとしても、大切な人と信じられないほど遠く離れていたとしても、たまらなくさびしくなったとしても。

みんなひとりじゃない。この宇宙の中で、生命の進化の中で、そのすべてのつながりの中で生きているきみの存在には、意味がある。

素朴な可愛らしい絵で優しく語りかけてくれるのは、『おばあちゃんとバスにのって』(鈴木出版)でコールデコット賞オナーブックに選ばれ世界で注目されている絵本作家クリスチャン・ロビンソン。『きみはたいせつ』も世界8か国、6万部以上も出版されているそう。原書はYou MatterというBlack lives matterにも呼応するタイトルで、子どもたちも含め、誰も排除されない社会への願いがこめられています。

「どんなきみだって、たいせつ」

ゆっくりと、そして、くり返し。一緒に読み続けてあげてくださいね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

https://www.ehonnavi.net/ehon/166899/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%A4/
https://www.ehonnavi.net/ehon/166899/%E3%81%8D%E3%81%BF%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%9B%E3%81%A4/

いるだけで意味がある、それをわかってもらうのって難しい。直接言えば伝わるものでもない。けれどやっぱり、どうにか感じてもらいたい。母にも、そして息子にも。なぜなら、それこそ自分を支えてくれている言葉だから。

 

「きみはたいせつ」

 

誰にともなく声に出してみて、改めて思うのです。いい響きだな。

磯崎 園子(絵本ナビ編集長)

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部
この記事の関連キーワード
人気連載
JavaScriptをOnにしてください