スタイルトップ  >  絵本・本・よみきかせ   >   絵本ナビスタッフ便り   >   夏だ!暑いぞ!かき氷の絵本!!

絵本ナビスタッフ便り

夏だ!暑いぞ!かき氷の絵本!!

かき氷絵本で涼める…?!

昔ながらの天然氷でつくるかき氷について知ろう!

暑くなると恋しくなる、キーンと冷たい夏の甘味、かき氷!
中でも「天然氷のかき氷」というと、特別な響きがします。

 

ところで、天然氷がどのように作られているのか皆さんはご存知ですか?

 

埼玉県の長瀞で100年以上も前の明治時代から、山間にある池で氷が作られてきました。この氷づくり専用の池は、氷池とよばれ、昔は何軒もあった氷屋さん(製氷業)は、いまは阿左美さんの家(阿左美冷蔵)だけになってしまいました。その阿左美さん一家の、天然氷づくりを追ったフォトドキュメント絵本がこちらです。

天然氷から作られたかき氷はどんな味?

「天然氷は、自然の冬の寒さを助けに、ほとんどが人の手間でつくられるのだ。」
この絵本は、1995年?2015年の間埼玉県長瀞の阿左美冷蔵を取材し、その内容をもとに作られたフォトドキュメント絵本。
長瀞では、明治時代から氷池を使って天然氷が作られてきました。
今では天然氷を作る氷屋さんは全国で数件、埼玉県では阿左美冷蔵だけだそうです。
代々工夫されてきた道具や、のこぎりで切った氷の荒々しく美しい断面など、興味深い写真がたくさん紹介されています。
また、落ち葉を取り除く毎日の丁寧な作業や、天気のタイミングをみた氷の切り出し作業など、良い氷を作るためのたくさんの手間をかけた作業の様子がわかります。

 

絵本で紹介される天然氷で作ったかき氷の写真の美味しそうなこと!(表紙の写真も最高ですね。)
中のページで紹介される、色とりどりの蜜がかかったかき氷。焙じ茶、きな粉、みかん、落花生ミルク、さくら、などなど、どんな味なのか食べてみたい!
眺めるだけでも涼しくなる幸せな写真は、ぜひ手に取って見てみてください。

 

代々受け継がれる製氷業の仕事を知ると、この天然の「冬の味」を夏に口にすることが、なんて贅沢なことなんだろうと感じます。口の中であっという間に溶けてしまうひとくち、今まで以上に味わって食べたくなります。

http://www.ehonnavi.net/ehon/107988/%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%B0%B7%E5%A4%A9%E7%84%B6%E6%B0%B7%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B/

夏に読みたい!ひんやり美味しいかき氷の絵本

太陽が照りつける真夏日。そんな日にはひんやり涼しい「かき氷の絵本」をどうぞ。


太陽がぎらぎらとした夏の日。暑くてたまらないポポくんたちは、涼むために山の洞窟へ。そこには、氷の世界が広がっていました!ポポくんたちは大喜び。すると、そこへ、ドシーン、ドシーンと大きな足音が聞こえてきました。ポポくんたちの前に、巨人があらわれたのです。おびえたポポくんたちは、かきごおりを作りたいと巨人につたえ、氷をもらうかわりに、かきごおりを作ってあげる約束をしました。
さっそく、かきごおり作りを始めたポポくんたち。味見のはずが、あまりのおいしさに、次々と色々な味のかきごおりができあがりました。夢中になっているポポくんたちでしたが、また、ドシーン、ドシーンと大きな音がせまってきて……。

かきごおりが大好きなぺんちゃんは、ちょっと欲張りさん。さて、どんなかきごおりを作るのかな? めくって楽しいしかけ絵本。

掲載されている情報は公開当時のものです。
絵本ナビ編集部

この記事の関連キーワード

人気連載